2007年06月04日

自閉症-「からだ」と「せかい」をつなぐ新しい理解と療育(著者による紹介)(2)

今回は内容について、少し触れたいと思います。

  自閉症-「からだ」と「せかい」をつなぐ新しい理解と療育


※Amazonが品切れ気味なので、他のリンクも紹介します。

セブンアンドワイ
icon
楽天ブックス

自閉症-「からだ」と「せかい」をつなぐ新しい理解と療育
著:そらパパ・神谷 栄治
新曜社
2007年5月29日発行

第1章 自閉症はどう理解されてきたか
第2章 認知科学の新たな流れ-ギブソン理論とコネクショニズム
第3章 従来の自閉症モデルの問題点
第4章 新しい自閉症のモデル
第5章 具体的な療育の取り組みについて

本書は、当ブログでシリーズ記事「一般化障害仮説」を公開したことをきっかけに書籍化されたものです。
ですので、内容の一部はこのシリーズ記事やその他の記事と重なっていますが、もちろん単なるブログの転載本ではなく、基本的にはゼロから書き下ろしており、当ブログでは触れていない内容も多く含まれています

その「違い」の1つが、第2章で、「一般化障害仮説」をより深く理解するための認知科学とその歴史について、ひととおり説明を加えている点です。
何度か書いているとおり、本書での自閉症理解のベースになっているのは、認知科学(認知心理学)におけるコネクショニズムという考え方とギブソンの生態学的知覚心理学(アフォーダンス論)ですが、さらにこれらの理論を重視する背景になっているのが、「複雑系の科学」と呼ばれる、科学の新しいアプローチです。

そして第3章では、認知科学における人工知能研究が経験した「挫折と復興」の歴史と、現在の認知心理学的な自閉症研究が直面しつつある「挫折」の歴史が非常に似ていることを指摘します。
だとすれば、人工知能研究で成し遂げられた「復興」の道すじをたどれば、自閉症の認知心理学的研究も「復興」させることができるはずだ、という論理から、新しい世代の人工知能研究がもつアプローチで自閉症を探求することを提案しています。

その具体的な自閉症の「理解」が、本書のメインである第4章です。
第4章は、「一般化障害仮説」のシリーズ記事がベースになっていますが、神谷先生のアドバイスをもとに用語や概念を改めて整理し、論旨をすっきりとさせたうえで、ボリュームを大幅に増やしています。(この章だけで80ページ以上になりました。)

そのうえで、その「理解」に基づく「療育への応用」について触れたのが、第5章ということになります。
第5章の記事は、シリーズ記事「幼児期の療育を考える」の、第24回から第38回までの記事がベースとなっていますが、こちらも、第4章で詳しく解説した自閉症のモデルをベースに、なぜそのような療育が有効なのかといった解説を加え、再構成してあります。また、「家庭で実践できるABA」の解説部分については、ブログでのシリーズ記事よりも項目数を増やしています。
(この第5章では、ちょっとしたお遊び的要素として、療育の実践例の1つに娘の写った写真を使ってみました。(^^))

本書の最後には、関連する書籍について、自閉症論に限らず、かなり広いジャンルの読書案内(簡単な内容紹介つき)を合計約10ページ、掲載しました。

全体のボリュームとしては、単行本サイズで約240ページになります。イラストが少なく字が多い(妻からは文句を言われましたが・・・)ため、文字の分量としては原稿用紙換算350枚程度あります。
一点ご了承いただきたいのは、本書は当ブログのコンテンツを幅広く収録したものではなく、「一般化障害仮説」を中心に据えたものであり、TEACCHやABA、PECSといった個々の療育の具体的なテクニックなどについては、家庭での療育という観点からまとめた比較的シンプルな内容になっている、ということです。

なお、本書の内容についてご質問などありましたら、このエントリへのコメント等でもお受けいたします。すべてに十分なご回答ができるかどうかはお約束できませんが、できる限りお答えしたいと思います。

自閉症に関連するブックレビューはこちら
posted by そらパパ at 22:00
"自閉症-「からだ」と「せかい」をつなぐ新しい理解と療育(著者による紹介)(2)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。