2007年06月25日

父親参観

土曜日は、娘の幼稚園の父親参観(実際には幼稚園の場合は「参観」とは呼ばないらしいですが)でした。

妻からは、さんざん「幼稚園では周りの子と集団行動ができないのを見て落ち込む」という話を聞いていたので、まあ実際には娘が一人で勝手に遊びまわっているのを追いかけるような感じになるんだろうな、と思っていましたが、実際そんな感じではありました。

療育施設とは違って、いろいろな集合遊びも娘がいない・できなくてもどんどん先に進んでしまいますし、参加できないなら別行動で自由に遊ばせてもいい、といった扱いでしたので、2時間半ほどの参観のうち、本来は半分くらいは集団遊び、残り半分は自由遊びといった感じでしたが、娘は最初から最後まで一人で(介助の先生や私を引っ張り回しながら)遊んでいました。

さらには、土曜日というイレギュラーな日に幼稚園に連れてこられたことや、普段は幼稚園にはいない私が幼稚園にいるということなどで気持ちが不安定になったようで、幼稚園の前で車から降りるときから、その後30分くらいはずっとパニックしていました。
妻が心配していたような、すぐに帰りたいというパニックにはなりませんでしたが、結果としては娘の状態はかなり悪かったですね。

それでも、その後は多少落ち着いて、園庭で遊びまわったり、自分で「みじゅ」と言って水を飲みたいことの意思表示をしたり、定時排泄も無難にこなしたりしていたので、何とか状況を受け入れて立ち直ることができたと思います。
終わりのあいさつのときは、5分くらいでしたが椅子に座って静かに先生の話を聞くこともできたので、そこも評価できるポイントです。

まあ、それにしても・・・

この状況を見て、私は、娘が集団生活ができなくて落ち込む、というよりも、求められているレベルが高すぎるために、娘が活動できるニッチがものすごく狭くなってしまっているなあ、ということを強く実感しました。

(ニッチというのは、ここでは「意味のある活動ができる生活領域」といった意味だと理解してください。)

現時点での娘の能力でこのような状況に置かれれば、実際、娘は、自分が理解できる範囲で一人遊びをするか、それができなくて(状況が分からずに)パニックすることくらいしかできなくて当然だと感じました。

この状況は何とか改善する必要があるでしょう。

これは、現在極めてゆっくりと書き続けている(遅くてすみません)、「『環境への働きかけ』を再定義する」のシリーズ記事で私が書こうとしていることそのものでもありますし。

そのためには、幼稚園での娘にもっとも長くかかわることになる介助の先生に、娘のことをよりよく知ってもらうことが必要です。
妻も、療育施設での観察資料などを渡したりと頑張っていますし、私も参観中、娘とかかわりながら、娘の出すサインの見分け方や、パニックしたときなどの関わり方についてのお願いなど、失礼にならない範囲でいろいろ話をしました。

さらに、今日気づいたのは、娘の幼稚園でのパニックの中に、水が飲みたいのに椅子に座らされようとする、といった、「やりたいことがあるのに伝わらない」というパニックがあることです。

こういった要求は、家なら絵カードを使ってかなりうまく親に伝えることができるようになっているのですが、幼稚園ではそういった体制がまだできていません。

そこで、こちらは「カスタマイズした道具を作る」という働きかけ、つまり幼稚園専用の絵カードを作るというチャレンジをしてみることにしました。


今回使ってみることにしたのは、まずは100円ショップで売っていた「定期入れ」です。


定期入れのポケットを切り取り厚みを減らしてから、マジックテープを貼りました。


定期入れとあわせて、首から吊り下げるネームカードホルダーに、マジックテープを貼ったものも作りました。


そして、絵カードについては、幼稚園の水くみ場の写真を使った「おみず」というカードと、こちらは幼稚園のものではありませんが似たようなトイレの写真を使った「といれ」というカードをまずは用意することにしました。
(本当は「おそと」というカードも娘にとってはぜひ欲しいところだと思いますが、おそらくそのカードを用意するとそればかり使ってしまって、ただの「わがままカード」になりそうで使いこなしの難易度が高そうなので、まずはより効果的に使えそうな上記2枚を選びました。)
また、サイズについては、携帯性を考慮し、「絵カードテンプレート」でご紹介しているMサイズを今回初めて使ってみました。(我が家は普段はLサイズです)

keitaic6.jpg
このカードを、ネームカードホルダーにつけると、こんな感じになります。
絵カードを小さくしたので、横に2枚並べることができました。

keitaic5.jpg
そして、定期入れのほうにつけると、こんな感じになります。
こちらは、4枚まで貼れそうですので、将来の拡張性はこちらのほうが高そうですね。

さて、この絵カードですが、まずは妻にお願いして、介助の先生にネームカードホルダーを首から下げてもらえないか、ということをお願いしようと思っています。
そして、娘がこれらの要求をしたいときには、そこからはがして介助の先生に渡すという流れを作りたいと思います。

ただ、介助の先生の意識や、幼稚園の方針その他の問題で、そのお願いが通らなかった場合、「定期入れ」に貼り付けて娘の園服のポケットに入れておく(そして、要求のたびに自分でポケットから出させる)という方法を模索しようと思います。

この場合、娘が自動的にこれらの要求ができるようになるとは思えませんから、家でもこの定期入れを持たせて、要求の際に取り出して使うという事前訓練が必要になります。
こちらのほうが娘にとって難易度はぐっと高くなりますが、将来的に絵カードをバインダーに入れて自ら携帯するということを目指していることを考えると、ここでその練習をさせるというのも悪くない選択肢です。

ともあれ、私たち親がやらなければならないことは、娘がいろいろなことをできた、できないで一喜一憂することではなく、娘が何に困っているのかを冷静に見極めてその問題を「環境に働きかける」ことで解決し、娘の「ニッチ」を広げていくことだと思います。

今回の絵カード作りが、そのための重要な一歩になるといいなあ、と思います。
posted by そらパパ at 22:31
"父親参観"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。