2011年10月12日

障害受容についてのTwitterでの議論

先日、あの乙武さんがつぶやいた「障害のある子を授かったら」という連続ツイートをきっかけに始まった、自閉症療育クラスタでの「(親の)障害受容」についてのTwitterでの議論をまとめました。

http://togetter.com/li/198163
乙武さんのツイートから、障害受容について改めて考えてみる


私はこのなかで、「障害受容というのは静的な状態ではなく動的な過程ではないだろうか」ということと、「受容ということばは割と安易に使われているが、実際に定義・測定できるものだろうか」ということについて主に議論をしています。

なかなか興味深い議論になっていると思います。よろしければご覧ください。
posted by そらパパ at 22:06
"障害受容についてのTwitterでの議論"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。