2008年10月20日

ABAの限界について(補足)

今回のシリーズ記事は前回までの3回分で一応終わっているのですが、ちょうど連載中に「そだちの科学11号」のレビューを行なったこともあって、少し補足しておいたほうがいいかなと思う点があったので、書こうと思います。

今回の記事での結論を簡単にまとめると、「ABAには大きく2つの限界がある。1つは、「脳と活動の発達」のような典型的な複雑系の事象においては、還元主義的なABAのモデルは限界が見えやすいこと、そしてもう1つは、療育というのは子どもと養育者との相互作用そのものであり、ABAでは無視せざるを得ない『相互作用による養育者側の変化』が実際には極めて重要であることだ」ということでした。

これ、内容を表面的に追っていくと、「よくわかる自閉症」や「そだちの科学11号」などで小林隆児氏が展開している「関係発達臨床」説における問題意識とかなり近いように映るのではないでしょうか。
彼もまた、自閉症の臨床にあたっては「発達」と「母子関係(これはちょっと表現として狭すぎだとは思いますが)」にこそ注目しなければならず、ABAなどの方法論はこれらを無視しているため適切ではない、という立場を表明しています。

でも、この一見似ているように見える、私の立場と小林氏らの立場は、やはり根本的に異なっているのです。

今回のシリーズ記事で書いた私の立場というのは、次のようなものだからです。

・ABAは自閉症の療育の相当に大きな領域をカバーしており、極めて有効である。
・しかし、ABAではカバーしきれない領域があるのも事実である
・ABAの方法論は、その限界をふまえて応用する限りは適切なものである。
・「ABAがカバーできない領域」に対する有効な方法論は、残念ながら今の時点では存在しない。
・ABAが万能だと考えるのは危うい。ABAは限界をふまえて有効活用するとき最大の効果を発揮する。


これに対して、私が理解する、小林氏らの立場とはこのようなものでしょう。

・ABAは自閉症の療育における本質、中核的要素を無視している。
・したがって、ABAの方法論自体が自閉症療育にとって不適切である。
・自閉症の臨床は、すべからく「関係発達」の視点から出発すべきである。
・自らが提唱する「関係発達臨床モデル」に基づく働きかけが、自閉症療育の基礎を形成する。
・ABAのようなやり方に頼ること自体が危うい。ABA的方法論から「脱却」することが肝要である。


つまり、ABAの有効性を認めたうえで、さらにその先にある「ABAの限界を超えた療育」を志向するのが私の立場だとすると、ABAの適切性を認めず、かつ自らの「関係発達臨床モデル」が自閉症療育を基礎から構築できる(すべし)と考えるのが小林氏らの立場だ、と言えるのではないでしょうか。

私は、小林氏らのいう「関係発達臨床モデル」については、「壮大なトートロジー(同語反復)」「解釈のあとづけ」に過ぎず、再現性・検証(反証)可能性のない、実際の療育に対して有効性が期待できるような方法論だとはとても言えない、と否定的に評価しています。

小林氏らが指摘するような領域に、方法論としてのABAの限界があるのはそのとおりでしょう。ですからその点については、表面的には私の立場と小林氏らの立場との間に通ずる部分もないわけではないのだと思います。

でも、どんなにABAが「無視しているように見える」領域がたくさんあったとしても、現実(エビデンス)として、ABAが自閉症の療育に確実な一定の成果を上げていることも事実です。その事実を無視して、ABA的な方法論からまったく遊離した「自閉症のモデル」を実証なくABAを実証なく批判しても、それはフェアなやり方だとは言えないのではないでしょうか。
統制された実験によって、ある条件下(ないしある領域)では安定してABAよりも自分の提唱する方法論のほうが優れている、有効だというエビデンスを示せない限りは、そのモデルに「臨床的な意味での」存在価値があるとは言いにくい、と私は考えます(そう考えてみると、「臨床」心理学が、観念的に構築された理論とエピソードの収集に傾倒し、なぜか「臨床効果」をかっちりと検証して示そうという傾向が強くないことは、ある意味驚くべきことなのかもしれません)。

それこそ、現に待ったなしで子どもに対応しなければならない私たち当事者としては、そんなもので「営業」に来られても、「ABAで間に合ってます(役に立つという証拠が出たら、マニュアルを作って、それから来てください)」という反応にならざるを得ないわけです。

大切なことは、いまここにある「はしご」では高さが足りなくて、屋根の上にまでは登れないと分かったときに、そのはしごを捨てて空中浮遊術をマスターしようとするのではなく、とりあえずはその(限界はあるけれども一定の高さまでは登ることのできる)はしごとしっかりと捨てずに使いながら、いつか屋根に登れるよう、少しずつはしごを改良したり高さのある足場を作っていくような、地道な努力を重ねていくことなのではないか、と思います。
(「そのはしごはまやかしだ」と主張する方向性もアリでしょうが、だとすればそれはそれで、まやかしであることを明確に実証して欲しいわけです。)

繰り返しになりますが、こういった分析系の人たちの「目のつけどころ」は、そんなに間違っていないと思うのです。人間機械論的なABAを盲信するのが危ういといった辺りの問題意識も、けっこう共有できるんじゃないか、とも思っています。
でも、それにしても、いま出されている「対案」は脆弱すぎて、本当の意味で役に立つ「臨床」心理学にはなっていないんじゃないか。そう感じているわけです。

ABAは叩かれて叩かれて、それでも生き残っていまの姿がありますABAを乗り越える「対案」があるとすれは、それは当然、ABA以上に「叩かれて」も、しぶとく生き残れるだけの「強さ」を持っていなければいけないはずです。ちょっと叩いたら潰れてしまうものや、そもそも「叩けない(反証できない)」ものは、ABAの「対案」になるにはあまりに力不足なのではないか、と思わずにはいられないのです。
posted by そらパパ at 21:52
"ABAの限界について(補足)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。