2006年10月12日

新しい認知心理学から自閉症を考える(5)

前回まで、コネクショニスト・モデルに基づく自閉症へのアプローチの意義について考えてきましたが、ここで「認知過程のシミュレーション入門」からの引用文に戻りたいと思います。

この仮説では、「学習」というやや広い概念を、一段下の「抽象化」と「一般化」という2つの構成要素(モジュール)に切り分けています。


↑「抽象化」「一般化」の情報処理イメージ

ちなみに、この切り分けについても、単なる空想から「ひねり出した」ものではなく、シミュレーションを通じて、実際にヒトと同じように環境から学ぶことのできる学習モデルとして導き出されたものになっています。

※なお、ここから先の部分は、私が参照した3冊の本(関連図書参照)それぞれで、引用されている研究は同じであるにも関わらず導かれる結論が微妙に違います。
 本シリーズ記事での記述は、「環境知覚」「環境との相互作用」という観点を特に強調しつつ、これらの本の主張を私なりに再構成したものになります。

そして最大の発見は、このような2つのモジュールによる学習モデルを考えたとき、「一般化モジュール」にとって必要なのは「最適な量の(抽象化された)情報」であって、情報量が多すぎても少なすぎても一般化が阻害されてしまう、というシミュレーション結果です。
これを言い換えると、環境知覚にとって最重要なのは、「抽象化モジュール」と「一般化モジュール」の力の適正なバランスにあり、どちらかの力が強すぎても弱すぎてもダメ、ということです。
ここで、自閉症の各種の二重解離を説明できそうなのは、「抽象化モジュールの能力>一般化モジュールの能力」というアンバランスが起こっているモデルです。

・・・少し話が先走っているので、ここで、「抽象化」「一般化」とは何か、ということをまずご説明したいと思います。

「抽象化」とは、環境とのかかわりの中で生起する事象を、脳内の情報処理で扱えるような「情報」に変換し、蓄積することを指します。
環境について「学ぶ」あるいは「ルールを見つける」ためには、環境についてのいろいろな「情報」があらかじめ蓄積されている必要があります。そういう「情報を集めて蓄積する(ネタを集める)」のが、「抽象化モジュール」の役割です。

※ここで「蓄積」というと、私たちはどうしても脳の中にハードディスクやメモリーカードのような「データ保存場所」があって、そこに倉庫の中に荷物を置くようにデータを並べることをイメージしてしまいがちです。
 今回の仮説を理解するうえではそう考えても差し支えありませんし、これからご紹介するイメージ図でもそれに近い描き方をしていますが、実はこのようなイメージでは「古い人工知能」のモデルに戻ってしまっていることになります。
 実際には、コネクショニスト・モデルにおける「情報」は、ネットワークの反応傾向として蓄積されます。
 この辺りに興味のある方は、記事の最後でご紹介している3冊の本やその他のニューラルネットワーク・コネクショニズムに関する本を参照ください。

一方、「一般化」とは、そうやって集まってきた情報を再構成し、環境に働きかけるための「ルール(かかわり方)」を学んでいくことだと言えるでしょう。
集められた環境についての情報(ネタ)は、それだけではばらばらな個別事象であって、しかも過去のことです。それらの情報を意味のある形で再構成し、「こういうときはこう行動する」といった、過去ではなく将来に向かって活用できる一般化されたルールの形で、環境との「かかわり方」を学んでいかなければなりません。このような情報処理を行なうのが、「一般化処理モジュール」の役割だといえます。

簡単にいえば、「抽象化」とは個別の経験をどんどん蓄積していくこと、「一般化」とは蓄積された個別の経験から将来に向かって適用できるような「ルール」を導き出すことを指します。
こう考えると、「一般化」というのはある種の「単純化」であることや、基本的な情報処理の流れは「抽象化→一般化」の順となることが理解されるでしょう。
そしてさらに、「自閉症」というのはこの「一般化」がうまくいかない障害なのではないか、という直感も持っていただけるのではないでしょうか。それがまさにここで解説しようとしている「一般化障害仮説」なのです。

[関連文献]:コネクショニスト・モデルに基づく自閉症論(再掲)


認知過程のシミュレーション入門
伊藤 尚枝
北樹出版 (レビュー記事

脳 回路網のなかの精神―ニューラルネットが描く地図
マンフレート シュピッツァー
新曜社 (レビュー記事

自閉症に働きかける心理学〈1〉理論編
著:深谷 澄男
北樹出版 (レビュー記事

(次回に続きます。)
posted by そらパパ at 23:04
"新しい認知心理学から自閉症を考える(5)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。