2010年08月09日

3た論法から療育リテラシーを考える(4)

インチキ療法にだまされないための基礎的な論理武装としての「療育リテラシー」について、「3た論法」という観点からまとめているシリーズ記事の、第4回です。

「3た論法」とは、以下のような「理屈」で、ある療育法の有効性を主張する、誤った論理構成パターンのことを指します。

「ナントカ療育を試した・良くなった・ナントカ療法は効く!」

前回までで、

(1)そもそも「3た論法」は、因果関係を示しているものではないこと、

(2)「脱落効果」によるサンプリングの偏りが、効果のない療育法を効果があるように見誤らせることがあること、

(3)有効性があるという「結果」は公表され、そうでない結果は公表されないことで効果が過大に評価される「発表バイアス」があること、


についてご説明しました。今回はその続きになります。

実際には効果のない「療法」に効果があるように錯覚するトリックの1つとして、

(4)平均への回帰

というのもあります。

以下の「3た論法」をご覧ください。

「頭が痛い・サプリを飲んだ・頭痛が消えた!」
「下痢気味だ・おなかマッサージをした・下痢が治った!」
「最近パニックが多い・なんとか療法を試した・パニックが減った!」


実は、この3つの「3た論法」は、構造的に非常によく似ているところがあります。それを今回お話ししようと思います。

さて、ちょっと考えてみてください。
これまでの療育に限界を感じ、何か新しい療育を試してみようと思うのは、どういうときが多いでしょうか?

それは端的にいって、「お子さんの状態が悪いとき」ではないでしょうか。
仮に全面的に状態が悪くはないとしても、「寝つきが悪い」とか「おもらしが増えた」など、その時点で(通常より)思わしくない状態にある、何らかの側面を改善したいと感じたときに、親御さんは「新しい療育を試そうか」と考えるのではないでしょうか。

つまり、新しい療育を試してみるときというのは、「お子さん自身の状態が、平均的な状態より悪い状態にある」場合が多いということになります。

急性の病気ではない、慢性病や発達障害などでは、状態は単純に良くなり続けたり悪くなり続けるといったことはなく、状態の「波」のようなものがあり、よくなったり悪くなったりを周期的あるいは不定期に繰り返すのが一般的です。
そして、本来の平均的な状態よりも相対的に「悪い状態」にある場合、確率的にいって、その後の経過としては、「(平均より悪い状態から)さらに悪い状態」になる可能性よりも、「平均的な状態に近づく=相対的にはよくなる」可能性のほうが高くなります

これは、何か見えない力がそうさせるといったオカルト的なことではなくて、平均的な状態よりも良かったり悪かったりという状態は、ある種の「外れ値」状態にあるということなので、その「外れ値」的な状態が続く可能性よりも、「平均」的な状態に移行する可能性が高く、それが相対的な「見え」としては、「悪い状態の後は『良くなる』ことが多く、良い状態の後は『悪くなる』ことが多い」ように感じられる、ということを意味しています。

たとえば、サイコロを何回もふることをイメージしてください。
あるとき、3回連続で「1」の目が出たとします。このとき、サイコロの目の3回平均値は「1」になります。
ここで、続けてあと3回サイコロを振ったとき、ふたたび「1」が3回出る確率は1/6の3乗で約0.5%となります。
つまり、「3回続けて1が出る」という「悪い状態」を基準にすると、「その後の3回」が「それまでよりも良くなる」確率は99.5%もあることになります。

これと同じような意味で、「お子さんの『状態の波』が悪いとき」を基準にすると、「その後のお子さんの状態」が「それまでより良くなる」確率は、50%よりもずっと高くなるということになります。
これも、事前・事後で計測すると、数値で「良くなった」ことを示すことができます。でも、だからといって、その療法に効果があることを必ずしも意味しません

このような、「悪い状態の後は『良くなる』ことが多く、良い状態の後は『悪くなる』ことが多い」ことを、「平均への回帰」と呼びます。

この「平均への回帰」を理解することは、療育リテラシーのなかでもかなり重要なことだと思いますので、他にもいくつか例をあげておきたいと思います。

例えば、「テストの成績が悪かったから塾に通わせる」というケース。
そのテストの結果が実力と無関係に「たまたま悪かった」場合、その次のテストでは「平均への回帰」により、点数が向上する可能性が高いでしょう。
でも、その成績の向上は「平均への回帰」ではなく、「塾に行った効果だ」ということになってしまうでしょう。
ここにも、誤った「3た論法」が生まれます((テストの成績が落ちたから)ナントカ塾に通った、テストの点がアップ、ナントカ塾は効果がある!)。

「平均への回帰」のもう1つの分かりやすい例は、スポーツ選手などの、いわゆる「2年めのジンクス」でしょう。
デビューの年に、たまたま実力以上の成績をおさめた(外れ値的な結果を出した)選手は、2年目はその実力以上の成績を出し続けることができず(平均への回帰)、平凡な成績となり「2年めのジンクス」と呼ばれることになります。
これに対し、本当に実力のある選手は、1年めの好成績も「外れ値」ではないため、2年め以降も好成績を続けることができます。

これは、療育の成果を測るときも、「悪い状態が平均的な状態に戻った」ことではなく、「平均的な状態からさらに良くなって、その良い状態が維持されている」ことを見なければ、「平均への回帰」に過ぎないものを療育効果だと見誤る可能性が高いことを意味しています。

(次回に続きます。)
posted by そらパパ at 19:44
"3た論法から療育リテラシーを考える(4)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。