2010年08月12日

b-mobileのモバイルルータ買いました。

Twitterをよく使うようになったり、先日の夏休みのように家族で長期外泊したりすると、外でインターネットできる環境が欲しくなります。

そんなとき、一番無難な方法はiPhoneなどのスマートフォンに買い換えることですが、現在使っている携帯電話のしばりもあるし、どちらかというと「スマートフォンが使いたい」という限定的なニーズというよりは、もっと汎用的に「インターネットが使いたい」というのが本来「やりたいこと」なので、モバイルルータ(携帯電話のネットワークを使って外で無線LANを利用できる端末)の購入を検討することにしました。

家電量販店などでは、モバイルルータというとほとんどe-mobileのPocket Wifiか、バッファローのモバイルルータを使ったドコモ回線プランばかりなのですが、これらはモバイルルータ本体も維持費も非常に高く、2年間のしばりの間に払うべきコストは10万円を超えてきます。(よく1円パソコンとかありますが、あれはその後の月額使用料が割高に設定されていて、結局、割引額以上を自己負担することになるだけの、まったく意味のない買い物です。注意しましょう。)

さすがにこんなに高い買い物はできないので、「激安モバイルルータープラン」として有名な、b-mobileのモバイルルータとSIMカードを買うことにしました。
ちょっとびっくりしますが、Amazonで普通に「商品」として値引き販売されていて、普通に買えてしまいます。



bモバイル・WiFi ルータ BM-MF30
bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS
日本通信

両方足して3万円ちょっとですが、これで、自分のものとして自由に使えるモバイルルータと、ネットワーク回線の半年間の使用権が手に入ります。しかも使えるネットワークは、つながりやすさで定評のあるドコモのFOMAネットワークです(ただし、回線速度が300kbpsに制限されています)。これ以外にかかるコストはありません
半年間使い切ったら、クレカ払いで自動更新することも、そのまま使用を止めることも自由です。つまり、モバイルルータ代を別にすれば、月々の使用料は2000円ちょっとと非常にリーズナブルに済ますことができるわけです。


↑届きました。


↑中を開けるとこんな感じです。SIMカードのほうは、はっきりと「docomo FOMA」と書いてありますね。


↑SIMカードをモバイルルータに装着すれば準備完了です。(電話で開通作業をする必要があります)

モバイルルータは、「どこでもつながる無線LANルータ」のように働きます。
つまり、これを携帯していれば、ノートパソコンやiPod Touch、iPadのWifiモデル、Nintendo DSのような、無線LANが使える機器を外出先のどこでもネットに接続できるようになるわけです。もちろん「無線」なので機器に接続する必要はなく、電源を入れてかばんの中に入れておくだけで機能します。

さらに特筆すべきは、このモバイルルータがSIMロックフリーになっていること。これによって、通信キャリアに縛られることなく、さまざまな会社のデータ通信用SIMカードが使えるモバイルルータになっています。今回はb-mobileのSIMカードを買いましたが、これもそういう意味では「さまざまな選択肢」のなかの1つに過ぎず、将来別のSIMカードに切り替えることも可能なわけです。

ともあれ、半年間の使用権を買ったので、まずは半年間、これを使ってみて、使用感などを試していこうと思っています。外出先での無線LAN端末としては、iPod Touchを使う予定です。
posted by そらパパ at 20:28
"b-mobileのモバイルルータ買いました。"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。