2007年10月22日

パニックを考える(10)

パニックについてのシリーズ記事を掲載していますが、いよいよ、有効な働きかけについて考えていきます。

7.じゃあどうすればいい?

パニックは抑えてもだめ、罰してもだめ、受け入れてもだめ、無視してもだめとなると、「じゃあ一体どうすればいいの?」という声が聞こえてきそうです。
ここまで「だめ」が重なると、取れる手段はほとんど残っていないようにも思われますが、実は意外とそうでもありません。
この後、パニックに対する有効な働きかけだと期待できるやり方を、いくつか紹介します。

1) 代替行動分化強化

パニックによる欲求を解決するためには、パニック以外の「手持ちのカードを増やす」というのが、もっとも抜本的で望ましいと考えられる対処法です。行動療法的には「代替行動分化強化」というやり方になります。

既に書いているとおり、自閉症児がパニックを起こすのは、強い欲求や混乱が生じたときにそれを表現する方法がパニック以外にないからだと考えられます。

だとすれば、その欲求や混乱(を解消するためのサポートの要求)を表現するための、パニック以外の方法を教えてあげればいい、ということになるでしょう。

何かを「表現する」ということは、「コミュニケーションをとる」ということとほとんどイコールだと言えます。
(こう考えてみると、自閉症児がコミュニケーションに困難を抱えているということと、自閉症児がパニックを起こしやすいということは密接な関係があるということも分かってきます。)

ですから、欲求を「表現する」ためには、ことばやそれに代わるコミュニケーションのための手段を教えるのが最も適切です。
とはいっても、ことば、特に音声言語は自閉症児にとって苦手であるケースが多いでしょうから、自閉症児の特性にあったコミュニケーションの方法を模索する必要が出てきます。
そう考えていくと、絵カードによる要求表現を中心としたコミュニケーション療育法である「PECS」(および、その他の絵カード等を使ったコミュニケーション指導法)が、欲求のためのパニックを解消するための最も適切な解決法となる可能性が高いといえそうです。

そして、絵カードやことばによる要求行動(○○が欲しい、困っているので助けて欲しい、休みたい、etc.)の学習・定着をすすめるのと合わせて、パニックによって同じ対象を要求する行動は無視して、消去するように働きかけます。

このように、パニックを消去するのと同時に、望ましい行動に誘導してそれを強化するという「消去と代替行動の強化」をセットで行なうのです。これによって初めて、「パニックを無視する」というやり方が有効に働きます。

ちなみに、このトレーニングの過程で、欲求をパニックで表現してしまった場合も、状況によってはプロンプト(手助け)によって望ましい行動(絵カードを使う等)に能動的に誘導し、そのうえで欲求をかなえてやる、という働きかけもできます。
大人が外部からプロンプトするという観点からも、やはりことばによる要求よりも、絵カードによる要求のほうがコントロールしやすいということが分かると思います。
絵カードを出すという「行動」は手をとって誘導するだけでプロンプトできますが、音声言語による要求は、少なくともこちらが言うことばを真似する「音声模倣」のスキルが事前に形成されていなければプロンプトすることができないため、それだけ大人の側からの働きかけの難易度が高くなるのです。

次回は、パニックの原因になっていると思われる「欲求」と「混乱」のうち、今回取り上げられなかった「混乱」が引き金になっている場合に最初に検討すべき対処法について書きたいと思います。

(次回に続きます。)
posted by そらパパ at 22:30
"パニックを考える(10)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。