2010年03月30日

井上雅彦先生の、期待のABA新刊!

なんか、花風社の近刊の話題ばかりが出ていますが、記事をお読みいただければ分かるとおり、私自身はこの本に期待しているわけではありません

ですから、この本の話題ばかりがブログのトップにあるのは私としても(期待度とのバランスからいって)気持ち悪いので、私がいま注目している、期待の新刊についてご紹介しておきます。

http://aba.jugem.jp/?eid=574
「家庭で無理なくできる」の続編

当ブログ殿堂入りしている、井上雅彦先生の「家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46」の続編、「家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30 自閉症の子どものためのABA基本プログラム2」が、4月に刊行される予定だそうです。


↑こちらが新刊です!

既に出ている1冊めは、家庭でのABA療育入門の決定版ともいえるもので、「ハードなトレーニング」という印象をもたれがちなABA療育を「家族が楽しんでやるものです」と明確に再定義し、具体的にそのやり方をアドバイスする画期的な内容でした。

2冊目の「コミュニケーション編」は、つみきの会の藤坂氏との共著ということで、もしかすると「ハードなトレーニング」色が若干強まるのかな?という心配もありますが、ABAによるコミュニケーション療育を体系的に(しかも家庭療育レベルで)まとめた入門書というのはあまり見たことがないので、とても期待できそうです。

この本については、リリースされたら絶対にレビュー記事を書こうと思っていますので、よろしくお願いします!


↑こちらは既刊の「生活・学習課題」編。当ブログ殿堂入り。(レビュー記事
posted by そらパパ at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

殿堂入り本「みんなの手あそびうたブック」が増補改訂されました。

今日、書店で発見したのですが、当ブログで「DVDつきの手あそび本」として、療育にもぴったりということで殿堂入りさせている「たのしい手あそびうた DVDブック」(レビュー記事はこちら)が、増補版に改訂されていました


↑こちらが、これまでの本。


↑そしてこちらが、「増補版」です。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

そらまめ式絵カード療育法 (14)

今回で、「要求のコミュニケーション」は最終回です。

4.要求のコミュニケーションを教える(続き)

(5)ステップ3がうまくいかない場合


ステップ3において初めて、子どもは絵カードに「何が描かれているか?」を初めて意識する必要が出てきます。
それまでは絵カードはどれも全部真っ白でも、実はよかったわけですね。(絵カードに対応するアイテムは、場所に依存していたため)
ですから、このステップ3に入って、お子さんの学習が急に進まなくなる可能性も十分ありえます。相当長い期間ステップ3のトレーニングを続けても、絵カードをランダムにしか選べないといった場合は、絵カードに印刷された画像が区別できていない、ということになります。
ステップ3の本質は、この「絵カードの区別」にあるので、この区別ができない場合は、ステップ3は「習得できていない」ことになるのです。

そんな状態になってしまったときには、少し工夫することにしましょう。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

そらまめ式絵カード療育法 (13)

4.要求のコミュニケーションを教える(続き)

(4)ステップ3:複数の場所に、複数の絵カード(続き)


ステップ3(絵カードの意味を理解し、欲しいものに対応した絵カードを選ぶことを教える)の療育をすすめていく際のポイントとして、以下の2つがあげられます。

a.複数ならんだ絵カードからどれを選ぶかについては、手助けをしない。

 これは、下手に手助けしてしまうと、子どもが本当に欲しいものと違う絵カードを交換するという不適切な行動を「手助け」してしまう恐れがあるからです。
 前回の記事で、「子どもの内面の意図(どちらのアイテムが本当に欲しいのか)が必ずしもわからなくても、ステップ3の分化強化学習は適切に進めることができる」と書きましたが、このような巧妙な分化強化学習をうまく進めていく大前提となるのが、この「絵カードの選択は子ども自身が行なう」という部分になります。
 ですから、ステップ3にすすむ前の「ステップ2」の段階で、「自主的に絵カードをはがして親に渡す」という行動については、十分に子どもにマスターさせておかなければなりません。ステップ3で新しく覚える必要があるのは「カードを適切に『選ぶ』」ということ、ただそれだけになるように、ステップ2までの段階は絶対におろそかにしてはいけないわけです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

そらまめ式絵カード療育法 (12)

4.要求のコミュニケーションを教える(続き)

(4)ステップ3:複数の場所に、複数の絵カード(続き)


同じ場所に複数の絵カードが貼られ、子どもがその中から欲しいものを「選択する」ことを求められる「ステップ3」は、ABAでいう「分化強化学習」となるため、「間違った絵カードを交換してしまって、欲しいものが手に入らない」という「失敗体験」をすることも必要だ、ということを前回書きました。

もう一度確認しましょう。「ジュース」と「お茶」の絵カードが貼ってあり、子どもが「ジュースが欲しい」という状態にあるとき、

「ジュースの絵カード」を交換してジュースを手に入れる
 =欲しいものが手に入る
 =ごほうびとなる(強化される)
 =その行動が学習・定着していくようになる


「お茶の絵カード」を交換してお茶を手に入れる
 =欲しくないものが手に入る
 =ごほうびとならない(消去される)
 =その行動は減少していく(はず)


という2種類の学習の両方が必要になります。どちらか一方だけでは「分化」強化学習にならず、効率が著しく悪くなります。

また、子どもが実はジュースではなくお茶が欲しいと思っているときもあるかもしれません。ことばの出ない自閉症児の場合、本当に欲しがっているのがどちらなのかということは、外から見ているだけでは実はまったく分かりません。

でも、そうであったとしても、絵カードを導入すれば、まったく問題なくなってしまうのです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

Mママさんの絵カードフリー素材について

今回は情報のご提供です。
当ブログにもコメントをいただいたりしている、アメリカ・カリフォルニア州在住の「Mママ」さんのサイト「絵カードのお店」にて、無償にて利用できる絵カード用のフリー素材が大量に提供されています。



http://picturecardstore.com/
絵カードのお店

こちらのサイトの「フリー素材」のページに、本日現在で以下の素材が、PDF形式で無償にてダウンロード、療育に活用できるようになっています

・感情カード
・時計カード
・マッチングカード
・連続カード
・正解カード
・ひらがな表
・アソシエーションボード
・スケジュールボード
・数字カード
・時計キット


また、Twitterの写真アップロードサイトである「TwitPic」にも、Mママさんオリジナルの絵カード素材が日々アップロードされています。


http://twitpic.com/photos/M_mama

Twitterに登録して、「M_mama」さんをフォローすると、新しい写真がアップロードされたときにタイムラインで確認できます。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:26| Comment(9) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

そらまめ式絵カード療育法 (11)

4.要求のコミュニケーションを教える(続き)

(4)ステップ3:複数の場所に、複数の絵カード

いよいよ仕上げのステップ3に入ります。
ステップ3は、「飛躍のステップ」です。このステップで、いよいよ絵カード自身に「意味」が付加されて、絵カードが一種の「ことば」としての機能を持つようになります。
一方で、私たちが感じる以上に、子どもにとっての難易度も飛躍的に上がりますので、ここはじっくりと取り組む必要があります。ステップ3をすぐにクリアできるお子さんもいるとは思いますが、個人的な実感(というか、実際に娘に対して取り組んだときの実感)として、ステップ3を「マスターした」と言い切れるようになるまでには、ステップ1+ステップ2の時間の数倍以上の時間がかかることも覚悟しておいたほうがいいように思います。
(とはいえ、相当障害の重いお子さんでも、じっくり時間をかければステップ3をマスターすることは十分可能だと思います。そういう意味では、ステップ3であっても、少なくとも音声言語を教えるよりは、自閉症児に対して教えるのははるかに容易だということは言えるでしょう。)

でも、何がそんなに違うのでしょうか?

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

そらまめ式絵カード療育法 (10)

4.要求のコミュニケーションを教える(続き)

(3)ステップ2:複数の場所に、1枚ずつの絵カード

前回まででご紹介した「ステップ1」のセッションを繰り返し、子どもが手助けなしで絵カードを自分で交換し、そのアイテムを手に入れることをマスターしたら、ステップ2に進みます。

ステップ2は、ステップ1の延長線上で取り組むことができます。難易度もそれほど上がりません。
つまり、ステップ1では、ある特定の場所1か所で、特定の絵カード1枚を使って絵カード交換を行ないましたが、ステップ2では、「複数の場所」で、「それぞれ特定の絵カード1枚を使って」絵カード交換を行ないます。

日本語が分かりにくくなってしまってすみません。要は、今までは絵カードを1枚しか使っていなかったところを、複数の絵カードを使うように拡張するのです。ただし、それぞれの絵カードごとに使う場所を変えて、それぞれの場所1か所1か所では、それぞれ特定の1枚の絵カードしか使わないように工夫します。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

そらまめ式絵カード療育法 (9)

今回で、最も重要な「ステップ1」についての解説が完結します。

4.要求のコミュニケーションを教える(続き)

(2)ステップ1:1つの場所に、1枚の絵カード(続き)

子どもが、絵カードの近くで、絵カードに対応するアイテムをほしがって手に入れようとしている、という状態になると、ステップ1のセッションを始める準備が整ったことになります。

具体的な絵カード交換のセッションは、子どもがそのアイテムを手に入れようと、手を伸ばしたり、親の手をクレーンで動かそうとしたときに始まります。
子どもが手を伸ばしたりクレーンをしようとするなどの反応をみせたら、すかさずその手を取り、絵カードに誘導して、絵カードを握らせます。うまく握ってくれなければ、子どもの手を上から覆うようにして、「握らせる」ようにします。
そしてその絵カードを握らせた手を、自分の体のほうに誘導し「手渡す」動作をさせます。
そうしたらあなたはその絵カードを受け取り、即座に「はい!」「どうぞ」などの簡潔なことばをかけながら、受け取った絵カードと交換で、その絵カードが表す、子どもが欲しがっているアイテムを渡します。

これで1セッションが終わりです。
ポイントとしては、以下の2つがあります。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

そらまめ式絵カード療育法 (8)

4.要求のコミュニケーションを教える(続き)

(2)ステップ1:1つの場所に、1枚の絵カード(続き)

絵カードを使ったコミュニケーション療育の「ステップ1」の続きです。

ステップ1では、絵カードを1枚だけ作るところから始めます。(たくさん作るのはステップ2以降です。)

その、たった1枚作るカードは、子どもが大好きでよく欲しがるものの絵カードにします。
ほとんどの場合は、食べ物か飲み物になるでしょう。可能なら、以下の条件を満たしたものがいいでしょう。

・子どもが何よりも1番好きなもの
・1日のなかで子どもに与えるチャンス(回数)が多いもの
・小分けできて、子どもが何度欲しがっても与えることができるもの


続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

そらまめ式絵カード療育法 (7)

こちらのシリーズ記事、久しぶりに再開します!

4.要求のコミュニケーションを教える

(1)概要

ここからは、「そらまめ式」絵カード療育の実際のすすめかたについてまとめていきます。
なお、このシリーズ記事冒頭でも書きましたが、これはPECSではありません。やり方も違います。ABAやTEACCHなどの知見・技法を参考に、私自身のアイデアも盛り込んで個人的にまとめたものです。PECSについては、当シリーズ記事ではなく、こちらのサイトこちらの本などを参考にして下さいますよう、重ねてお願いします(その理由)。

さて、この「そらまめ式絵カード療育」では、絵カードを使って最初に教えるコミュニケーションとして、子どもの側からの要求の意思表示をとりあげます。
つまり、「○○がほしい」という要求を、「○○」の絵カードを相手に渡すことで表現することを教えるわけです。
ABAでは、さまざまなコミュニケーションのなかでも、このような「欲求の表現」がもっとも原初的なものだと考えており、だからこそ比較的教えやすいと考えられます。
また、「欲求がうまく表現できない(欲しいものが手に入らない)」ことが、かなりの部分、自閉症児のパニックの原因になっているということがありますので、絵カードを使ってうまく欲求を表現できるように導くことで、多くのケースで、自閉症児のパニックを軽減することが期待できるわけです。

加えて、コミュニケーションが弱いといわれる自閉症児の「コミュニケーションへの気づき、コミュニケーションの基礎力の養成」のためにも、子どもにとって一番わかりやすいであろう「要求の表現」を、自閉症児にとって使いやすいと考えられる「絵カード」を使って教えるというのは、意義があると言えるでしょう。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

療育用サイン体系をオープンな環境で学ぶ

自閉症児のコミュニケーション力を訓練するための療育技法の1つに「マカトン・サイン」というものがあります。
これは、PECSなどと同類のAAC(代替的・補助的コミュニケーション)技法の1つで、厳選された語彙に対してハンドサイン(手話)を割り当て、それを教えることで音声言語の苦手な自閉症児のコミュニケーションスキルを向上させようというアプローチです。(実際にはマカトン法はサインだけでなく、シンボルや音声言語も取り混ぜたより複合的なアプローチのようです)

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:43| Comment(7) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

自閉症児のための明るい療育相談室(ブックレビュー)

※現在、七田式の自閉症療育についてのシリーズ記事の連載中ですが、今回のように重要な書籍のレビュー等が挟まることがありますことをご了承ください。

これはすごい。まさに画期的な本

 (楽天BOOKSのリンク

自閉症児のための明るい療育相談室
著:奥田健次、小林重雄
学苑社

はじめに

第1章 生活編 毎日の生活を楽しく
Q1 「寝ぐずり」と「夜泣き」が激しくて困っています。
Q2 そろそろ一人寝をさせたいのですが、可能でしょうか?
Q3 食事中、落ち着いて座って食べてくれません。
Q4 まだ手づかみで食べようとする癖があります。
Q5 偏食のためか食事時間がダラダラと長すぎます。
Q6 食べ物を飲み込んで吐き出してこねてしまいます。
Q7 トイレットトレーニングがうまくいかず、失敗が続いています。
Q8 うんちがトイレでできません。
Q9 女の子にいやらしい感じで抱きついてしまいます。
Q10 歯磨きがうまく一人でできるようになってほしいのですが……
Q11 お薬を嫌がらずに飲ませるよい方法はありませんか?
Q12 着替えに時間がかかります。
Q13 お小遣いの渡し方を迷っています。


続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

そらまめ式絵カード療育法 (6)

現在、いくつかのシリーズ記事を並行して投稿していますが、とりあえず「そらまめ式絵カード」のシリーズ記事について、「絵カードの作りかた」の項を今回で完結させます。

3.絵カードを作る(続き)

(4)画像と文字の印刷

前回、(3)で解説した手順で、テキストとイメージを必要なだけ入力します。
ちなみに、「実際に何の絵カードを作ればいいのか?」という疑問については、順番が逆になってしまいますが、今後の記事で解説することになります。とりあえず試験的に作ってみる場合は、子どもの好物の絵カード(おやつとかジュースとか)を数枚、作ってみるのがいいと思います。(そらまめ式絵カード療育法では、基本的に絵カードは子どもからの要求を表現するために使います。)

テキストとイメージの入力が終わったら、ウインドウ左の「印刷」タブをクリックして印刷モードに入り、プリンタで印刷します。


↑今回のテンプレートで印刷した絵カード原紙の例

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

そらまめ式絵カード療育法 (5)

3.絵カードを作る(続き)

(2)ソフトウェアのインストールと準備

前回の記事で、絵カード作成に必要な機材等をご紹介しました。以下に再度まとめておきます。

・パソコン
・パソコン用プリンター
ラミネーター
・「名刺サイズ」のラミネートフィルム
・「写真L判サイズ」のパソコン用印刷用紙
・マグネットシートまたはマジックテープ


これらの材料が揃ったら、今度は絵カードを印刷するためのソフトウェアを準備していきます。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

そらまめ式絵カード療育法 (2)

それでは、実際の絵カード療育法について入っていきたいと思います。

1.そもそも絵カードってどんなもの?

例えば、こんなものです。

ecard.jpg
自閉症療育のための絵カードのイメージ

絵カードとは一般に、この写真のように、厚めの紙に「画像」と「文字」を印刷したものをいいます。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

そらまめ式絵カード療育法 (1)

今回から、シリーズ記事として、「そらまめ式絵カード療育」について書いていきたいと思います。

このシリーズ記事では、絵カードを使った療育法として、

・要求のコミュニケーション
・スケジュール


この2点に絞り込んで、私自身が娘への療育のなかで試行錯誤して得た経験をベースに、どちらかというと障害の重いお子さんをより強く意識した、シンプルで効果の期待できる絵カード療育法をまとめていきたいと思います。

なお、この療育法は、絵カードは使っていますが、PECSではありません
単純に、一般的な絵カードの使用法をまとめただけのものであり、名称も便宜的につけただけであって、「誰のもの」でもないと理解しています。

この点を最初に明記するのは理由があります。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46(ブックレビュー)

レビューが遅くなりました。とてもいい本です!



家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46―自閉症の子どものためのABA(応用行動分析)基本プログラム
編:井上 雅彦
学研ヒューマンケアブックス

はじめに
第1章 ABA「はじめの1歩」
 ABAって何ですか?
  応用行動分析(ABA)とは
 ABAをじょうずに進めるために
  1.ABAの原理を理解する
  2.子どもをうまくほめること
  3.効果的な指導にするために
 課題中の逸脱や問題行動への対処
  1.課題にのれないときは
  2.日常生活でのかんしゃくや問題行動への対応
第2章 家庭でできるABAプログラム
 対人的なかかわり行動の基礎
  身体遊び
  物の受け渡し
 生活スキル
  トイレ
  着替え
  手洗い
  洗面
  歯みがき
  入浴
  食事
  箸
  整理整とん・掃除
  調理
  買い物
  お手伝い
  金銭管理
  小遣い帳の管理
 コミュニケーションスキル
  模倣
  具体物の選択要求
  写真・絵カードでの要求
  家族や友だちの名前を言う
  御用学習場面を使った要求・報告
  はい・いいえの応答
  質問に対する応答
  書き置きメモ
  気持ちの理解と表出
 ゲームで学ぶ社会性
  ゲームで学ぶルール理解
  じゃんけんと勝敗理解
  すごろく
  学校ごっこ
 運動スキル
  ジャンプ、バランス・ボード
  サーキット学習
  キャッチボール
  なわとび
  はさみ
 認知/学習スキル
  分類
  カテゴリー分類
  マッチング
  相対概念
  なぐり書き
  なぞり書き
  写し書き
  アナグラム(単語の構成)
  単語とひらがなの読み
  数唱・カウンティング
  数の抽出、数え方、序数
  お金のカウンティング
あとがきに代えて
参考文献

この本、発売されてすぐにAmazonに注文したのですが、なぜか2週間くらい届かず、ようやくレビューできるようになりました。(恐らく、注文が最初の在庫分に間に合わなかったからでしょう。先ほど見たところ、普通に「在庫あり」になっていましたから、今は問題なく買えると思われます)

井上先生といえば、以前レビューした「自閉症支援-はじめて担任する先生と親のための特別支援教育」の著者であり、また少し古い本でいえば「自閉症へのABA入門―親と教師のためのガイド」の監訳をされた、家庭や学校に根付いたABAを推進されている方ですが、今回の本は、まさにそんな井上先生の考える「家庭のABA療育」がうまくまとまった、これまでにない「療育のマニュアル」になっていると思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:28| Comment(7) | TrackBack(1) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

からだあそび(小学館のおやこ図鑑プチNEO)(ブックレビュー)

ちょっと趣向の違う「DVD付き手あそび?本」。かなりおすすめ。


からだあそび〔DVD付き〕(小学館のおやこ図鑑プチNEO)
著:今井 和子 他
小学館

これまでもたくさん紹介してきた(1, 2, 3)、「DVDつき手あそび本」と同じタイプの、DVDがセットになった子どもの遊びの本なのですが、タイトルにもあるように、本書に収録されているのは必ずしも「手あそび」ばかりでないのがミソです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

たのしくおどろう!DVDつき手あそびうた(ブックレビュー)

また出てました!


たのしくおどろう!DVDつき手あそびうた
監修:浅野 ななみ
成美堂出版

つい2年ほど前まではほとんど存在していなかった「書籍扱いのDVDつき手遊びうたブック」というジャンルですが、ここへきてほとんどすべての実用書出版社から出てきました。
(これまでの紹介記事は1, 2, 3 あたりです)

あまりに多いので、今回のレビューは月曜の定例記事ではなく、それ以外の日のサブ記事扱いにしました。(でも、意外とこの本はいいと思います!)

例によって、レビューは付属の「DVD」がどの程度療育に使えるのか、という「偏った視点」からのものです

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。