2007年12月10日

パニックを考える(15)

あまり楽しい話題ではない、「パニックへの(比較的マイルドな)罰の適用」について書いています。
今回は、実際にやってみようとするとなかなか難しい、「過剰修正法」についてです。


4)-b.過剰修正法

過剰修正法とは、問題行動に対して、その問題行動によって起こった環境の悪化を「過剰に」回復させる、あるいは問題行動に対応する「正しい行動」を「過剰に」練習するような活動を「罰」として強制する働きかけです。

具体的には、例えばパニックによって部屋を散らかしたとすれば、その散らかしたものを片付けるだけでなく、さらに部屋全体の掃除をやらせるといったことを考えます。(このように、問題行動によってもたらされた環境の変化を、問題行動の前よりも良好な状態にまで修復させる方法を「原状回復法」といいます。)
あるいは、他人に汚い言葉を言ったり他傷したりした場合は1回ではなく10回繰り返して謝らせる、パニックで床に寝そべった場合は、教室に入って正しい姿勢で1分間着席するという行動を5回繰り返す、といった方法が考えられます。(このように、問題行動に対応する「正しい行動」を何度も(過剰に)練習させる方法を「積極的練習法」といいます。)

これらは、端的に言ってしまえば、嫌なことをさせて問題行動を抑制するという一般的な意味での「罰」に過ぎないのですが、問題行動と「罰」との対応関係が比較的はっきりしていることや、一般に社会的に「良いこと」とされていることをさせることになるため、罰としては比較的穏健であり、かつ「やってはいけないこと」を子どもに理解させるといった一定の効果が期待できると考えられます。
ちなみに、過剰修正法で与えている「罰」そのものは、「適切な行動」ですから、これをやらせている間は叱ってはいけません。叱ると、その行動をするのがいいことなのか悪いことなのか混乱させてしまいます。あくまでも淡々とやらせるのがポイントの1つです。

ただ、これらの働きかけは、パニック自体を抑えたり予防したりというよりは、パニックによって起こる問題行動の「迷惑度」をコントロールすることが目的となります。パニックをしても、それに付随して他人に迷惑をかける度合いが少しでも減少すれば、社会への適応という観点からは状況が改善していると考えられますから、これはこれで有効な働きかけの1つだと言っていいと思います。

(次回に続きます。)
posted by そらパパ at 23:07
"パニックを考える(15)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。