2007年07月02日

「環境への働きかけ」を再定義する(11)

社会適応の困難さ・容易さを決めるキーポイントの1つが「道具の使いこなし」にあるとすると、ここにもう1つの重要な「働きかけ」の余地があることに気が付きます。

もう一度ここまでの議論を整理してみます。

・同じ目的を達成するために使うことのできる「道具」は1つではない。
・「道具の使いこなし」が適応能力・生活の豊かさを決める重要な要素になる。
・療育の端的な目的は、子どもの適応能力・生活の豊かさを高めることにある。


もうお分かりだと思います。

自閉症児が直面している困難のうち、その困難さの源が具体的な何らかの「道具」の使いこなしの困難さにある場合は、その道具を使ったのと同じ目的を達成できる別の道具を開発・提供することで解決できる可能性があります。そしてそのような「新しい道具の提供」も、自閉症児に対する療育の重要な領域の1つなのです。(自閉症の困難の本質が、環境とのかかわりに失敗する点にある、ということを、改めて思い出してください!)

別の道具を作る、という療育アプローチの最たるものの1つが、絵カードによるコミュニケーション「PECS」をはじめとするAAC(代替・拡大コミュニケーション)です。
自閉症児にとって、音声言語としての「ことば」は、理解するのも、自らが使うのも難しい「道具」だといえます。
ここで、「『ことば』という(限定された)道具を使うこと」ではなく、「コミュニケーションという目的を達することだ」という視点の転換が出来れば、「ことば」ではない別の道具を使ってコミュニケーションを訓練する道があるはずだ、ということに気づくはずです。そのような療育アプローチを広く「AAC」と呼ぶわけですが、中でも自閉症児に特化したコミュニケーション療育技法として注目されているのが、当ブログでも何度も詳しく取り上げている「PECS」です。
PECSでは、使う「道具」こそ、「音声言語」から「絵カード」に変更されていますが、目の前にいる人と直接やりとりをして自分の意志を伝えるという「コミュニケーション」は全く同じように成り立っています。これは、紙とペンを使う代わりに電卓を使ってかけ算をやるのと同じだと言えます。

これは、先に紹介した、レストランでの食事を学習させるのに、あらゆる必要なスキルを子ども自身につけさせるアプローチと、レストランにお願いして簡単に食事ができるように取り計らってもらうというアプローチの違いにも似たところがあります。
「レストランにお願い」のアプローチが、それこそその日からすぐに子どもに「レストランで食事」という社会的資源の活用を実現させてくれるのと同様に、PECSを使えばうまくいけば開始して数日以内に対人コミュニケーションの第一歩を踏み出すことができます。子どもの療育では、「時は金なり」ということばは極めて大きな意味を持ちます。

私が、いわゆるABAによる音声模倣をベースとしたことばの訓練(しばしば非常に長い時間がかかります)と比較して、PECSを高く買っている最大の理由はこの効率性の高さにありますが、それは言い換えるならば、「コミュニケーションのノーマライゼーションをしている」ということなのです。

PECS以外にも、たとえばスケジュールを口頭で伝えるのではなく絵カードで表示するとか、社会の「暗黙のルール」のようなものを「暗黙」のままにしないで文書化・視覚化して繰り返し練習する「ソーシャル・ストーリー」なども、自閉症児の特性にあわせた「新しい道具の提供」だと言えると思います。

(次回に続きます。)
posted by そらパパ at 22:47
"「環境への働きかけ」を再定義する(11)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。