2008年06月23日

「適応」という視点(12)

このシリーズ記事の最後の話題として、療育的働きかけを考えるにあたって私たちが見逃しがちなもう1点について考えたいと思います。適応度マップのイメージ図に戻りましょう。

tekio1.gif

ここまで、この図を使って「山を登る」などと簡単に説明してきましたが、実は、ここにも隠された前提(つまり、私たちがつい当たり前だと考えてしまって、実のところ検証せずに使ってしまっている「仮説」)があります。

それは、ここで「山を登り」、「山の頂上を目指す」ためには、さまざまな行動を自発して試行錯誤できるということだけではなく、その行動パターンの変更によって、自分がより高い場所に移動したのか、それとも低い場所に移動してしまったのかに気づくことができる、つまり「環境からのフィードバック」を適切に処理する能力が必要だ、ということです。

このシリーズ記事の少し前で、健常児が「部分最適」な行動にとどまってしまうことなく、「全体最適」な行動に自然に移行できるのはなぜだろうか、という疑問を提示しましたが、この問いに対する1つの有力な仮説として、この「行動の結果としてのフィードバックを処理する能力」が、健常児のほうが高いからではないか、ということが考えられます。

行動の結果返ってくる環境からのさまざまなフィードバックを多角的かつ繊細に処理することができる能力があれば、その能力を前提として、現在の行動パターンから大きく外れた行動を試してみることができるようになります。これは、このイメージ図でいえば、試行錯誤できる行動パターンの「横幅」が広くとれるということを意味していますし、「山登り」のたとえで言うならば、「より高い場所」を探すために、現在地からかなり遠いところまで探索して、また戻ってくることができるということになります。

このような能力が高ければ、適応度カーブに部分最適状態が形成され、その小さな「丘」に入り込んでしまったとしても、その周囲の「谷」を乗り越えてもっと高い場所(より適応度の高い行動)を発見してそちらに移行することができるでしょう。
そのような機動的な探索行動を自在に繰り返すことができれば、どんな課題に対応する行動も、最終的には「全体最適」にたどり着くことができるはずです。これが、いわゆる「健常児」の姿なのだと思われます。

これに対して、自閉症児は自分の行動の結果としての環境からのフィードバックを適切に処理する能力に障害があると考えられます。(この辺りについての私の詳細な分析は、過去のシリーズ記事「一般化障害仮説」や「環境知覚障害仮説」もあわせてご覧ください)

その結果、現状と比較してあまり大きな「フィードバックの変化」が起こってしまうとそれをうまく知覚して処理できないために、行動パターンの試行錯誤のための「変化の幅」を小さく設定せざるを得なくなります。イメージ図でいえば、試行錯誤できる行動パターンの「横幅」が小さくなってしまうということになります(そして、このように探索行動のパターンや幅が変化すること、それ自体も、個体の「からだ」の制約条件にもとづいた「適応」の結果であることに注目してください!)。
山登りのたとえを繰り返すならば、現在地からごくわずかの範囲内しか探索できない状況の下で、「現在地が本当の頂上かそうでないか」を判断しなければならない状態に似ています。

tekio11.gif

次回が最終回になります。

(次回に続きます。)
posted by そらパパ at 21:49
"「適応」という視点(12)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。