2007年06月18日

カラオケとユニバーサルデザイン

妻のブログでも触れられていましたが、先日、会社を有給で休んだときに、(昼間ではありましたが)夫婦のストレス解消のためにカラオケに遊びに行きました。

私自身、カラオケボックスに行って本格的に歌うというのは長らくご無沙汰だったのですが、つい最近、会社の帰りに気のあった同僚と久しぶりにカラオケボックスで歌ってみたところ、新鮮な楽しさがありました。
そこで、これはいいストレス解消になると思って、子どもを幼稚園に任せている間に妻と一緒に1時間ほど遊びに行ってみたというわけです。

そして、カラオケ自体はもちろん楽しかったのですが、それ以外に、自閉症児の療育にも関連するちょっとした「気づき」がありました

これも妻のブログで少し触れられていましたが、今回遊びに行ったカラオケボックスでは、歌いたい曲を入力するための方法が、弁当箱くらいの大きさのタッチパネルだけになっていました。
定番の(と少なくとも私は思っている)分厚い「曲目の本」は置いていなかったので、曲を入れるためにはどうしてもこのタッチパネル端末を操作するしかありません。

ところがこのタッチパネル端末が、非常に使いづらいのです!

私の場合、「曲目の本」から曲を検索するときの大雑把な手順は、「歌手別一覧」のページをぱらぱらとめくって、歌える曲がありそうな歌手を見つけ、その歌手の曲を全体的に眺めながら、その日の気分で歌いたい曲(かつ歌える曲)を選ぶ、といったものです。

ところが、これをタッチパネル端末でやろうとすると、

1.最初に歌手名をピンポイントで入れなければならない。ぱらぱらと眺めながら、「どんな歌手がいたっけ?」と検索することが不可能。

2.歌手名を決めても、今度は曲名が1ページあたりわずか8曲程度しか表示されず、ちょっと持ち歌の多い歌手だとすぐに10ページとか20ページになり、一覧性が皆無。

3.さらに、歌いだしの情報が曲を選んだあとにしか表示されず、「歌いだしをぱらぱらと見ながら曲を思い出す」ということがまったく不可能。

4.そして、「やっぱり別の歌手にしよう」と思うと、最初まで戻ってやり直さなければならない!


ということで、普段なら簡単に決められるはずの「次に歌う曲」が、なかなか決められずに苦労するという経験をしました。
(先に書いた「最近同僚と歌ったカラオケボックス」では、本の曲目リストがちゃんと置いてあったので、今回のような問題はなかったのです。)

これは、単に私が年を取って新しい「タッチパネル端末」に順応できていない、ということではないと思います(そう信じたいです(笑))。

そうではなく、店にとって差し替えが不要だというメリットを優先させた「タッチパネル端末のみを置く」というやり方が、客の側から見たときの曲検索の性質をまったく異質なものに変えてしまっている、ということだと思うのです。

これは、心理学的には、記憶の引き出し方が「再認」か「再生」かという違いだといえます。

例えば、「歴代総理大臣を知っているだけ書き出してください」と言われて書ける人数はどのくらいでしょうか? 私はそんなに多くは書けません。(タイプ1=再生)

ところが、歴代総理大臣をやっている人とやっていない人を適度に混ぜたリストを見せながら、「このなかで総理大臣をやったことのある人を指摘してください」と言われれば、指摘できる人数はかなりのものになるのではないでしょうか。少なくとも「思い出して書き出して下さい」といわれた場合に比べれば、はるかに多い人数を「総理大臣経験者だ」と思い出せるでしょう。(タイプ2=再認)

上記の例でわかるとおり、再認はヒトの記憶にとって比較的やさしい課題であり、再生と比べるとはるかに多くの事象を「思い出す」ことができます。(参考HP

ここまで書けばもうお分かりだと思いますが、カラオケボックスで「曲目の本」が「タッチパネル端末」に変わってしまったことは、単に曲の検索の仕方が変わったということにとどまらず、私たちの脳が行なう記憶の引き出し方が、易しい「再認」から、難しい「再生」に変わってしまったということになるのです。言い換えれば、タッチパネル端末は、「曲目本」と比較して、私たちの脳の情報処理の仕組みにフィットしないのです。

この、見た目には小さな、でも本質的には非常に大きな「変化」によって、カラオケボックスで「選べる・歌える曲」は、何となく「再認」で思い出せる曲ではなく、ピンポイントで曲名まで「再生」できるごく一部の曲に限られてしまいます。その結果、歌う曲のバリエーションが貧弱になり、さらにはカラオケ自体の楽しさまで減殺してしまうことになるでしょう。

カラオケ産業が斜陽産業化して久しいですが、コストダウンと「目新しさ」を狙ってこんな使いづらくて私たちの認知過程を無視したタッチパネル端末なんか導入しているようでは、この先もあまり明るくないんじゃないでしょうか。

・・・なんてことを思っていたら、突如気が付きました。

これって、自閉症の療育で考えるべきことそのものじゃないか!と。

つまり、こういうことです。

1.自閉症児の脳の情報処理は、私たちとは異なっていると考えられます。

2.そして、その脳では、「ことば」や「見通し」といったものを理解する仕組みがうまく働きません。

3.その結果として、環境と相互作用して「世界を広げていく」ことが難しくなります。そのため、自閉症児にとっての「世界の広がり」は貧困なものに留まってしまうでしょう。

4.この問題を解決するには、カラオケの曲検索において、より脳がうまく働く「再認」という情報処理ができるように「曲目本」を採用するのと同様、自閉症児の脳が得意とするような「カスタマイズした道具・環境」を提供することが必要です。

5.それこそが、現在のシリーズ記事で書いている「環境への働きかけ」であり、あるいはTEACCHでいう「視覚化」などの「構造化」なのではないでしょうか。


今回、私自身が(そして妻も)、自分の脳が不得意な情報処理をせざるをえない状況になったとき、いかに「世界」が狭められ、貧困になるかということを実感しました。
その実感を、自閉症児が抱えている困難のありようにつなげて考えることで、私たちが行なっている療育的働きかけの「意義」を、改めてリアルに再認識できた気がしたのです。

タッチパネル端末のみ、という環境であっても、カラオケが大好きで、好きな曲名がピンポイントで思い出せる、あるいは「今月の新曲」「人気曲ベスト10」といった曲ばかり歌う人にとっては、それほど不便は感じないのかもしれません。
でも、そういう「カラオケのコアユーザー」を前提として構築された「環境」は、カラオケのライトユーザーである私たちにとっては、著しく使いにくく、「世界が狭くなる」ような厳しい環境になってしまいました。
同じように、「私たち」にとって、当たり前だから、普通に便利だからという理由でそのままになっている「環境」は、自閉症児にとってはとても使いにくく、「世界が狭くなる」ような厳しい環境である可能性が高いのです。

私たち、あるいは自閉症児のように特別なニーズを持った人たちの認知特性に配慮した道具や環境のあり方を整備すること(カラオケで「曲目の本」を置くこと、あるいは自閉症児の療育に構造化などを導入すること)は、一言で言えば「ユニバーサルデザイン」と呼べるでしょう。
今回のカラオケの件では、自閉症児の「環境への相互作用力」を最大限に発揮させるために、ユニバーサルデザインがいかに大切かということを改めて感じさせてくれました。

・・・それにしても、療育のことを一瞬忘れようと思ったカラオケで、また療育のことを考えてしまいました。これはこれで困ったものです(笑)。
posted by そらパパ at 21:25
"カラオケとユニバーサルデザイン"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。