2006年07月27日

リフォームしました。

夏のボーナスを使って、ちょっとしたリフォームをしました。

いくつかやってもらった中で、娘の療育に関連するものが2つありました。

1つは、キッチンへの間仕切りの追加です。
妻のブログでも少し触れられていましたが、我が家は普段娘のいるリビングからキッチンまで一続きなので、そのままだとキッチンに簡単に入れてしまう構造になっていました。

それでは危険だということで、↓の超ロングベビーフェンスを張って侵入を防いでいたわけですが、



今度は大人のほうが、キッチンとの行き来に常に高さ65cmのフェンスをまたがなければならなくなりました
このまま長く使いつづけていたらいつか必ず転んで大怪我をするという心配があったので、思い切って間仕切りをつけることにしたわけです。

kitchen1.jpg
↑これがリフォーム前の状態です。リビングからキッチンに向かって撮影しています。ベビーフェンスが張ってあることが分かると思います。

kitchen2.jpg
↑こちらがリフォーム後です。間仕切りにドアをつけて、ドアのないところは、明かり取りも兼ねて、高さ90cmのカウンター状にしました。

新しいドアつきの間仕切りはなかなか快適です。
これで、料理を運んでいる最中にフェンスに足をつまづかせて大怪我、という恐れはなくなり、娘がフェンスをまたいでキッチンに入る恐れも当分なくなりました。
(これから、ドアにカギをつけなければなりませんが、今のところドアを開ける気もないようです)


もう1つのリフォームは、お風呂のサッシのガラスを1枚のものから防音性のある真空合せガラスに変更したことです。

これは、娘が風呂で目にお湯が入ったりしてパニックを起こすことがよくあるので、恥ずかしながら近隣にあまり大きなわめき声が聞こえないための苦肉の策です(笑)。

実際に騒いだときに外で聞いてみたところ、相変わらず外に漏れてはいますが、音量は半分くらいになった印象です。
まあ、これくらいなら、子どもが普通に騒いでいるくらいに聞こえ・・・はしないですが、かなりマシになったことだけは確かでしょう(笑)。
posted by そらパパ at 22:40
"リフォームしました。"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。