2006年06月16日

「内面」はあるのか?-コミュニケーション療育の方法論(6)

今回のシリーズ記事では、「内面はあるのか?」という問題意識から、自閉症児へのコミュニケーション療育への新しい視点を考えてきました。

ここで改めて、前回ご紹介した「世界への働きかけ」の発達マップを見てみます。



「世界にあるもの」に対する働きかけは、モノ→動物→ヒトと進むにつれて、難しく複雑になっていきます。

特にここで注目すべきは、「モノ→動物」の段階です。
「モノ」の段階から「動物」の段階に進むためには、「この世にはこちらから一方的に働きかけるだけでなく、向こうからの反応に対して双方向的に働きかけあうというものが存在するんだ」という発見、「気づき」が必要です。この「気づき」に到達することは、「モノ」だけの世界に生きている発達段階から考えると、非常に大きな飛躍だと考えられます。
そして、この「気づき」があって初めて、「相手から反応が欲しい」という欲求、つまり社会性やコミュニケーションへの意欲が生まれてくるのだと考えられます。
それに比べると、「動物」から「ヒト」の段階というのは、コミュニケーションの中身が高度化するだけで、「モノ→動物」ほどの劇的な飛躍はなく、むしろゆるやかに連続して上がっていくようなものだと考えられます。

自閉症児のコミュニケーションにおけるつまづきとはつまり、この「モノ→動物」の段階の「気づき」に至らず、コミュニケーションの意味や必要性を実感できないままに、「ヒト」の世界に放り込まれているところにあるのではないでしょうか。

だとすると、ここで重要なのは、「モノ→動物」の段階の「気づき」を療育すること、つまり、直接見て知覚できる体験の範囲だけで、世界との双方向的な働きかけに気づけるようなシンプルなコミュニケーション環境を作り、その中で繰り返し双方向的な働きかけを行なうことだ、といえます。

この「動物の段階」の療育を最もダイレクトに導入する方法は、動物を登場させることです。つまりこれが、私の考えるアニマルセラピーの意義です。
ここまでの考え方が妥当だとするならば、アニマルセラピーは、「モノと違って双方向性があるが、ヒトほど複雑でない」というシンプルなコミュニケーション環境をサポートする療育として、合理性があることになります。

アニマルセラピーについては、科学的な部分とオカルトな部分の切り分けも含め、改めてじっくり考えてみたいと思います。
言うまでもなく、動物と関わるだけで「不思議な力で自閉症が治る」などというのはオカルトですし、ここで考えているアニマルセラピーとはまったく違うものです。
ただ、こういったセラピーでしばしば話題になる「不思議な力」、例えばヒトには無関心な自閉症児が動物が相手だと表情豊かに関わりあったりするといった現象は、上に述べたような「ヒトよりもシンプルで分かりやすいコミュニケーション環境」が有効に働いた結果である可能性があるのではないか、と思っています。

誤解していただきたくないのですが、ここでは、単純に自閉症児にはアニマルセラピーがいい、と言っているのではありません。

そうではなく、コミュニケーションスキルが育っていない自閉症児を療育するときに大切なのは、実は「ことば」や「内面」ではなく、むしろそれらから離れた、直接的な働きかけ-反応の連続体を作っていくことにある、ということなのです。

よく言われる、子どもへの「声かけ」も、もちろん大事でしょう。
でも、もっと大切なのは、子どもが「声」の意味がわからなくても、親から「働きかけ」を受けていることに「気づき」、それに反応するとまた別の反応が返ってくることに「気づき」、それが繰り返されることで親とのコミュニケーションの原型に「気づく」ことなのです。

そして、私たちが自分自身に問うべきなのは、自分が自閉症児に対して行なっている「コミュニケーション」は、目で見て、体が触れて、それだけで分かるような直接的な働きかけに満ちているだろうか? 言葉や「内面の伝達」に頼ろうとしていないだろうか? ということです。

さらに、この考え方は、子どもを動物のように扱う、ということでもありません。むしろ全く逆です。
ここで問題にしているのは、子どもから見た「コミュニケーション」が直接的で分かりやすいかどうか、ということです。つまり、「子どもを動物扱いする」のではなく、「あなた自身が動物のように『分かりやすくなる』」ことが求められているのです。視点を裏返さなければならないのです。

現時点では、この視点からのこれ以上具体的な療育法を紹介できるには至っておらず、まだまだ療育の方法論としては未完成です。
既存の療育法の中につながりを見出すとすれば、感覚統合訓練に含まれる「親子の呼応的な動作が含まれる遊び」や、多少言語的な世界に足を踏み入れてしまいますが、「PECS」による要求表現のコミュニケーション療育は、原初的な双方向性への「気づき」を促すことができるかもしれません。

補足:
ちなみに、ここで言っている「直接的な働きかけ」は、俗に言う「ハートでぶつかれ」といったニュアンスとはまったく違います。勘に頼るのでなく、あくまでも、「知識を身に付けた科学的なアプローチ」として、直接的な働きかけを行なわなければならない、と思っています。
posted by そらパパ at 20:43
"「内面」はあるのか?-コミュニケーション療育の方法論(6)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。