子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2008年05月20日 [ Tue ]

やる夫がアスペルガー症候群に興味を持ったようです

自閉症と関係のある話題とない話題、それぞれ1件ずつご紹介しようと思います。

まず、自閉症と関係のある話題です。

以前、「やる夫で学ぶ音楽史」というのを紹介したことがありますが、その「やる夫シリーズ」で、「やる夫がアスペルガー症候群に興味を持ったようです」というのが登場したようです。

やる夫がアスペルガー症候群に興味を持ったようです

ちなみに、21番で出てくる医師は「ヤブ医者」という設定、42番で出てくるほうの医師は「まともな医師」という設定です。


書いているのは、現役の精神科医らしいです。
少し前に「やる夫がうつ病になったようです」という、別の「やる夫で学ぶ」シリーズも書いている方です。

http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-163.html
やる夫がうつ病になったようです

http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-164.html
やる夫がうつ病になったようです その2

で、話を戻して「やる夫がアスペルガー症候群に興味を持ったようです」についてですが・・・

いかにも、精神科医の先生の視点からのまとめ方だな、という印象が強いですね。

診断の問題や犯罪との関連、当事者との「医者としての」接し方などんついては、なるほどと納得でき、新しい発見がある部分が多いですが、自閉症スペクトラムそのものの解説や、「心の理論」の話題など、心理学のほうに近い話題については、個人的には物足りないというか、若干ピントがずれているような印象を持ちました。
(まあこれは、逆に私のバックグラウンドが心理学だからということが大きいと思います。)

全体的には、上記の「やる夫がうつ病になったようです」のほうが切り口が鋭くて興味深く読めましたが、「アスペルガー症候群と犯罪(報道)」の辺りは、例の岡山駅突き落とし事件などとも関連する、多くの方に知ってほしい内容が語られていると思いますし、こういった話題が、分かりやすくて幅広い世代の目にとまる「やる夫シリーズ」で登場したのは悪くないんじゃないかと思います。

      , -―-、__
    ,イ /  , ヽ `ヽ、  
   / {  {  lヽ }  i  !_   
   /{ i N\リーソヽ lハi;;;ヽ  
   |;ヽル-‐  ‐‐- ソ }l;;;;;|  
   {;;;;| {  _, "∠ノ |;;;/   アスペルガー症候群が犯罪者予備軍であるかのような
   ヾハ ゝ、 _ , イルノi.イ   報道も多いのです(実際は被害者のことが多いのですよ)。
    ノ、_l/ノ ! />、│/ |   皆さんの理解をお願いしますなのです。
    / ,イ i// _イ / |  
   J r / / /  / Y 八 


(↑本文より引用)


※ここで、続々と登場する「やる夫シリーズ」のまとめサイトをいくつかご紹介しておきます。

http://yaruomatome.blog10.fc2.com/archives.html
やる夫ブログ・記事まとめ

http://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo.html
やる夫見聞録

http://lastoneofthezodiac.blog38.fc2.com/blog-entry-399.html
やる夫シリーズまとめ

追記:やる夫がアメリカのWIREDに紹介されました


おまけ:こちらは自閉症とは関係のない記事です。読むと思わずほのぼのしますよ(^^)

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1129298.html
子供を喜ばせようと遊び場を作ったら、次の日クマたちが遊んでいた

posted by そらパパ at 22:00 はてなブックマーク | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記
この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97382065
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー