2006年05月19日

オリジナルDVD無料モニター制度を締め切ります。

ご好評いただいている、オリジナルDVD「おくちがみえる おうたのDVD」の無料モニター制度ですが、おかげさまで数多くの方に本制度をご利用いただいき、本DVDのよいところ、改善すべきポイント、向いているお子さん、そうでないお子さん、DVDプレイヤーの再生互換性など、重要な情報を数多く集めることができました。
一部のお子さんについては、「突然はっきりと歌い出した」といった嬉しい報告もいただきました
また、国立大学の付属病院からの引き合いがあり、驚いたこともありました。
(過去のモニター報告についてはこちらを参照ください。)

本制度につきましては、開始から約半年が過ぎ、十分多くの方からモニター報告をいただけたと判断いたしましたので、2006年5月31日申込み分をもって、無料モニター制度を締め切らせていただきたいと存じます。

もちろん、有償での配布については継続いたしますので、6月以降、本DVDにご興味をお持ちになった方も、有償(800円+送料200円)にて本DVDをお試しになれます。

また、モニター報告の内容をふまえた新しいオリジナルDVDの開発も検討しています。(開発はかなり先になりそうですが・・・)

※オリジナルDVDについての詳細は、こちらのまとめページを参照願います。
posted by そらパパ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

虹の架け橋(ブックレビュー)


虹の架け橋―自閉症・アスペルガー症候群の心の世界を理解するために
著:ピーター サットマリ
星和書店

いろいろな自閉症の人の体験世界について書いてある本を読んでみたい、と思いました。

もちろん、「自閉症だったわたしへ」とか、「我、自閉症に生まれて」あたりの有名どころを読んでもよかったのですが(前者は読んだことがあります)、できればもっとたくさんの人の経験を1冊で読めると偏りがなくなっていいなあ、と思っていたところ、12名の自閉症児者の臨床例が載っているというこの本を発見し、さっそく読んでみることにしました。

読んでみてちょっと驚いたのは、この本はひたすら12人の臨床例を追いかけた本ではなくて、臨床例を「とっかかり」にして、自閉症・アスペルガー症候群に関する基本的情報を分かりやすく解説した、一般向け自閉症入門書だった、ということです。

少し期待とは違ったのですが、でも、その内容はとてもユニークで、さまざまな臨床例に思わず引き込まれます。

例えば、本書の第8章には、三つ子が全員自閉症、という例が出てきます。
そして同じ章には、ワクチン接種による(水銀)中毒やペプチドの代謝障害に我が子の自閉症の原因を求め、原因究明に走り回るばかりで具体的な療育がまったく始められない親の例も出てきます。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

自閉症ハンドブック(ブックレビュー)

これも以前読んだ本ですが、本棚を整理する目的で、改めて引っ張り出して内容を確認しているので、レビューとして整理しておきたいと思います。



自閉症ハンドブック
著:モーリーン アーロンズ、テッサ ギッテンズ
明石書店

第1章 自閉症のさまざまな症例
第2章 自閉症の歴史
第3章 自閉症の要因
第4章 診断に関する諸問題
第5章 自閉症の子どもの理解と診断
第6章 実用面―子育てとカウンセリング
第7章 ことば―自閉症の子どもにおけるコミュニケーションの発達
第8章 自閉症の子どもの教育
第9章 成長とその後
第10章 自閉症のさまざまな治療法

監修が自閉症協会会長の石井哲夫氏ということで、「受容」の本なのかな?と勘ぐってしまいましたが、そうではなく、「自閉症スペクトル」のローナ=ウィングや「心の理論」のコーエンの流れを引き継いだ、正統派の自閉症入門書

個人的には、「自閉症スペクトル」よりも読みやすく、かつ、有用な内容が書いてあると感じました。本が小さくて、ハードカバーでもないので、電車で読むのもずっと楽ですね。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

石井哲夫氏の本2冊お譲りします

本棚の整理のために、これも処分したいと思います。


講座 受容による自閉症児教育の実際―いま再びなぜ受容なのか
著:石井 哲夫
学習研究社 障害児教育指導技術双書
定価 1,575円

ishii_kokoro.jpg
自閉症児の心を育てる―その理解と療育
著:石井 哲夫
明石書店
定価 1,890円

日本自閉症協会会長の石井哲夫氏の自閉症療育論に関する本です。
いずれも、氏の療育理念である「受容」という考え方がベースとなっており、自閉症児の心にどのように近づいていけばいいのかが語られています。

「自閉症児の心を育てる」に関しては、2002年刊という新刊ですが、実は1971年発行の「自閉症児がふえている」という本の加筆訂正版であり、「講座 受容による-」の初版発行が1983年ということも考え合わせると、約25~35年ほど前の療育法が書かれた本であるということになります。

ですから正直に書きますが、これらの本は歴史的価値を見出すべきものであろうと思います。
かつて主流だった精神分析的アプローチとはどのようなもので、問題行動や発達の遅れに対してどのように対処していたのか、それと比較して現在主流のABAやTEACCHはどこがどう違うのか、そんなことを考えるためには最適の本だと思います。

本書を、2冊まとめて送料込み500円でお譲りしたいと思います。

状態ですが、新品で購入したものなのでまあまあきれいです。ただ、古本ですので多少の汚れ等はご容赦ください。

ご希望の方は、そらパパメールアドレス「」宛にご連絡ください。
発送は、冊子小包か定形外郵便(窓口で安いほうをこちらで選びます)とさせていただきます。それ以外の発送も承りますが、その場合には別途送料をご相談させていただきます。

代金のお支払い方法については、こちらにまとめましたのでご参照ください。

なお、売り切れた場合は、この記事のコメントでご連絡します。
posted by そらパパ at 00:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

フリーのあいうえお表(キッズ@nifty)

キッズ@niftyで、フリーのあいうえお表が配布されていますので、リンクしてご紹介します。



http://kids.nifty.com/study/hiragana/

キッズ@nifty おべんきょう
あいうえお表

A4サイズの紙とカラープリンタがあれば、簡単にきれいなカラーのあいうえお表が印刷できます。厚めの紙に印刷するか、ラミネーターでラミネート加工できるとさらにいいですね。

なお、この「キッズ@nifty おべんきょう」には、あいうえお表以外にも、カタカナ表や九九の表、ひらがな練習帳などが置いてあります。



http://kids.nifty.com/study/
posted by そらパパ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

自閉っ子、深読みしなけりゃうまくいく(ブックレビュー)

既にほうぼうのブログでも話題になっていますけど、ニキ・リンコさんの新作。


自閉っ子、深読みしなけりゃうまくいく
著:ニキ・リンコ、仲本 博子
花風社

今回は、アメリカで自閉症児を育てているトニママこと仲本さんの「現地レポート」に対して、翻訳家で自らも自閉症スペクトラム障害をもつニキ・リンコさんと花風社の浅見さんという方が対談をするという、ちょっと変わった構成になっています。

あと気が付くのは、表紙が派手です。全面光沢のある山吹色?で、私はこの本はカバーをつけなければちょっと外では読めません(笑)。

今回のテーマは、ずばり、昨年施行された「発達障害者支援法について」。本法をふまえ、これからの発達障害者支援はどんなものを目指せばいいのかについて、アメリカのIEP(Individualized Educational Program=個別化された教育プログラム)を1つの先行事例としていろいろ考えてみよう、という本です。

テーマは結構「堅い」んですが、この本は素直に面白い、と思いました。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

うちの子かわいいっ親ばか日記2入学編(ブックレビュー)

ふと気が付くと、こんな本が新しく出ていました。

uchinoko2.jpg


うちの子かわいいっ親ばか日記2 入学編―自閉症児あやの育児まんが
著:あべ ひろみ
ぶどう社

あやちゃん 保育園スタート!
あや&たか ゆかいなコンビ
トイレでおしっこへの道
しつけはゆっくり気長にネ
お友達のミラクルパワー
ステキなクラス!きりん組さん
やっぱり悩んだ 小学校就学
あやちゃん 小学生になったよ!
歯医者さんデビュー!
エンジョイ!?夏休み・・・
がんばったね!運動会!
2学期 少し慣れたかな~
3学期 1年生も残りわずか

当ブログでも以前ご紹介した、「自閉症児の親によるまんが」のうちの1つの、さらに続編です。
第1巻は、2歳の娘「あや」ちゃんに自閉症の診断が下ってから、弟が生まれて4歳になるまでの約2年間の話でしたが、今回は、同じく「あや」ちゃんの、保育園入園から小学校1年生の3学期までが描かれています。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 00:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

チャビーシート(携帯用補助便座)(グッズレビュー)

今回の動物園でも試しに使ってみたものですが、妻のブログで紹介されていたアイテムです。

チャビーシート (ブルー)
チャビーシート(ブルー)
eightex
定価 2,415円 (税込)
トイザらスオンラインショップ価格 1,500円(税込)

洋式トイレの上に乗せて、子どものお尻が便座の中に落っこちないようにする補助便座。4つ折りにして携帯できるので、ちょうどうちの娘の現在の状態のように、おむつが外れたけれど大人用のトイレはまだ使えない、といった子どもを外出させるときに使えます。

類似商品はいくつかあるのですが、見た限り、耐荷重が18kgまであるのはこの商品だけで、あとはみんな16kgどまりだったので、これを選びました。(娘は17kgくらいあるようなので・・・)
また、4つ折りにした本体がぴったり入る携帯用のポーチがついているのも便利です。

ただ、この「座ると音が出る」という機能は余計ですねー。
音が出ること自体もそうですが、変なところにスイッチがついているのもよろしくないです。
ちなみに音自体は、ちょっと加工してモジュールを外してしまえば簡単に出なくなります(うちはそうして使っています)。

上記のトイザらスの値段設定は結構魅力的。少なくともうちが実際に買った値段よりも安いです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

上岡一世先生の本3冊お譲りします

kamioka.jpg

こうすれば伸びる自閉症児の指導法
指導年齢がわかる社会的自立のための指導プログラム
自閉症の理解とその支援―子どもが成長・発達するかかわり方

著:上岡 一世
明治図書
定価:それぞれ¥1,470、¥2,016、¥2,688

愛媛大学教授の上岡一世先生の、自閉症療育に関する本3冊です。
これまで、このブログではレビューは書いたことがないので、上記のアマゾンリンクなども参考にしてください。

簡単に説明すると、最初の「こうすれば伸びる-」は、いわゆる親向けの療育入門書です。自閉症とはどういう障害なのかの説明から、療育の方向性に関する基本的考え方、具体的な指導例などが幅広く簡潔に記載された本です。(約110ページ)

真ん中の「指導年齢がわかる-」は、自助スキルや基本的な生活スキルなど、795の項目について、発達年齢ごとに区分し、何歳くらいでどのような課題に取り組むべきか、発達の遅れている部分はどこかをチェックできるチェックリストです。課題ができないときの指導のポイントなども簡潔に述べられています。(約196ページ)

右の「自閉症の理解と-」は、「こうすれば伸びる-」の内容を、どちらかというと教育関係者向けに、もう少し掘り下げて説明した本です。ですので、指導方針や実例などにページが多く割かれています。(約244ページ)

上岡先生の本の特徴は、とにかく自閉症者の社会的自立に徹底的にこだわる姿勢です。どんなに障害が重くても、どんなに問題行動が多くても、社会的自立だけは最後まであきらめないという姿勢が極めて明確です。
療育の内容や方針は、ひたすら熱意を持って自助スキルを教え込む、というスタイルのようです。そういう意味では極めて臨床的、現場的なアプローチであり、理論的な面は必ずしも明確ではありません。(それが、このブログで過去に本書をとりあげなかった理由です。)

簡単にいうと、「温かい熱血教師の本」です。
改めて目を通してみましたが、やはり「正論」が書いてあると思いますし、自閉症児の自助スキル、社会的自立に特に強い関心のある方には貴重な情報がたくさん入っていると思います。

本棚の整理も兼ねて、この3冊の本をまとめて、送料込み1000円でお譲りしたいと思います。

状態ですが、新品で買った本ですので、まずまずきれいです。ただし、背表紙には多少日焼けの色あせがあります。

ご希望の方は、そらパパメールアドレス「」宛にご連絡ください。
発送は、冊子小包とさせていただきます。それ以外の発送も承りますが、その場合には別途送料をご相談させていただきます。

代金のお支払い方法については、こちらにまとめましたのでご参照ください。

なお、売り切れた場合は、この記事のコメントでご連絡します。
posted by そらパパ at 17:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

「中村さんちの志穂ちゃんは」お譲りします

我が家の本棚のシェイプアップのために、一部の本をお譲りしたいと思います。

今回は、以前、このブログでもご紹介した、自閉症児のお母さんが自ら描いたまんがの1つです。

shiho.jpg
中村さんちの志穂ちゃんは―自閉症のある娘との喜怒“愛”楽な日々
著:中村 由美子
全国コミュニティライフサポートセンター

自閉症児のいる毎日を淡々とつづるまんが&エッセイです。自閉症児がひきおこすびっくりするような事件や、ちょっとしたことで感動してしまうエピソードなど、我が家で起こったことを思い出したり、「これからこういうこともあるのかな・・・」と思いながら読みました。

肩ひじ張った内容ではないので、気軽に読めます。
一般の方が、自閉症について知るために読む本としてもいいかもしれませんね。

本書を、ご希望の方に、送料込み500円でお譲りしたいと思います。

状態ですが、新品で買った本ですので、帯が多少よれている以外は、本体はきれいです。

ご希望の方は、そらパパメールアドレス「」宛にご連絡ください。
発送は、冊子小包または定形外郵便(窓口で安いほうを選びます)とさせていただきます。それ以外の発送も承りますが、その場合には別途送料をご相談させていただきます。

代金のお支払い方法については、こちらにまとめましたのでご参照ください。

なお、売り切れた場合は、この記事のコメントでご連絡します。
posted by そらパパ at 15:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

「アメリカはいい」ですか?

すみません、今日は個人的な感情の話です。
おとといの記事で、「福祉にはいくらでもお金をかけるべきだという考え方には賛成できない」と書きました。それに関連する話題です。
ちょっとネガティブなことを書いていますので、興味のない方は読み飛ばしてください。

療育に関連して、私にとって「違和感」を感じる議論の1つが、「アメリカではこんなに福祉が充実している」といった、海外諸国、特にアメリカとの福祉レベルの差についての比較に関する議論です。

確かに、アメリカには「すべての障害児のための教育法」(The Education for All Handicapped Children Act)というものがあり、すべての障害児が無料で適切な教育を受ける権利が保証されています。万一そういった権利が確保できない場合でも、訴訟によってそれを勝ち取るチャンスが十分にあり、そういった成功談が武勇伝のように紹介されます。

このこと自体は素晴らしいことです。

対して、日本はどちらかというと福祉切り捨ての動きが加速しており、先般可決され、4月から施行される「障害者自立支援法」も、タテマエはいろいろあっても、福祉予算削減のホンネが透けて見えます。社会格差を広げる、弱者切り捨ての動きが加速し、消費税を上げられない政治家がいよいよ切ってはいけない経費を切り始めてしまったという印象はぬぐえません。

ただ、それでも私は、日本の福祉政策を批判することはできても、アメリカの福祉の水準を崇め奉ることはどうしてもできません。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 23:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

リンク追加しました。

さらに1件リンクの追加です。

感覚統合療法についてかなり突っ込んで書いてあるページを発見したので、リンクを張っておきます。

http://home4.highway.ne.jp/matsu1/kayano.htm
お母さんのための感覚統合療法

感覚統合の先生がまとめられているページです。

ただ、このページで扱われている療育の範囲は、厳密な「感覚統合」を超えて、感覚統合のやり方をベースにした、療育施設で実施するような全体的な療育のやり方までを含んでいます。
その中には、自閉症の療育スタイルとしてはやや古い、受容スタイルの療育や、抱っこ法的なものも含まれていますので、ちょっと注意が必要かな、と思います。

個人的におすすめしたいパートは、以下の部分になります。
具体的な療育ノウハウの部分よりも、どちらかというと理論的な面を解説している部分のほうが、「感覚統合療法って何を目指しているの?」という疑問が純粋に分かっていいように思いました。

おかあさんのための感覚統合療法
1.感覚統合療法について
2.感覚(Sensory)とは
3.感覚統合(Sensory Integration)とは?
5.感覚統合療法の実際  

おかあさんのための感覚統合療法 実践編
第1章 基本的なこと
第2章 遊具を使って- 1.固定遊具 (1)ブランコ
第2章 遊具を使って- 3.トレーニング・バルーン 
第3章 生活での工夫

posted by そらパパ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

キレートと早期集中介入の共通項

最近、ちょっと気になっていることがあります。

以前批判記事を書いたキレート療法(キレーション)と、ロヴァース式の早期集中介入、この2つに同時に取り組んでいる、あるいは両方に興味を持っている(片方をやっていて、もう片方に関心を持っているケースを含む)人が、結構多いように思うのです。

統計をとったわけではないので印象でしかないのですが、それにしても、掲示板などでキレートなり早期集中介入なりが話題になっているとき、一方について書いている人が、「もう一方」について既に実施している、あるいは実施しようとしていると言及しているのをしばしば目にするように感じます。

このことについて考えていて、この2つの「療法」が、実はいくつもの共通点を持っていることにふと思い当たりました。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

リンク追加しました

このブログへのアクセスの1/3くらいは検索エンジンからのものです。
アクセス解析から、どのような検索ワードが使われているかが分かるので、私もそのワードでの検索結果ページをよくチェックします。そうすると、このブログで取り扱っている内容に近いページが良く見つかり、参考になるからです。

そんな中で、とても参考になるページを見つけました。

http://homepage2.nifty.com/tomy_s/
トミーのページ

養護学校に勤めていらっしゃるという富岡先生という方のホームページです。

このページに掲載されているオリジナル教材の紹介は圧巻です。特に、幼児期の療育課題に役立ちそうな、基礎的な認知力、微細運動のトレーニングのための教材が充実していて、今すぐにでも使えそうです。

(教材紹介ページからの引用)
個別学習の教材を考える時難しいのは、いわゆる「中間レベル」の子どもたちである。
 イスに座って机に向かうことがまだ難しい感覚運動期まっただ中の子ども(StageI-1からI-2)の場合は、できる教材もおのずと限られてくる。一方、言語能力がある程度備わっている子ども(StageIII-1以上)は、プリント教材を中心に指導することができる。
 両者の中間(StageI-3からStageII)の段階の子どもたちは、いろいろなことができそうだし興味関心もあるが、プリント教材はまだ難しいし市販の教材だけではネタがつきてしまうという難しい段階である。ここでは、こうした段階にある子どもたちが楽しめるような教材を紹介した。


※上記記事中の「Stage」とは、いわゆる太田ステージにおける発達段階の指標を指しており、上記の「Stage I-3からStageII」とは、指差しやエコラリアが始まったあたりから、単純なことばが分かるようになるくらいまでを指しています。

教材や書籍の紹介以外にも、自閉症に関連する書籍の案内や、オリジナル教材を紹介している他のページへのリンクなども充実していて、非常にためになります。

右のサイドバーの「お気に入りリンク」にも追加しましたので、ぜひご活用ください。
posted by そらパパ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

自閉症児の保育・子育て入門(ブックレビュー)

このブログでは、さんざん自閉症について書いているんですが、実はまだ「自閉症ってどんな障害?」とか「自閉症児の特性は?」といった、一番基本的なことが全然書けていません。

今後、ブログの記事としてもそういった話題について触れていきたいと思いますし、そういった部分を分かりやすく書いた本についても、今後紹介していきたいと思います。

今日ご紹介するのは、そういった、「最初の入門書」として、非常におすすめの1冊です。



自閉症児の保育・子育て入門
著:中根 晃
大月書店 子育てと健康シリーズ

1.自閉症を正しく理解する
2.自閉症の早期発見と早期治療
3.自閉症児の保育指導
4.自閉症と学校教育

おすすめの理由も含め、簡単にご紹介します。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

俺ルール!(ブックレビュー)

この本は、もともと紹介するつもりはなかったんですが、ふとしたきっかけで非常に驚いたことがあったので、ご紹介したいと思います。



俺ルール!―自閉は急に止まれない
著:ニキ・リンコ
花風社

この本は、以前ご紹介した、「自閉っ子、こういう風にできてます!」の続編とでもいうべき本です。
「自閉っ子、・・・」が、対談形式で自閉症の感覚異常を中心に語っていたのに対して、この本は一人称のエッセイ形式で自閉症者の思考回路について書かれた本となっています。

でも、正直、この本はちょっとおすすめできないな、と思っていたのです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:54| Comment(2) | TrackBack(1) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

ことばどんどん あかちゃんえほん(ブックレビュー)

以前も一度紹介しましたが、お子さんに最初に見せる絵本として非常におすすめなのがこのシリーズです。
ことばどんどん(1) ことばどんどん(2) ことばどんどん(3) ことばどんどん(4)
ことばどんどん あかちゃんえほん
(1)たべもの (2)どうぶつ (3)のりもの (4)せいかつ
ひかりのくに 各¥525


↑ナンバーも写真もありませんが、4冊それぞれへのAmazonのリンクです。

改めて見ても、やはりこの絵本シリーズはよくできていると思います。そう考える理由について書いておきたいと思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 08:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

自閉症児の親によるまんが3冊(ブックレビュー)

最近、自閉症に直接関係する本をあまり紹介していないので、けっこう以前に読んだものばかりですが、まんがをまとめて3冊紹介します。

oyabaka.jpg


うちの子かわいいっ親ばか日記―自閉症児あやの育児まんが
著:あべ ひろみ
ぶどう社




中村さんちの志穂ちゃんは―自閉症のある娘との喜怒“愛”楽な日々
著:中村 由美子
全国コミュニティライフサポートセンター




イケイケ、パニッカー―自閉症の子育てマンガ&エッセイ
著:高阪 正枝
クリエイツかもがわ


これら3冊のまんがの最大の特徴は、すべて自閉症児の親本人によって書かれている、ということであり、それはつまり、すべてノンフィクションである、ということを意味します。
あの有名なまんがが入っていませんが、それはこの定義に当てはまっていないのが理由です。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 16:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

キレート療法を斬る

自閉症には、さまざまな「民間療法」が存在します。これはマーケティング的に考えると必然で、自閉症という障害が、下記のような要素をあわせ持っているからです。

・医者は「治る」とは言ってくれない。
・時間の経過とともに良くなったり悪くなったりすることがある。
・人数的にある程度の「患者」がいる。

このような状況に対して、民間療法は次のような順序でマーケットを形成します。

・医者と違って「治る」と言ってくれる民間療法が現れる。
・その療法をやっていて、たまたま(その効果ではなく偶然に)良くなる人が出てくる。
・そういったものを広告費をかけて宣伝できるだけのマーケットができあがる。

こういう民間療法マーケットは、いわゆる難病・後遺症・原因不明の病気などには必ず出てくるものですが、最後の「一定量の患者数」がいるかどうかで、「その病気/症状専用の療法」が登場するかどうかが決まります。難病であっても、マイナーであれば「万病が治る」という民間療法の「万病」の1つに押し込められるのがオチですが、例えばガンのように患者数が非常に多い病気であれば、「ガンが治る」という民間療法が大量発生する、というわけです。

さて、「キレート療法」です。
上記のような視点でみると、「キレート療法」というのは、主に自閉症に効くことを宣伝している民間療法ですから、「専用療法」のカテゴリに属します。つまり、自閉症についても、「それ専用の民間療法」が存在しうるくらい、悩んでいる人が多い障害だ、ということでしょう。

キレート療法について簡単に説明すると、自閉症の原因を、予防接種のワクチンなどによって引きおこされる水銀中毒であると考え、水銀を排出するためのサプリメントを摂取し続けることによって自閉症を治すという手法です。

ただ、キレート療法には、科学的根拠がありません。「科学的」とは、追試可能な実験が存在する、ということだと言えますが、キレート療法にはこういうものがありません。LANCETという医学誌に論文が載ったことを喧伝している業者もいるようですが、すでにこの論文は撤回されています。論文を発表した人が、「ワクチン被害者」裁判の原告から資金援助を受けてデータを捏造した論文だったということです。下記のリンクに詳細があります。

ワクチンで自閉症は増えない
http://www.geocities.com/HotSprings/4347/autism.htm

もし水銀が自閉症の原因だとすればなぜ水俣に自閉症児が多発しなかったのかとか、キレート療法には私のような素人でも感じる疑問がいろいろありますが、下記の2ちゃんねるのスレがその辺りを深堀りしていてとても面白いです。

【治る】キレート療法で改善【自閉症】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1081348878/

このスレで特に面白かったのが55,150-160あたりを中心に出ている水銀検査の話。キレート療法商法(あえてこう書きますが)では最初に毛髪などの水銀検査を行ないますが、このスレから判断すると、そもそも業者はまともな検査なんかやっていない可能性が高い。こんなものにお金を払うのはまったくのムダということでしょう。さらに、キレート療法で使うサプリメントは高額であり、長期間買い続けなければならないところからも、いかがわしいお金儲けの匂いがします。

もちろん、高くて役に立たないだけなら、ただの「お金の無駄遣い」で済みますが、キレートに関してはそれだけでは済みません。キレート療法は体に負担をかけ、有害なのです。これは、「効果」が非科学的であるのとは対照的に、科学的根拠のある客観的事実です。必須ミネラルなども一緒に排出してしまうだけでなく、腎臓障害などの副作用も強く、それが原因で死亡したと考えられる例もあります。

5歳の自閉症児、EDTA静脈注射によるキレーション中に死亡
http://asdnews.seesaa.net/article/6390762.html

上記の死亡例は、「静脈注射」という過激な方法によるキレーションのようですが、いずれにしてもキレート療法が一般的な意味において体に良くないことだけは間違いありません。

自閉症の子を持つ親にしてみれば、突然に医者から絶望的な宣告をされ、わらにもすがる思いでこういった民間療法に手を出してしまう、そういう心境は十分に理解できます。
でも、自分自身で判断できない自閉症の子どもに、こんな危険なものを独断で与えてはいけない。私たちは、正しい知識を知ることによって、子どもを守らなければならないのです。

なお、キレート療法についての日本小児神経学会・日本小児精神神経学会・日本小児心身医学会の公式な見解は下記でご覧になれます。

自閉症における水銀・チメロサールの関与に関する声明
http://homepage3.nifty.com/jscn/smsg.html
posted by そらパパ at 23:28| Comment(75) | TrackBack(2) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

「抱っこ法」を考える

さて、抱っこの話が出たので、「抱っこ法」の話をしたいと思います。
私は、娘の療育を開始した当初、この「抱っこ法」の書籍を購入し、実際に試しもしました。が、ブログにも以前書いたとおり、現在では、療育技術として考えた場合、この方法は有効ではないと考えています。

技法としての「抱っこ法」は、簡単に言えば、自閉症の子どもがパニックを起こしたとき、あるいは親に対する接近行動を起こさないときに、とにかく抱っこすることで状況を改善しようという療育法です。逃げようが暴れまわろうがとにかく抱っこを続け、おとなしくなるまで離しません。そうやってしばらく抱っこで拘束し続けると、そのうちおとなしくなってパニックが減少したり、親の愛情を受け入れるようになる、というものです。

(「抱っこ法」でいうところの「抱っこ」が、今日では単なる物理的な「抱きかかえて拘束する」ことを超えて、心の交流や解放をも含んでいるようですが、不勉強のためそこまでは語れません。もちろん、抱っこ法がその精神として掲げている、子どもに対する愛情を否定する気はまったくありません。)

 このやりかたは、パニックの減少に効果がある可能性があります。ただし、だからといって望ましいやり方だとは限りません。行動療法的な観点からみると、その成果は望ましくない形で学習されている可能性があります。
 つまり、「抱っこ法」は、行動療法でタブー視されている「罰による学習」である可能性が強いということです。抱っこによって拘束されている子どもは嫌がっているわけですから、例えばパニックが原因で抱っこされた場合、これは「パニックに対し罰を与えることで、パニックを起こさないように学習させている(弱化を行なっている)」ことになります。

→青色部分2005/11/17修正。

 そして、暴れることをやめると解放されるということで、「暴れるのをやめたら罰を中止する、ということによって、暴れるのをやめることを学習させて(強化して)いる」ことになります。
 この結果、「抱っこで拘束されたらすぐにおとなしくなる。抱っこで拘束する人の前ではパニックを起こさない」という行動が学習されると思われます。

 この説明が正しいとすると、抱っこは愛情表現どころか、まるっきり「罰」として機能していることになります。抱っこ法の問題の第一は、これは実は虐待なのではないか、という疑問にあります。親の前でおとなしくなったとしても、それは情緒が安定したのではなくて、罰による恐怖を学習しただけかもしれないのです。
 第二の問題は、これが罰による学習だとすると、罰が与えられない環境で問題行動が再発する恐れがあることです。つまり、親や教師の目の届かないところ(抱っこができない場面)ではパニックが再発する可能性があるのです。また、子どもに力がついて、抱っこで拘束できなくなったときに、またパニックが(より深刻な形で)再発する可能性も否定できません。

nukumori.jpg

この星のぬくもり 自閉症児のみつめる世界
著:曽根富美子
ぶんか社

高機能自閉症の女性の自伝を元にしたコミック。ちょっとレディコミ的な「お涙ちょうだい」のストーリーは?と思いますが、高機能自閉症の子どもがどんなことに苦労するのか分かり、参考になります。主人公が「抱っこ法」による拘束を受けて、まさに上で説明したような「学習」をしておとなしくなるという一節があります。
posted by そらパパ at 20:49| Comment(43) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。