2006年07月19日

PECSフェーズ4問題の「答え」

かなり前にも書きましたが、PECS(絵カード交換式コミュニケーション療育法)では、フェーズ3から4に移行する際に、これまで1枚のカードで済んでいた要求表現を、わざわざ複数のカードと「センテンス・ストリップ」を使わなければならないように「ルール変更」します。

このように、同じ結果(リターン)を得るための行動(コスト)がただ増えるというのは、コミュニケーションとしてはむしろ「退化」なのではないか、ということがずっと気にかかっていて、当ブログでもフェーズ4以降については十分に書けていませんでしたし、我が家の療育としても、フェーズ4に進む代わりに、スケジュールに移行することを選択しました。

そんなわけで、この問題については永らく塩漬けになっていたのですが、先日、PECSの創始者であるアンディ・ボンディ先生の講義を受ける機会があり、この疑問について直接本人に聞くという非常にラッキーな経験ができたので、まずはその結果をまとめるところから、この「PECSフェーズ4問題」を改めて考えなおそうと思います。

最初にこの質問を投げたときの彼の回答は、「マンドとタクトを区別できることがリターンだ」というものでした。

つまり、(通常の幼児のことばと同じで)カード1枚のみというのは「一語文」に相当し、例えば「りんご」と言う、もしくはりんごのカードを出す、というのは、「りんごが欲しい」というマンド(要求のコミュニケーション)であることもあるし、「りんごがあるよ」というタクト(叙述のコミュニケーション)であることもあります
これら2つは、もちろん一語文でも表現できますが、違う内容を持ったコミュニケーションに対して同じ方法を使うことは、時として相手に誤解され、コミュニケーションに失敗することを招きます。
その2つを明確に使い分けられるようになることで「誤解されることがなくなる」というのが、子どもにとって、1枚のカードではなく複数のカードを使うことのメリット、つまり「リターン」だ、ということです。

私は、この回答で、一点については納得し、別の一点について新たな疑問が生まれました。

「納得した点」というのは、複数のカードを使うことの主目的はあくまで「マンドとタクト」の使い分けにあって、PECSのフェーズ4で多少強引に導入されている「属性を追加すること」は副次的なものだ、ということが分かった点です。

「疑問に思った点」は、PECSを学んだ方はご存知のとおり、タクトを教えるのはフェーズ6であって、フェーズ3や4の段階ではタクトは教えません。教えていないのだから、タクトをPECSで表現する行動はこの段階では出ていないはずで、そもそも指差しを含むタクト的な行動に乏しい自閉症児にとって、まだ教えてもいないタクトが表現できる、ということだけでは、カード1枚からセンテンスストリップに移行する十分な動機づけにはなりえないのではないか、ということです。

そこで、続けて、ボンディ先生に上記の「疑問に思った点」も重ねて聞いてみました。
彼の回答は、とても率直なものでした。

「確かにそういう面はある。それでも、将来タクトが自由に表現できるようになるための準備段階として、複語文の表現方法をどこかの段階で教えなければならない。(それが、フェーズ4だということだ)」

私はこの回答を聞いて、素直に納得できました。
つまり、フェーズ4での複語文への移行は、少なくともこの段階では、子どもにとっての必然性ではなく、療育する側にとっての必然性なのだ、ということがはっきり分かったからです。

この質問を通じて、私が理解したPECSの複語文とフェーズ4についての考え方はこうです。

・もともと疑問を持っていたとおり、PECSを初期に教えた段階で自閉症児が表現できるのは「マンド」(要求の表現)だけであり、フェーズ3から4の段階で複語文をどうしても導入しなければならない「必然性」はない。

・でも、PECSは単なる「欲しいものカード」ではなく、音声言語と同等のバリエーションを持ったコミュニケーションツールとして導入するものだから、最終的にはどうしても複語文に持っていく「必然性」がある。

・この2つの矛盾する「必然性」を交わらせるためには、どこかの段階で多少無理をしてでも複語文を教えなければならない。

・現在のPECSのカリキュラムでは、それが「フェーズ4」にあたる。


うん、すっきりした。これなら納得できます。

今後、当ブログでも、今回の理解に基づいて、PECSのフェーズ4以降についても考察と実践方法について書いていきたいと思います。

今回の特別講義では、上記以外にもいくつかPECSについて重要な気づきと学びがあったので、それについても順次書いていきたいと思います。
posted by そらパパ at 22:35
"PECSフェーズ4問題の「答え」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。