2006年11月17日

幼児期の療育を考える(4)

前回は、一歳半から試すことができる自閉症のセルフチェックとして、M-CHATとCHATという2つのテストをご紹介しました。

(M-CHATテスト項目の抜粋-質問の全項目については前回の記事を参照してください)

<特に重要だとされる6つの症状>
 他の子どもに興味を示さない。
 何か興味があるものを人さし指で指差して伝えない。
 あなた(親)に何かを見せるために、物を持ってこない。
 真似をしない(顔で表情の真似など)
 名前を呼ばれても反応しない。
 離れたところにあるおもちゃを指差しても、その方を見ない。


ところで、親御さんが、M-CHATのような列記型の「症状リスト」を見るときには注意しなければならないことがあります。それは、リストの中に当てはまらない項目があることを過大評価して、安心してしまいがちだということです。

M-CHATによると、上記の「特に重要だとされる6項目」で2項目以上、もしくはそれを含みすべてのリストの中で3項目以上該当する子どもは、自閉症の可能性が高いと診断されます。
つまり言い換えれば、M-CHATの23にのぼる症状リストのうち、20の症状がまったく見られなくても自閉症と診断されうる、ということです。
自分の子どもの状態と「症状リスト」を照らし合わせるとき、私たちはどうしても「子どもが自閉症ではありませんように」という願望を持ちながらその比較を行なってしまうため、該当する症状があるかどうかよりも、「該当しない症状」があるかどうかに目が行きがちです。そうすると、該当しない項目がいくつもあることに満足して、「きっと大丈夫だろう」という誤った判断をしてしまうかもしれません。

また、このリストでは、ことばに関する質問が少ないことにも注目してください。
一般に、医師や専門家による自閉症の確定診断は3歳以降になされることが多く、その時点での診断においてはことばの遅れは1つの重要な診断要素になりますが、一歳半段階での早期診断では、発話の有無よりもむしろ、その前段階である「非言語コミュニケーション」の発達のほうが重要なのです。具体的に言えば、アイコンタクトがある、指差しをする、他人の注意を引こうとする、模倣する、呼びかけや簡単な指示に反応する、といった行動です。

こういった行動がすべて正常に発達していて、発話だけがまだないというお子さんは、少なくとも自閉症である可能性はかなり低く、多くの場合はやがてことばが出て追いついてくると思いますし、そうでない場合であっても自閉症以外の障害である可能性のほうが高いと考えられます。

逆に、これらの非言語コミュニケーションに遅れが目立つ中で、発話は始まっているというお子さんの場合、ことばの遅れが目立たない自閉症スペクトラムの一形態である「アスペルガー症候群」であったり、一旦出た発話がやがて消えていってしまう「折れ線現象」をたどる自閉症である可能性も残されています。
ことばは、コミュニケーションの道具として活用されなければ定着しないので、コミュニケーションの発達が遅れてことばだけが出ている、という状況は、ことばによるコミュニケーションの発達、あるいは自閉症の可能性ということでは黄信号だと言えると思います。

どちらにせよ、ことばが遅れているだけでは自閉症だとは言えず、ことばが出ているからといって自閉症でないと断定できるものでもありません。あくまでも、M-CHATで見ているような「ヒトや環境へのかかわりかたの全体」として考える必要があるのです。

※ちなみに、この「ことばを重視しすぎない」というのは、早期診断だけに限らず、自閉症療育において常に意識する必要があるポイントです。
 これは後でも出てきますが、「ことばが出ない」ということの背後には、実は上記のような「非言語コミュニケーションが未発達である」という問題があり、それらを発達させることなく、例えば単語の音声模倣をさせようとしても、うまくいかないのです。
 「ことばを育てること」とは、「ヒトや環境とのかかわりスキルの全体を育てること」だとしっかりと心にとどめ、発話の有無という表面的な事象より高い視点を持つことがとても大切です。

(次回に続きます。)
posted by そらパパ at 23:07
"幼児期の療育を考える(4)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。