2008年06月30日

「適応」という視点(13)

「適応という視点」のシリーズ記事は、今回が最終回になります。

自閉症児が抱える大きな困難の一つとして、自分の行動の結果としての環境からのフィードバックを適切に処理する能力の障害が考えられます。
それによって、健常児なら引っかからないようなちょっとした「部分最適行動」から抜け出せなくなり、あまり望ましくない(全体最適でない)行動が固着してしまうのではないかと考えられます。

tekio11.gif

こう考えてくると、自閉症児が、行動のレパートリーが少なく、特定の「こだわり行動」を持ちやすいという問題と、環境とのかかわり(フィードバック処理)の能力が不足していることとが密接に関連している可能性が見えてきます。

「こだわり」行動ということばはまさに私たちの「解釈」です。
私たち自身も生活のなかにさまざまな「パターン化された」行動をもっているのに、それが「こだわり行動」と呼ばれないのは、単に「私たちにとって全体最適で他の行動に変える必要がないから」に過ぎません
ですから自閉症児も同様に、「自分としてはうまく適応している」行動として「こだわり」行動を続けている可能性があるわけですね。

でも、その「こだわり」行動をあえて修正していくことが、子どもにとっても利益になる、と私たちが判断するとき、そこに「療育的働きかけ」が生まれます。

環境からの複雑なフィードバックを知覚する(受け止める)能力に弱さを持つ自閉症児に働きかけるわけですから、ただ行動パターンだけを取り出して、それを変えていこうとするのではなく、その新しい行動に対するフィードバックそのものにも働きかける(例えば、強化子を即時提示するなど、ABA的な分かりやすいフィードバックを意図的に与える)ことが必要だということも、自然と理解できると思います。


ところで、ここで重要なことは、この「フィードバックを受け止める能力(が低いこと)」それ自体が、自閉症児の認知能力に基づく「からだ」の制約条件になっている、ということです。
そして、この能力も、療育的働きかけによって改善することが可能なのです。

だとすれば・・・?

もうお分かりだと思いますが、「『からだ』の制約条件」それ自体も、障害があるから認知力がひくい、といった固定的・静的なものとしてあるのではなく、療育的働きかけの「生きている」ダイナミズムの中にあるのです。

このイメージ図における、「適応度カーブ」の形も、そのカーブの上での「探索のしかた」も、「現在地」も、すべてが互いに連動しながら常に変化していきます。それが、「発達的適応」の過程です。
療育的働きかけとは、このダイナミズムの中に自らの身を投じ、時に予想を裏切る「ダイナミズムの変化」に翻弄されながら、それでも現在地と目標を見失わずに子どもを導くことなのだ、と思います。

療育は、生きものです

療育という働きかけによって、自閉症児の「からだ」と「せかい」の制約条件は複雑にからみあいながら、変わっていきます。それが「発達的適応」です。
そして、その療育というダイナミズムに身を投じている私たち自身も、必然的に変わっていくのです。

それらすべてを含めた、いわく言いがたい「生きてうごめく何ものか」が、療育という取り組みの真の姿なのだ、と思います。


最後に、蛇足的な文章を。(興味のない方は読まなくて大丈夫です)

最後は散文的な結論になってしまいましたが、これはひとえに私自身の文章力のなさのせいだと思います。
この辺りの考え方にもっとも近い思想は、恐らく「オートポイエーシス」という考え方だと思っています。
一応、WikiPediaにリンクを張ってみましたが、ここの解説も含めて、オートポイエーシス理論はものすごく難解ですね。私自身も、理解できているかどうかさえも正直よく分からなかったりします(笑)。
ただ、オートポイエーシス理論を学ぶなかで、今回の記事でまとめたような、「自己が自己を書き換えるような療育のダイナミズム」に気づいたのは事実です。

以下は、オートポイエーシス理論に関連する、恐らく唯一の「一般啓蒙書」ですのでご紹介しておきたいと思います。(でも、これも難しい本です。)


哲学、脳を揺さぶる オートポイエーシスの練習問題
著:河本 英夫
日経BP社



最後に:

今回のシリーズ記事は、どんな療育の情報源にも出てこないような(でも重要な)視点を提供したいということで書いてきましたが、一方で、ややテクニカルで難解な方向に行き過ぎたなあ、と反省しています。

この後のシリーズ記事は、もっと肩の力を抜いて読めるものや、より実践的なものを予定していますので、よろしくお願いします。
posted by そらパパ at 22:00
"「適応」という視点(13)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。