2011年05月09日

殿堂入りおすすめ本・まとめて再レビュー(4)

過去に「殿堂入り」として、当ブログのブックレビューで高く評価した本を、現在の視点から改めてレビューしつつ、まとめなおすシリーズ記事、昨年の後半に第3回まで掲載してストップしていましたが、その続きということで、今回は第4回目になります。
(ちなみに、前回の記事はこちらになります)

今回は、「自閉症を知る」というカテゴリの本のうち、殿堂入りはさせていないものの、それに準ずる本としておすすめできる本のご紹介の続きです。

<おすすめできるその他の本>(続き)



親子アスペルガー―ちょっと脳のタイプが違います (レビュー記事

こちらはさらに最近レビューしたばかりの本ですね。
ご本人もアスペルガー症候群の当事者である親御さんが、2人のいずれもアスペルガー症候群のお子さんの子育てに奮闘する姿を綴った「当事者本」です。

この本の最大の特徴は、既に上記の短い説明のなかでも分かるとおり、当事者の方が、単に自分自身の過去や障害の特性を語るのではなく、同じ障害をもったお子さんを育てる経験について語っているという「当事者性の多重構造」にあるでしょう。

自分自身が障害によって苦労した経験と、その経験をふまえた「この世界」を見るまなざし。そして、いま現に自分の子どもが同じ障害によって苦労している現実、それを解決するためのさまざまな工夫、子どもたちに伝える当事者だからこそ言えるメッセージ。

そこには、単に「障害をもったお子さんの子育ての参考にもなる当事者本」という一般的な評価を超えて、「アスペルガー症候群の方が経験する世界観について生き生きと疑似体験できる、『異文化体験本』」という価値があると思います。

そういう意味で、アスペルガー症候群の当事者の方の書いた本ですが、知的障害を伴うような重い自閉症児の親御さんや支援者の方が読んでも得るところのある本だと思います。

そして、これらの書籍のほかに、自閉症を知る・学ぶためのきっかけとなるような「まんが」もいろいろ出ています。

まんがについてはブックレビューのニーズも高いため、発見しだいできるだけすべてのものを読み、レビュー記事も書くようにしているのですが、「自閉症を学ぶ」という視点からみると、これまでにご紹介した、殿堂入りもしくはそれらの準ずる本と同じレベルでおすすめできるものは、残念ながらまだないように思います。

とはいえ、気軽に読めて、共感したり励まされたりするという意味ではもちろんまんがにも魅力的なものはたくさんありますので、ご興味のある方はこちらのレビュー記事まとめのうち「自閉症を知る(まんが)」のコーナーに並んでいるレビュー記事をご覧ください。

(これらのまんがのうち、「うちの子かわいいっ 親ばか日記」シリーズは、療育のスタイルが1冊めと2冊め以降で大きく変わるという点で読むのに少し工夫が必要ですが、参考になるところの多い療育まんがだと思います。)




うちの子かわいいっ 親ばか日記シリーズ(レビュー記事 1, 2, 3
あべひろみ
ぶどう社


ちなみに、もっとも有名な自閉症まんがだと思われる「光とともに…」がありませんが、これは意図してそうなっているわけではなく、たまたまタイミングを逸してレビューがされないままになってしまっただけです。
ドラマ仕立てで事件が起こりすぎるきらいはありますが、手堅く読めて自閉症への理解が深まる、「自閉症を知る」という観点からもおすすめできるものになっていると思います。
昨年初頭に著者の戸部けいこ氏が逝去され、単行本は第15巻が最後となりました。ご冥福をお祈り申し上げます。
現在は「光とともに…」文庫化がすすめられており、本日時点で第6巻(単行本の第9巻相当まで)まで出版されているようです。

(次回に続きます。)

※ブックレビュー一覧をまとめた記事はこちら
posted by そらパパ at 21:46
"殿堂入りおすすめ本・まとめて再レビュー(4)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。