2005年12月16日

睡眠障害を克服する

たまたま、妻のブログで寝不足の話が出ているようですので、関連する話題ということで睡眠障害について書いてみたいと思います。

以前も書いたとおり、日々の療育に追われながらも、家族が楽しく毎日を暮らし、家族のQOL(生活の質)を維持するためにもっとも大切なことの1つは、睡眠だと思っています。

毎日十分な睡眠が取れれば、いろいろな困難を乗り越えていけるだけの精神力も維持しやすくなりますし、気分も落ち着き、家の中の雰囲気も穏やかなものになると思います。逆に、睡眠時間が不十分だと、精神的に疲労困憊してしまい、子どもや家庭の将来についても後ろ向きに考えがちになるだけでなく、免疫力も落ちてしまい、病気さえかかりやすくなりかねません。

自閉症児に睡眠障害が多いというのはよく知られた事実ですが、それによって家族の睡眠がおびやかされているとすれば、他の課題やトレーニングよりも優先して、睡眠障害の克服に取り組んでもいいのではないかと思います。

理由は、大きく分けて3つあります。

第一に、これは繰り返しになりますが、睡眠時間を確保することは家族のQOLを維持するための最優先事項の1つだということ。
それによって生まれやすくなる、「明るく楽しい家庭」こそが、何よりも先に子どもに与えたいものだと言えるのではないでしょうか。

第二に、子どもにとっても睡眠時間の長さが脳の発達と関係があると考えられること。
睡眠とは、簡単に言えば、脳を休ませることです。ところが、最近の研究では、睡眠によって脳はただ休んでいるだけでなく、起きている間に学んだことを記憶として定着させるという活動を行なっていることが分かってきています。また、子どもの心身の発達に必要な成長ホルモンも、睡眠中に多く分泌されます。
我々は、療育によっていろいろなことを子どもに学習させようとしています。その学習を促進するのが睡眠だとすれば、あらゆる手を尽くして子どもによく眠ってもらうことも、大きな効果が期待できる療育プログラムの1つだと考えることができます。

参考リンク:http://www.in-time.jp/feel/colum02.html

第三に、親にとっても、睡眠を十分にとり、頭脳明晰な状態を維持することが、療育をすすめるにあたって必要だということ。
実際、行動療法のトレーニングをやってみると実感しますが、例え15分のトレーニングであっても、精神的にはかなり疲れます。こういった「知的な作業」である療育メニューを毎日きちんとこなしていくためにも、十分な睡眠は不可欠でしょう。

さて、睡眠障害を克服するための我が家の取り組みを簡単にまとめます。
うちの娘も、1歳前半くらいまでは睡眠障害が強くありました。夜は12時過ぎまで寝ないし、ちょっとした刺激ですぐ起きてしまい、夜中に何度も目覚めて泣いていました。我々、特に妻はかなり参っていました。
それでも、睡眠障害を克服するには近道はないだろう、ということで、王道だとは思いますが、こんなことをやりました。これが絶対ということはないと思いますが、参考になれば幸いです。

1) 規則正しい生活をさせる。
  朝、早朝に起きても寝室から出さず(寝室内で遊ばせておく)、遅くまで寝ている場合は泣いても起こすようにしました。また、昼寝が長すぎる場合はタイミングを見て起こし、夕方遅く以降は昼寝をさせないようにします(無理に起こしておく)。
  食事の時間などもできるだけ毎日同じ時刻にしました。
  夜なかなか寝なくても、朝いつもと同じ時間に起こし、長すぎる昼寝もさせないようにすると、その次の夜は比較的よく寝てくれるようになりました。

2) 運動させる。
  運動して疲れれば自然によく眠るようになるだろうと考えました。
  1日中家にいるという状況はできる限り避け、平日は近所を散歩させたり、休日は公園にでかけて走り回らせたり、ベビーカーにはできるだけ乗せないようにするといった工夫をしました。家の中にも運動のできるジムなどの遊具を、狭い家の中ですが何とか無理して置きました。

3) 感覚統合に取り組む。
  夜中に目がさめやすいのは、もしかすると音や皮膚の刺激などに過敏なためではないかと考え、感覚統合的な療育を重視しました。
  上記の「運動」とも関係しますが、子どもが怖がりすぎない範囲をうまく見極めながら、タカイタカイやバランス遊び、布を巻きつける遊びなどで一緒に遊んだり、ジムなどの体全体を使う遊具を置いたりしました。また、にぎやかなところも含め、いろいろな場所に出かけ、「日常の音や環境」に少しでも慣れてもらおうとしました。

4) 寝ている間の刺激を最小限にする。
  寝ている間はできるだけ子どもが起きてしまうような余計な刺激を与えないようにしました。
  子どもの寝室として静かな部屋を選んだのはもちろん、寒すぎたり暑すぎたりしないように寝室のエアコンもある程度ぜいたくに使い、さらに朝日で早く目がさめてしまわないよう、すべての窓に遮光カーテンをつけました。
  ちなみに、最後のアイデア(遮光カーテン)は、療育での家族面談で担当医から指摘され、絶大な効果があったものです。
  それまで、寝室は和室のため窓は障子張りで、カーテンはつけていませんでした。子どもが毎朝6時頃に起きてしまうことを相談したところ「朝そのくらいの時間から部屋が明るくなりませんか?」と聞かれ、なるほどと気づきました。障子の手前にさらに遮光カーテンをつけ、それを閉めて寝るようにしたところ、7時、8時まで平気で寝るようになり、子どもの機嫌もよくなりました
  同じ理由から、寝るときはできれば豆ランプなどをつけず、真っ暗にしたほうがいいと思います。うちの娘は、今は真っ暗になると気持ちの切り替えができるようで、多少寝るのをぐずっていても、あやしながら真っ暗にすると、程なく眠ってくれるようになっています。

5) 子どものサイクルに合わせる部分は合わせる。
  重い自閉症の子どもに対して、「普通」を強制しすぎないことも大切だと思います。社会が受け入れないような行動は管理しなければなりませんが、社会的に問題にならないこと、許容されることを無理に規制することは、「普通」とは異なる感覚、異なる特性をもった自閉症児にとって、大きな苦痛になる可能性もあります。
  睡眠についても同様で、家族が負担を感じない睡眠サイクルができれば、それが多少「普通」ではないとしても、それを受け入れ、維持していく方向に切り替えていいと思います。
  我が家の娘も、夜11時まではまず寝ません。昔は12時を回っていたのでそれよりは多少早くなりましたが、これも娘に強制して早くしたのではなく、自然とこの時間に落ち着いてきました。現状で家族も本人もうまく回っていますので、この状態を維持していくことが現在の目標です。例えばこれを9時にしようとか、そういうことは考えていません。
posted by そらパパ at 23:41
"睡眠障害を克服する"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。