2009年09月09日

Mママさんの絵カードフリー素材について

今回は情報のご提供です。
当ブログにもコメントをいただいたりしている、アメリカ・カリフォルニア州在住の「Mママ」さんのサイト「絵カードのお店」にて、無償にて利用できる絵カード用のフリー素材が大量に提供されています。



http://picturecardstore.com/
絵カードのお店

こちらのサイトの「フリー素材」のページに、本日現在で以下の素材が、PDF形式で無償にてダウンロード、療育に活用できるようになっています

・感情カード
・時計カード
・マッチングカード
・連続カード
・正解カード
・ひらがな表
・アソシエーションボード
・スケジュールボード
・数字カード
・時計キット


また、Twitterの写真アップロードサイトである「TwitPic」にも、Mママさんオリジナルの絵カード素材が日々アップロードされています。


http://twitpic.com/photos/M_mama

Twitterに登録して、「M_mama」さんをフォローすると、新しい写真がアップロードされたときにタイムラインで確認できます。

これらの絵カードは、絵カードコミュニケーションやスケジュール、マッチング療育用の素材などに活用できると思います。
我が家でも、「感情カード」「時計カード」を大きめに印刷してクリアファイルにまとめて、娘むけの「じかんえほん」を作ろうと思っています。(TwitPicに投稿されたイラストも、同じような「手作りえほん」に使えそうですね)

Mママさんの絵カードは、絵のトーンがどれも同じで統一感がありますし、コントラストが高くなっていて自閉症児むきのデザインになっている印象ですね。
また、こういった絵カードセットでよくある欧米向けのものではなくて、日本向けを意識して作られているのもいいところです。
フリー素材もこれから増えていくとのことですし、サイトでは絵カード320枚をセットにした本格的な絵カードセットの販売等も行なっていらっしゃいますので、一度訪問されてはいかがでしょうか。

※なお、フリー素材などから印刷した絵カードを長く使うためには、ラミネーターでの補強が不可欠です。
 逆に、ラミネーターさえあれば、絵カードを厚紙に貼り付けたりする必要がなく、はがき程度の厚みの印刷用紙に印刷してラミネート加工するだけで、十分強度のある「絵カード」になりますから、絵カード作成の効率がぐっと高まるでしょう。
 絵カード作成用途なら、下記のような家庭向けのA6(はがき)サイズまで対応の小型ラミネーターが、安価で場所もとらずおすすめです。我が家でもこのサイズのラミネーターは絵カード療育の必需品です(^^)。




印刷した絵カードのラミネート加工の手順については、例えばこちらの記事の画像などを参考にしてください。


補足:「時計カード」を少々加工して、「ラベル屋さんHOME」に取り込んで、テキストを追加してみました。



あとは印刷してクリアファイルに入れるか、ラミネーター加工後にリングクリップで束にすれば、娘のおもちゃとして活用できそう。
posted by そらパパ at 20:26
"Mママさんの絵カードフリー素材について"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。