2006年12月18日

熱いものを食べる

療育論については、「一般化障害仮説」と「幼児期の療育を考える」シリーズでひとまず書きたいことが網羅されてしまったので、今後は少しずつ我が家の日常の療育についても書いていきたいと思います。

というわけで、最近の娘の、ちょっとすごいなと思う行動について。

我が家では、毎週土曜日の晩ごはんは私の作るカレーということにだいたい決まっています。
まあ、私が作るのは土日だけ(日曜は下ごしらえは妻にやってもらって妻が娘に食事をあげている間に私が調理するだけ)なのですが、休日にいつもと違うことをするのは、平日の仕事からの精神的な切り替えには役に立っているような気がします。

うちで作るのは大人用の辛口のカレーです。
ところが、このカレーの具を娘が欲しがるのです。

もちろん、そのまま食べさせると辛くてパニックになりますので、汚いですが私たちが一旦口の中でルーを取ってしまって、それからあげると喜んで食べます。
以前、ルーを入れる前に具材をとりわけて、カレー味のしない具を用意してみても食べなかったので、カレーの「香り」自体は好きなのかもしれません。(でもなぜか、「子ども用のカレーライス」は絶対に食べないのですが・・・)

つい最近までは、食べるのはじゃがいもと決まっていたのですが、先日、じゃがいもを買い忘れてじゃがいもがほとんど入っていないカレーを作ったときに、じゃがいもがあっという間になくなってしまって不満だったのか、にんじんを欲しがってきました。じゃがいもと同じようにあげてみると気に入ったようで、それ以降はにんじんも食べるようになりました。

そんなことを毎週やっているうち、最近の娘のちょっとした変化に気づきました。
以前であれば、具材がちょっと熱すぎるような場合、娘はすぐにそれを吐き出すか泣き出してしまっていました。ですので、相当フーフーやってかなり冷ましてからあげるようにしていたのです。
ところがここ最近は、ちょっとくらいなら口に入れたものが熱くても、それがよく知っている好きな食べ物なら(例えばカレーのじゃがいもやにんじん、おでん、ファーストフードのフライドポテトなどなら)、がんばって口のなかでフーフーやりながらパニックせずに食べるようになったのです。

これはちょっとすごいな、と思いました。
食べたものが熱い、というのは本来は反射的な行動を引き起こす刺激だと思います。それに落ち着いて対応できるのは、ある程度認知能力があがって、この程度なら危険ではないと認識できるようになったことを意味しているんじゃないかと思います。

さらに嬉しいことは、どうもよく見ていると、熱くてフーフーやっているときに、むしろ「おいしい」と感じているような表情をしていることがあること。もしかすると、食事は冷め切ったものよりもフーフーやるくらいの熱さのほうがおいしい、ということが分かってきているのかもしれませんね。

こういうちょっとしたことに喜んだり感動したりできるのも、普通の子育てとは全然違う意味で面白いことだな、と思います。

ちなみにカレーについては、ルーが残っていて「辛い」ときは、やっぱり我慢できずにパニックします(笑)。
また、本来は「他人のものを食べる」というのは制限すべき事項ではあるのですが、娘の場合、なぜか私が食べているものだと普段食べないようなものでも食べる(生臭いサバの味噌煮や酸っぱいもずくまで食べます)ので、娘の食のバリエーションを増やすために、あえて黙認しています。まあ、いいかげんやめさせないと、とは思っているのですが・・・(^^;)
posted by そらパパ at 22:48
"熱いものを食べる"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。