2006年07月07日

RDI「対人関係発達指導法」(ブックレビュー)(1)


RDI「対人関係発達指導法」―対人関係のパズルを解く発達支援プログラム
著:スティーブン・E. ガットステイン
クリエイツかもがわ

1 アイザックの場合
2 経験共有について
3 自閉症―経験共有を知らない人生
4 対人関係発達指導法 RDI(Relationship Development Intervention)
5 指導にあたっての原則
6 レベル1 人間関係の基礎をつくる
7 レベル2 大人の行為を見習いはじめる
8 レベル3 パートナー(仲間)として共に活動する
9 レベル4 この世界を共有する
10 レベル5 心を分かちあう
11 レベル6 本当の友だちになる
12 おわりに

先日、プレ・レビューしていた本書ですが、ようやく本レビューが書けそうです。
ボリュームがかなり大きくなってしまったので、3回に分けて書こうと思います。
プレ・レビューとあまり内容がかぶっていないので、そういう意味では記事4回分の大ボリュームのレビューになりました。それだけ、本書に込められた私の潜在的期待は大きい、とご理解ください。

でも、この本、やっぱり評価が難しいです。
書いてあるとおりに読むと、かなりトンデモ本だと言わざるを得ないのです。
でも、読者の側で内容を再構成して読めば、かなり意欲的で、しかも新しい可能性を示した療育モデルだ、とポジティブに評価することができます。特にアスペルガー症候群のお子さんにとっては、大きな効果が上がることも十分に期待できます。

この記事では、本書がある種の「トンデモ本」になってしまっている理由と、私の考える「本書の再構成のしかた」を中心にレビューしたいと思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

RDI「対人関係発達指導法」(プレ・ブックレビュー)


RDI「対人関係発達指導法」―対人関係のパズルを解く発達支援プログラム
著:スティーブン・E. ガットステイン
クリエイツかもがわ

1 アイザックの場合
2 経験共有について
3 自閉症―経験共有を知らない人生
4 対人関係発達指導法 RDI(Relationship Development Intervention)
5 指導にあたっての原則
6 レベル1 人間関係の基礎をつくる
7 レベル2 大人の行為を見習いはじめる
8 レベル3 パートナー(仲間)として共に活動する
9 レベル4 この世界を共有する
10 レベル5 心を分かちあう
11 レベル6 本当の友だちになる
12 おわりに

どうやらこの本のレビューを待っている方がけっこういらっしゃるようです。
その期待にお応えして?早くレビュー記事を書きたいところですが、現在、一度全体を読んで、2回目の読み込みをやっている最中で、まだ最終的なレビューが書ける状態にはなっていません。

ただ、この「2回目」が終わるのはもう少し先になりそうなので、現時点でのファースト・インプレッション的なレビューを「プレ・レビュー」として書いておきたいと思います。

ちゃんと読んで、評価がより固まったら、あらためて本レビューとして書き直したいと思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

PECSカードでスケジュール

我が家のPECSはフェーズ3(いろいろなカードを、いろいろな場所で使う)で止まっていて、「2語文にする(2枚以上のカードを使う)」というフェーズ4には入っていません。
理由については以前一度書きましたが、今のところ、フェーズ4の複雑な構文を娘に求める必然性が見出せていない、というのが最も大きいです。

私は、「フェーズ3の次のステップ」はフェーズ4ではなく、「PECSのスケジュールへの応用」だと思っています。

PECSの絵カードをスケジュールの提示に使うことは、それまで「自分の要求を表現する」という限られた用途だけに使われていた絵カードを、「自分にとって役に立つ情報を手に入れる」という別の形態で利用することを意味します。
これは、絵カードをより柔軟に幅広く使いこなすという観点からも、意味のあることでしょう。

さらに、スケジュールであれば2枚以上の絵カードを使うこともまったく自然ですから、フェーズ4以降に進むための「複数のカードを同時に使う」ことの準備にもなるのではないかと期待できます。

(なお、PECS入門書である「A Picture's Worth」でも絵カードによるスケジュール表は大きく取り上げられています。)

さて、そんなわけで、スケジュール用の絵カードを作ろうという思いは早くからあったのですが、スケジュール用絵カードとしては非常に重要だと思われる「療育」の絵カードが写真がないために作れず、作業が停滞していました。
そこで、先日、療育に参加したついでに、センターの外観写真を撮ってきました。
これで、ようやく一通りの素材が揃ったので、さっそくスケジュール用のPECS絵カードを制作することにしました。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 23:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

あなたが育てる自閉症のことば(ブックレビュー)

gengokunren.jpg

あなたが育てる自閉症のことば 2歳からはじめる自閉症児の言語訓練―子どもの世界マップから生まれる伝え方の工夫
著:藤原 加奈江
診断と治療社

長いタイトルだ(笑)。

まあくんママのブログで紹介されていたのを見て、そちらからAmazonで買わせていただいた本。

よくよく考えてみると、自閉症児の言語訓練を真正面から扱った本は、けっこう珍しいですね。
自閉症を克服する」には結構多めのボリュームでことばを教える章が設けてあるけれども、いきなりごほうびで音声言語をしゃべらせようというかなりムチャな方法(我が家では失敗しました)が取られています。
後は専門書に片足突っ込んでしまいますが、「応用行動分析学入門」くらいでしょうか。

自閉症児はたいていことばの問題を抱えているのに、それを療育するガイドブックが少ないのは、それが非常に複雑な問題をはらんでいて、一般論として書くことが難しいからだと思います。

それに対して本書は、イラストを多用し、親しみやすい文体でありながら、自閉症児のことばの療育がなぜ難しいのか、その背景にまで踏み込んで非常に深いところから自閉症児のことばの問題を解きほぐそうとする、一般書とは思えない意欲的な本になっています。甘く見るとヤケドするくらい?熱い本です。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 00:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

PECS:「今はだめ」を教える(2)

PECSのトレーニングの中で親が取り組まなければならない1つのチャレンジとして、「PECSで要求してきた子どもに、『今はだめ』と答える」というものがあります。

前回、いくつかのヒントとなるやり方をご紹介しましたが、1つのポイントは、やり方に一貫性を持たせるということです。
あるときはことばで「だめ」といい、あるときは「だめ」というボードにカードを貼り付けるといった混ぜこぜのやり方では、子どもを混乱させてしまいます。

もちろん、後であげるときにはスケジュール表に貼り、なくなったからあげられないときは空の容器を見せ、どちらでもないときは「だめ」というボードに貼るといったように、状況ごとに違うやり方を「一貫して」適用するのは問題ありません。

そして、もう1つ、これはPECSならではの禁止事項があります。
それは、与えたくないからといって、そのカードを隠す、取り上げるということは、決してしてはならないということです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

PECS:「今はだめ」を教える(1)

PECSは、これまでご紹介してきたとおり、要求をコミュニケーションするところから始めます。

すると、必然的に考えなければならないのが、「要求してきたときにそれを渡せない・渡したくないときにどうすればいいか?」という問題です。

この問題についても、PECSでは明確な立場を表明しているので、ご紹介したいと思います。
個人的には、PECSのこの考え方には、ちょっと「目からウロコ」でした。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

PECS:フェーズ4以降についての私見(2)

前回、PECSのフェーズ4で導入される「二語文」について、子どもにとっての必然性が感じられないという話をしました。

それでは、健常の子どもが一語文から二語文に移行するときには、どのような「必然性」があるのでしょうか。
それを考えれば、PECSの「フェーズ4問題」も解決するかもしれません。

通常の言語発達がどのように進むのか概観すると、どうやら一語文から二語文になるきっかけは、大きく分けると2つあるようです。

1つは、動詞の導入による要求と叙述(マンドとタクト)の区別です。
いままで「みかん」で済ませていたものを「みかん、チョーダイ」と言うようになるというものです。そして、ただ「みかん」と言った場合の意味は、絵本や店頭を見て「みかんがあるね」という、叙述に限定されていきます。

これは、健常の子どもの場合、ことばの獲得の前から指差しや共同注視によって叙述のコミュニケーションが出てくるので、ことばが出てきた段階で、「みかん」という一語文が「みかんがほしい」という要求の意味と「みかんがある」という叙述の意味、両方を既に持っていることが関係していると思われます。
この2つを区別して、みかんが欲しいときには確実に手に入れられるように「みかん、チョーダイ」ということばが「必然的に」発達してくるのでしょう。

ところが、これがPECSの場合だとうまくいきません。「一語文」に相当する「カードを渡す」という行為は、100%要求表現として扱われているので、わざわざ「ください」のカードを足して二語文にする必然性が生まれないのです。

指差しなどの前言語的な叙述表現を子どもが表現するのであれば、それを伸ばしていってPECSの二語文につなげることも考えられますが、叙述の指差しができる子どもなら、PECSを導入しなくても音声言語が出てくる可能性が高いようにも思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

PECS:フェーズ4以降についての私見(1)

前回のPECSの導入プログラム(シリーズ記事「PECS導入」参照)では、いわゆるPECSのフェーズ3までしか説明していません。

実際には、PECSの導入フェーズには6段階あり、フェーズ4以降は次のような課題が設定されています。

フェーズ4:文章を作る
 センテンスストリップを使い、複数のカードを組み合わせた「文章」を作ることを教えます。
フェーズ5:質問に答える
 ここまで自発的要求を重視してきたPECSですが、この段階にきて初めて「何が欲しいの?」といった質問に、カードを選んで文章を作ることを教えます。
フェーズ6:叙述を教える
 ABAでいう「タクト」、つまり、要求ではなくて「○○があります」「○○が見えました」といった叙述の文章を作ることを教えます。

ただ、このブログでは、この後半の段階についての解説はしばらくしない予定です。

理由はいくつかあります。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

PECSことはじめ(5)

PECSのフェーズ2では、コミュニケーションブックを活用して、「より自然な状況」でも、絵カード交換による要求表現ができるように、主に「距離」を拡張するというトレーニングを行ないました。

次のフェーズで、要求表現に関するPECSのトレーニングはひとまず完成です。もうゴールが見えてきました。「コミュニケーションを教える」って、こんなに簡単にたどりつける目標にもなるんですね。
もちろん、ここまでのフェーズで教える内容は、コミュニケーションスキル全体からすればごくごくわずかな部分かもしれませんが、それでも、「直接欲しいものに手を伸ばす」「欲しくてパニックする」ことしかできない段階から考えると、「カード」という抽象的な道具が間に入るだけで、認知構造の変化としては飛躍的な進歩だといえます。
小さいけれども、大きな、大きな一歩だと言えるでしょう。

第3フェーズ:カードを選ぶ

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

PECSことはじめ(4)

PECSのフェーズ1について、少し補足しておきます。

1つは、フェーズ1で選んだ「子どもの好きなもの」は、フェーズ1を開始して以降は、常にカード交換によってのみ手に入るようにすることです。

たとえば、我が家のように「みかん」を対象にしたとすると、家でみかんを与えるときはすべてカード交換をしてから与えるようにします。
また、外出先でみかんを食べる可能性があるときは、みかんカードを携帯し、やはりカード交換をさせてから食べさせるようにします。
そうしないと、子どもにとって、みかんを食べるのにカード交換が必要だったりそうでなかったりすることになり、混乱させてしまいます。

もう1つ、これはPECS本の中で推奨されているのですが、フェーズ1の開始時点では、カードを受け取る人とプロンプト(動作の手助け)する人は別のほうがいいと説明されています。

つまり、カードを受け取って、子どもの「欲しいもの」を与える役以外に、子どもの背後にいて、子どもが「欲しいもの」に手を伸ばした瞬間に、さっと後ろから子どもの手をつかみ、カードの方に誘導して、カードを渡すというプロンプト(手助け)する役の人をもう1人使うのです。
これには、1人目が「欲しいもの」を片手に持ち、もう片方の手でカードを受け取ろうとすると、プロンプトする手が物理的に足りない、という理由と、プロンプトする人を子どもの視界に入れないことで、余計な視覚的刺激を減らし、子どもの「カードを取る」という動作をできるだけ早く自発的に行なわせようという理由があります。

プロンプトする人は、配偶者でもいいですし、兄弟でもかまいません。やがて、子どもは自主的にカードを渡すようになるでしょうから、そうなればプロンプトするほうの人はいらなくなります。
また、そうは言っても「2人目」がいない場合もあると思いますが、そういった場合は、「欲しいもの」を、見えるけれども子どもの手の届かない場所に置くなどして工夫し、1人でトレーニングしてもまったく問題はありません。

子どもが、プロンプトなしで自らカード交換をするようになったらフェーズ1はすぐに終了、フェーズ2に入ります。

第2フェーズ:PECSの使用を拡張する

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

PECSことはじめ(3)

さて、「子どもが自発的に欲しがるもの」が1つ決まったら、その「もの」を表すカードを作ります。



カードの作り方は、別の記事にゆずりますが、「どうしてもこうしなければならない」というやり方があるわけではありません。ポイントは、子どもにとって、見つける・持つ・渡すといった扱いがしやすいサイズ・形であることと、一定の耐久性があることくらいです。

そして、実はそれより大事なことがもう1つあります。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

PECSカードを作る(2)

PECSカードの作り方の続きです。

作ったカードを、ラミネート加工します。市販の、A6サイズ(ハガキサイズ)に対応したラミネーターという機械と、カードサイズに対応したラミネートフィルムがあれば、加工できます。


↑ハガキサイズ対応ラミネータとラミネータフィルムの例です。こちらは安価な100ミクロンフィルム対応機になります。

ラミネート加工についても写真を用意してみました。

まずは、こんな感じでラミネートフィルムに印刷したカードをはさみこみます。



続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

PECSカードを作る(1)

今回は、PECSそのものではありません。

PECS用の絵カードを作る手順を、写真で簡単にまとめてみました。
PECSに限らず、絵カードを療育に活用しようと考えている方にとって参考になるかもしれません。

なお、今回のやり方は、「A Picture's Worth」に掲載されている白黒写真や、PECS商品販売サイトの写真などを参考に作成したものなので、「本家」とはちょっと違っているかもしれません。

今回は、デジカメ写真から、名刺サイズの2/3くらいのサイズの絵カードを作る方法をご紹介します。
ちなみに、「本家」では、1辺1.75インチ(4.45センチ)が標準サイズで、学童児や成人向けには1インチ(2.54センチ)という小型サイズもあるようです。今回作る、名刺サイズを基準にしたカードは1辺が5.5センチ+ラミネートの外辺となりますから、それよりやや大きめになります。



写真を撮るときは、対象物が背景にまぎれないように注意してください。白い背景や、何もないフローリングの上にものを置いて撮影するといいと思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

PECSことはじめ(2)

いよいよPECSのトレーニングについて書きたいと思います。

PECSが通常のABAと比べて特によくできていると思うのは、この「導入」の部分です。
思い立ったらすぐ開始できますし、すぐに結果が出て子どもも欲しいものが手に入るのでパニックも起こりません。
家庭で始める療育としては、最初のハードルが非常に低いというのはとても好ましい特性だと思います。

第1フェーズ:コミュニケーションをはじめる

PECSを始めるための前提条件として、次の2つがあげられます。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

PECSことはじめ(1)

これから何回かにわたって、自閉症児のためのコミュニケーション支援療育プログラムである「PECS」の実施アイデアについて書いていきたいと思います。

とはいえ、PECSそのものについては私も↓以外にはまだ十分な情報が得られていないので、内容はこの本をベースに、私なりに整理したものになります。


A Picture's Worth : PECS and Other Visual Communication Strategies in Autism
著:Andy Bondy, Lori Frost
Woodbine House (2001)

PECSとは、Picture Exchange Communication Systemの略で、直訳すると「絵カード交換によるコミュニケーション体系」とでも呼べるでしょうか。要は、絵カードを使って、自閉症児の日常のコミュニケーションスキルを伸ばしていこうという療育プログラムです。

ちなみにPECS自体は、自閉症児の療育のあらゆる側面をカバーするのではなく、あくまでもコミュニケーションスキルを伸ばす部分だけに的を絞ったプログラムです。(PECSの発案者によって、Pyramid Approach と呼ばれる、より全般的な教育プログラムが提供されていますが、これは一般的なABAプログラムのようです。詳しくはこちらを参照してください。)

PECSも、いわゆる早期集中介入などと同様に、行動療法(ABA)の方法論をベースとして学習を進めていく療育法なのですが、目指す方向性が(早期集中介入とは)全く違います
そしてそれこそが、私がPECSにおおいに注目しているポイントなのです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

強化子ベースの切り替え指導(2)

スケジュールを視覚化して見通しをつけさせても、場面切り替えに抵抗してしまうケースに対してどのような方策が考えられるでしょうか。

今回の事例では、教室でクレヨンで絵を描いている自閉症児に「グラウンドに出なさい」という指示を出すのですが、自閉症児は抵抗を示し泣いてしまいます。その後、やっとグラウンドでボールで遊びだした頃には、再び「教室に戻りなさい」という指示を受けてまた泣くといった具合です。
(これはことばによる指示に限定されません。視覚化されたスケジュールに貼られている、グラウンドの絵カードを指差して指示する場合でも問題の本質は変わりません。)

何が問題なのでしょうか?

ここで出てくるのが、ABAにおける機能分析という考え方です。
つまり、場面切り替えの指示が自閉症児に対してどういう機能を持っているか(自閉症児にとって、どういうメッセージとして受け止められているか)、を考えます。

この考え方に立って再考してみると、「外に出なさい」、あるいは「教室に戻りなさい」という指示は、この自閉症児にとっては、実は表面的な意味とはまったく違う機能(意味)を持っていることにはたと思いつくのです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

強化子ベースの切り替え指導(1)

引き続き、PECS(絵カードコミュニケーション)の本、「A Picture's Worth」を読んでいます。
ひととおり最後まで目を通したので、改めてじっくり読んでいるところです。内容についてのご紹介記事も、徐々にこのブログに書いていきたいと思います。

全体的には、とても読みやすい本です。ページ数も150ページ程度ですので、自閉症、特にABAに親しんでいる人にとっては、比較的容易に読みこなすことができると思います。
せっかくなので、本書によく出てくる重要単語などを備忘録も兼ねて整理しておこうと思います。

aggressive early intervation 早期集中介入
applied behavior analysis 応用行動分析(ABA)
autism 自閉症
Braille 点字
cue 手がかり
entice 誘導する
imitate 模倣する
initiate (行動を)起こす
reinforce (reinforcer) 強化する(強化子)
rewords 報酬、ごほうび
sibling 兄弟姉妹
Speech-language pathologist 言語療法士
spontaneous 自発的な
tantrum かんしゃく
transition 場面の切り替え


さて、この単語一覧の最後にある「transition」、場面の切り替えについて、すぐにでも役に立ちそうなアイデアが本書に掲載されていたので、ご紹介したいと思います。

このアイデアは、単なる特定の状況への対応に留まらず、PECSの背後にある「コミュニケーション観」と「理論的バックグラウンド」が明確に現れたものでもあると感じています。
さらには、ABAとTEACCH、あるいは理論と実践の両方のいいところを融合させるとはどういうことなのかを具体的に示したものにもなっており、私が療育で目指していきたい方向性と完全に合致しています。

さて、「場面切り替えのアイデア」の話に戻ります。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

我が家のみかんカード

最近、ちょっと療育論的な話が多くなっているので、我が家で実践している療育の一例として、これまでに何度か触れている、PECS(絵カード交換コミュニケーション法)もどきの「みかんカード」の作り方、使い方をご紹介したいと思います。

mikan_1.jpg
我が家で実際に使っているみかんカード

これがそのままどこのご家庭でも使えるというわけではないと思いますが、カード作りという意味も含め、参考になれば幸いです。

カード作りに使ったものは、デジカメ、カラープリンタ、ラミネーター、ラミネートフィルム、マグネットシートです。

まず、デジカメでみかんの写真を撮ります。余計な背景を入れないように、白い紙の上などで撮影します。
次に、PCで加工後、プリンタで印刷します。我が家では、現在はL判写真サイズにしています。(かなり大きめ?)
気休めにしかならないかもしれませんが、写真のそばに「みかん」と文字も書いてあります。

次に、ラミネーターを使って印刷した写真をラミネート加工します。

葉書サイズ対応ラミネータ TLH-110 
ラミネータ TLH-110
¥4000程度

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

DVD付の手あそび本2冊(レビュー&実践のすすめ)



みんなの手あそびうた DVDつき
著:阿部 直美
主婦の友社

DVD収録曲
むすんでひらいて~おおきなくりのきのしたで~いとまき(メドレー)
いっちょうめのドラねこ
くいしんぼゴリラのうた
ずっとあいこ
ちゃちゃつぼ
ならのだいぶつさん
まちがえちゃうね
たまごのうた
うさぎさんよくみてね
あたまかたひざポン



teasobi.gif

手あそびうたブック―DVDとイラストでよくわかる!
永岡書店編集部


私がオリジナルDVDを制作することにしたのは、「うたを歌っている姿(特に口もと)に集中できる、余計なものが映っていないDVD」が探してもどうしても見つからなかったからだ、と以前書きましたが、ここへきて、そういった要望に近いDVDつきの本が相次いで発売されました。

日々の療育のネタ本として、かなり使えそうなので、紹介したいと思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

認知発達治療の実践マニュアル(ブックレビュー)

ブックレビューではありますが、読むだけでなく、実践することを前提としたご紹介です。

otastage.gif


認知発達治療の実践マニュアル―自閉症のStage別発達課題 自閉症治療の到達点2
著:太田 昌孝、永井 洋子
日本文化科学社

とても高いです。値段だけみると、完全に専門書の領域に見えます。
また、以前ご紹介した自閉症児の発達単元267」と、装丁も、ちょっと見た内容の印象も、さらに値段も似通っていて、どちらがいいか迷ってしまうかもしれません。「どちらでもOK」と書いてある紹介ページも多いですね。

でも、この「そらまめ式ブログ」では、思い切って、この「認知発達治療の実践マニュアル」の方を明確におすすめしたいと思います。理由を以下に書きたいと思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。