2006年09月06日

そらパパ詳細プロフィール

<はじめに>
 この詳細プロフィールは、読者の方への、一種の「履歴書」のようなつもりで書いています。
 当ブログ内には、心理学の理論に関連する内容や、書籍や他の方が主張されている療育理論に対する批判的考察が多く含まれていることもあり、読者の方が記事内容について判断するための1つの情報として、私の持っている心理学方面のバックグラウンドがどのようなものであるのかを示すべきなんじゃないか、ということで、この詳細プロフィールを設けることにしました。
 言うまでもなく、本プロフィール内容は実際には記事の価値や信頼性を高めるものでも低めるものでもなく、上記のとおりシンプルに読者の方に追加の情報を提供するものです。

 私は自閉症児の父親ではありますが、心理学や療育で食べているわけではなく、心理学に関してはアマチュアです。このブログの内容を実際の療育に活かすにあたっては、ぜひとも専門家の指示もあわせて受けるべきですし、そこで意見の対立があった場合は、実際の療育現場に立っている専門家の意見を最大限に尊重し、最終的には自分の判断で何をすべきかを決めていく必要があると考えています。



<そらパパ 詳細プロフィール>

 認定心理士(日本心理学会)の資格を取得しました。(ID 17668)

  認定心理士証
  ↑そらまめちゃんイラストの部分は本来は顔写真です。

 本を出すことができました。

 

 自閉症-「からだ」と「せかい」をつなぐ新しい理解と療育
 著:そらパパ・神谷 栄治
 新曜社
 2007年5月29日発行

 

 自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト
  ~お父さんもがんばる!「そらまめ式」自閉症療育
 著:そらパパ
 ぶどう社
 2008年7月28日発行


 某国立大学文学部第4類(行動学)心理学専修過程卒業。
 心理学関連の取得単位の概要は以下のとおりです(認定心理士の科目区分による)。

心理学概論 4単位
心理学研究法 8単位
心理学実験 8単位
知覚心理学・学習心理学22単位
比較心理学・生理心理学 6単位
人格心理学・臨床心理学 8単位
社会心理学・産業心理学 2単位
卒業論文 8単位


 卒業論文テーマ:自己組織化モデルの和音知覚への適用-適応過程としての和音知覚

 卒論

 取得単位の多くを占めている「知覚心理学・学習心理学」の中身は主として(広い意味での)認知心理学であり、卒業論文の内容もこの領域を扱っているため、これを加算すると全体の約半分、30単位を認知心理学によって取得していることになります。
 心理学実験では、行動分析学ではおなじみのラットの迷路学習やスキナー箱を使った強化スケジュールの実験に加え、プライミング効果のような認知心理学の基礎的な実験も行なっています。
 また、人格心理学・臨床心理学の単位の中で多くを占めているのは精神分析です。

 卒業論文のテーマは、和音知覚の「学習」の成立を、コネクショニスト・モデル(ニューラルネット、PDPモデル)の一種であり、当時としては新しかった「コホネンの自己組織化モデル」という学習モデルを使って研究するという内容でした。

 大学在学中、国家公務員採用一種試験(心理職)にも合格し(二次の面接は未受験)、大学院への進学もあわせて考えるなど、心理学方面への就職もかなり考えたのですが、最終的には心理学とは無関係の民間企業への就職を選択しました。もし公務員になっていたら、今ごろは療育サービスを「提供する側」になっていたかもしれません。

 現在は、外資系金融機関で管理職をやっています。
 いまのオフィスは特に「外資系」らしい部門で、上司を含む多くの仕事相手は外国人で、普段の仕事の約60%、メールの約80%が英語という感じです。留学経験などは特になく、英語は仕事の中だけで身に付けてきました。

 そして、プライベートでは一児の父です。
 一人娘は発達指数で30あたりをうろうろしている重度の精神遅滞を伴う自閉症です。現時点での療育の最終目標はサポートのある特別な環境(作業所等)を前提として、自立生活が送れるようになることです。

 このブログを立ち上げたのは、娘の療育のために試行錯誤を繰り返している中で、多少の心理学の素養を持った私が療育について考えたり実践したりしていることが、もしかすると同じようなチャレンジをしている他の親御さんの役に立つといったこともあるかもしれない、と思ったことと、何より、自分自身が毎日の療育に対して、より大きな意義や問題意識を感じながら取り組めるようになるかもしれない、と感じたことが大きいです。
 今のところ、その目的は不十分ではありますが達成できているんじゃないかと感じています。今後とも当ブログをよろしくお願いします。
posted by そらパパ at 20:55
"そらパパ詳細プロフィール"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。