2010年02月05日

MMRワクチンと自閉症の関連を主張したランセット論文が完全に消えました。

既にこの問題にご興味をお持ちの方は恐らくご存知のとおり、MMR(三種混合)ワクチンと自閉症の関連を示唆した、専門誌ランセットに掲載された有名な論文について、その後の調査の最終的な結論として、ランセットはこの論文を完全撤回すると発表しました。

自閉症「ワクチン犯人説」、英医学誌が撤回
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100204-OYT1T01072.htm
 【ワシントン=山田哲朗】権威ある英医学誌「ランセット」は、はしか、おたふくかぜ、風疹の新三種混合ワクチン(MMR)と自閉症を関連づけた1998年の有名な論文を撤回すると発表した。
 論文自体はワクチンが自閉症の原因だと断定していないが、著者のアンドリュー・ウェイクフィールド医師が記者会見で関連を指摘、ワクチン「犯人説」が独り歩きして、接種を控える動きが世界に広がった。因果関係はその後の研究で否定され、共著者13人のうち10人は2004年に論文の結論を取り下げている。
 英医療当局が1月末、論文が対象とした自閉症児らの中に、予防接種の副作用被害の訴訟当事者が含まれていたことなど、数々の不正や倫理違反を認定した。このため、ランセット編集部は「誤りが明確になった」と撤回を決めた。(2010年2月4日19時53分 読売新聞)

原文を見てみましょう。

(登録が必要なサイトなのですが、未登録でも、今回の発表は最後の「record」以外全て見える状態なので、全文引用しました。)

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2810%2960175-7/fulltext
Following the judgment of the UK General Medical Council's Fitness to Practise Panel on Jan 28, 2010, it has become clear that several elements of the 1998 paper by Wakefield et al1 are incorrect, contrary to the findings of an earlier investigation.2 In particular, the claims in the original paper that children were "consecutively referred" and that investigations were "approved" by the local ethics committee have been proven to be false. Therefore we fully retract this paper from the published record.

論文のseveral elements(あちこち)が「incorrect」(不正)である、とはっきり書かれています。(severalは、「いくつかの」と学校で教えられたりしますが、実際には「多い」ことを強調する単語であり、ニュアンスとしては「いくつもの」のほうがずっと近いです。)

より詳しいここまでの経緯については、より詳しい雑誌系メディア、まとめエントリなどがたくさんあるので、そちらにリンクをはっておきます。
今回のランセットの判断は、(恐らく訴訟への予防線だと思われますが)撤回の理由を倫理面・実験手続き上の不備に限定しているようですが、その背景には、「自閉症ワクチン原因説で訴訟中の利害関係者から資金を受け取っていた」「データ捏造の疑いが強い」「サンプル数がたった12人で、しかもそのうち何人かはまさに訴訟中の親の子どもだった」などの数々の疑惑・スキャンダルがあり、論文そのものがでたらめなものだったと推測するに足る状況証拠が揃っています

http://newsweekjapan.jp/stories/world/2010/02/post-972.php?page=1
「予防接種で自閉症になる」論文のデタラメ -スキャンダル -ニューズウィーク日本版

http://d.hatena.ne.jp/bem21st/20100204/p1
自閉症MMRワクチン原因説のランセット論文抹消。著者Andrew Wakefield氏は医師免許剥奪の可能性も -ベムのメモ帳

http://transact.seesaa.net/article/140087575.html
Lancetが「自閉症とMMRワクチンの関連を示す」論文を撤回した
http://transact.seesaa.net/article/113887944.html
「自閉症とMMRワクチンの関連を示す」論文のデータがフェイクだった by Times -忘却からの帰還

この論文は、日本も含めて、「自閉症ワクチン原因説」をとなえる勢力を拡大させ、そこから派生した各種代替療法を大きく繁栄させる結果となりました。
また、この論文は、ヨーロッパにおけるMMRワクチンの接種率を大きく下げ、それによって社会の「群免疫」を低下させ、結果として多くの子どもに麻疹などを流行させてしまうという副作用を出しました。ある意味、間接的に多くの子どもを殺す結果につながった論文であった、といっても過言ではないでしょう。

ちなみに、これは私も最近気がついたのですが、自閉症ワクチン原因説というのには、今回のMMRワクチン原因説というもの以外に、いわゆるキレーション療法の主張の根拠となっている「チメロサール(ワクチンに含まれる水銀)原因説」があり、予防接種からチメロサールがほぼ取り除かれた最近では、さらに「細胞欠陥説」という、「普通の子どもには無害なワクチンが、細胞に欠陥のある子どもにだけ特異的に自閉症を引き起こす」という、より「検証が難しそうな」仮説が提唱されているという現状にあるそうです。

アメリカでこういった「ワクチン原因説」のような仮説が流行するのは、それによって行政訴訟を起こして賠償を獲得しようというインセンティブが働きやすい社会構造による側面もあるかもしれません。
いずれにせよ、「ワクチンで自閉症になる」という主張は、それが簡単に疫学的に検証できるものであるにもかかわらず、それを支持する著名な研究が今回のランセット論文くらいしかなく、そしてそのランセット論文はひとことでいえば「デタラメ」であり、撤回されたという結末をみても、この主張を支持してワクチン忌避や自閉症キレーション療法を行なう合理的な理由はないと言えるのではないでしょうか。
posted by そらパパ at 20:52
"MMRワクチンと自閉症の関連を主張したランセット論文が完全に消えました。"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。