子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2008年04月28日 [ Mon ]

それはTEACCHじゃない!(1)

これは妻から聞いた話ですが、プライバシーの問題もあるかもしれないので、細部についてあえてぼやかして書いている部分があることをご了承ください。

妻がこれまでの療育等を通じて知り合った「ママ友」のなかの一人の話だということですが、そのママ友さんは、自分の子ども(療育ニーズのあるお子さんです)をある療育サービスに通わせていました。

実はその療育サービスは、我が家でも検討したことがあったところでした。
検討の時点で私が聞いていた情報では、「部屋が構造化してあったり、絵カードとかスケジュールがあったりして、TEACCHをベースにしたグループ療育がされている」とのことだったので、それはなかなか魅力的だな、できることなら娘も入れてやりたいな、と思っていたわけです。それを検討していた時点では、我が家が受けているTEACCHの療育サービスが継続されるかどうかも不透明だったので、TEACCH的な療育を継続したいと考えていた我が家にとっては、「TEACCH的なグループ療育」というのはかなり魅力的でした。

ただ残念ながら、いろいろ条件が厳しくて、結局我が家は参加できませんでした。(見学にも行く機会がありませんでした)
幸い、もともと通わせていたTEACCHの療育を継続して受けられることになったので、我が家の療育体制はどうにか維持できました。

ところが、今回聞いた話では、そのママ友さんは、子どもをそのサービスに通わせることをやめることにしたそうです。

その理由というのが、

・やらされる課題の難易度が高めで、ついていけない
・グループ活動で順に何かをやるとき、それぞれの子どもが走り回ったりパニックしたりしているのに対応するのに時間がかかり、順番待ちの時間が長くなりすぎて我慢できずにパニックしてしまう


ということだったそうです。そんなことが続いて子どももそこに通うのを嫌がるようになったりで、結局、そのサービスに通わせることを断念することにした、という話でした。

私はそれを聞いて、「そうか、それはあまりうまくクラス分けされていなかったのかな、あるいはそのサービス自体が、割と遅れの小さい子ども向けにできているのかな」などと漠然と感じたのですが、なぜか、ものすごくもやもやとした気分になりました
その「もやもや」がどうしても晴れなくて、「いったいこの気持ちの悪さはいったい何なんだろう?」と不思議に思っていた次の瞬間、その「気持ちの悪さ」の正体に気づいて、思わず妻に答えました。

それってTEACCHじゃないじゃん!

私は、その療育サービスは「TEACCHがベースになっている」と聞いていました。そのことと「子どもがついていけなくなったからやめざるを得ない」という話は、どう考えたって矛盾しているとしかいえないことに、今さらながらに気づいたわけです。

TEACCHの理念と言われるものにはいろいろありますが、その中でも基本中の基本だといえるのは、「個別の療育プログラム」という考えかたでしょう。
できないことを無理にさせるのではなく、できることを伸ばすのがTEACCHの基本理念であり、その「できること」が一人ひとり違う以上、その療育プログラムは個別に設定されなければならないのは必然です。
また、子どもの「できること」は静的なものではなく、常に変動しつづける動的なものです。普段はできることが今日はできない、あるいは今までできていたことが一時的に退行してできなくなることもあります。そんなときも、そのときどきの「できること」を尊重して臨機応変に対応することも必要です。もちろん、「できること」が少しずつ増えていくという側面もあります。それにしても、その発達のスピードは子どもによってまちまちなのだから、そのペースに合わせて取組みを変えていく必要があるわけで、それはあくまでも「個別」のものでしかありえません。

そういったことも、全部ひっくるめて「TEACCH」なのです。構造化とか絵カードはその理念を実現する(できることを伸ばす)ためのツールなのであって、もしそれらのツールを使いつつ、「できないような無理なことをさせる」「グループのペースに追いつかない子どもが脱落する」といったことがあったとしたら、それはもはやTEACCHではなく、むしろ「反TEACCH」ですらあるでしょう。

(続く)

※分量が多くなったためやむを得ず分割しました。
 まだ議論としては途中になってしまっていますので、次回以降もさらに考察を続けたいと思います。


posted by そらパパ at 22:19 はてなブックマーク | コメント(8) | トラックバック(0) | 療育一般
この記事へのコメント
こんにちは。先日、私が書いたコメントのお返事を見て嬉しく思いました。我が家の次男坊は中学一です。非言語学習障がい合併の高機能広汎性発達障がいです。療育病院での言語学習、養護学校での行動療育や教育委員会や発達障害支援センター、行政の福祉課、児相、中学の校長や担任、福祉のNPOの精神保健福祉士が会議をして、療育病院の主治医のコメントを中心にして、次男坊の学校での学習や生活について考えてもらいたす…が、ここたでになるまで数年かかりました。言葉の教室は小六で終わってしまいたした。一年しか通えませんでした。療育は、子供と楽しんでで通えないと長く続きませんから、三人の子供達の年齢に合った療育を支援をして下さた方々と協力して頑張っていこうと思っています。
Posted by 鈴蘭 at 2008年04月29日 10:22
鈴蘭さん、

コメントありがとうございます。
療育というのは、たくさんの方の支援によって初めて成り立つことは間違いありません。

どのような支援と出会えるかは、ある程度は「運」になってしまいますが、その「運」をたぐりよせられるか、あるいはさらにそれを「運命」に変えられるかどうかは、実は私たちが「運」に対してできる、数少ない、でもとても重要な働きかけだと思っています。

私も、これまでとこれからのさまざまな「縁」を、大切にしていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。
Posted by そらパパ at 2008年04月30日 00:08
こんにちは。お返事のコメントありがとうございます。私は文字の打ち間違いのしてるのに、メールを送ってしまい申し訳ありません。これからは気をつけます。
Posted by 鈴蘭 at 2008年04月30日 10:12
いつも、こちらのブログを拝見させて頂いております。初めてのコメントです。私も支援の出会いはある程度の「運」ということにとても思い当たることがあります。うちは、1年かかかって、漸くその「運」をたぐり寄せることが出来ました。それまで、散々、失敗したり、子どもに嫌な療育をさせた経験が多々あります。なかなか、療育すら受けられない人も多いので、内容をさほど検討することもなく、または子供のタイプに合っているかどうか考える間もなく受けさせてしまうことがありました。そういう方々も多いでしょう。たぐり寄せた「運」が本当に良運なのかどうか、はたまたその「運」を捨てる覚悟をする勇気も必要な場合もありました。駆け回り、色々なところに顔を出して口コミで得た情報や自分で調べて直接交渉したりと、子どもに合う支援に出会うことが出来ました。但し、金銭的な体力も必要な場合があります。ひょっとしたら、それ程、良い支援が無くても自然に伸びるお子さんもいるのかしら?と思う日々も少なくないです。
Posted by saku at 2008年04月30日 22:39
はじめまして、いつもブログを拝見させて頂き少しずつ勉強しています。3歳の自閉症の男の子の母です。
こちらにコメントするのとは話題が違うと思いますがすみません。
今1年ほど母子通園で療育に通っています。ここはTEACCH的な療育なんだと思います。

こことは別に、この4月から行動療法の施設に週1で通い出しました。
今までは無かったのですが、母子通園の方で自由遊びから課題への切り替えの際にもっと遊びたい、と大泣きするようになりました。
その際の私の息子への対応ですが、行動療法では大泣きしている時は手を出さずに泣きが修まってから抱っこしたり、褒めたり撫でたりするという事でした。
でも母子通園では泣いている時も常に声をかけ撫でて気持ちを代弁する、という対処をします。
そらパパさんのお子さんはこのようなことで対応を迷われたことはありませんか?
もしよかったら、教えてください。
Posted by ぺったんママ at 2008年05月01日 23:41
sakuさん、

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、子どもは本質的に「伸びる」ものです。あるときに子どもが大きく伸びたときに、それが療育の成果によるものか、勝手にそうなったのか、それは常に誰にも分かりません(どんな子どもも一度きりの人生を歩んでいるので、これだけは検証できないのです)。
私たちができることは、その「伸びる」ということをそっと支えて、伸びるチャンスがあるときにちゃんと伸びることができるような環境を整えてやることだと思います。
そして、実際に「伸びて」くれたら、子どもと一緒に喜びを分かち合う、ということですね。


ぺったんママさん、

「切り替えができずに泣いているときに、声をかけ撫でて気持ちを代弁する」というのは、恐らく、「TEACCH的な働きかけ」ではないと思います。(あえて言うなら「受容的」?)
いっぽう、行動療法のほうで言われているやり方は、確かに典型的な行動療法的対処方法だと思います。

だからそのアプローチが間違っているかどうかは分かりませんが、もし「TEACCH的」にその場面に対処するとしたら、

・「自分の意思を表示する」といういい面は伸ばしてもいいはず。例えば「もう少し遊びます」絵カードを作って、(パニックの代わりに)それを見せたらあと5分遊んでもいい、といったコミュニケーションにつなげていってもいいのでは。

・切り替えのときに、突然ことばで告げるのではなく、部屋の外などどの活動とも無関係の場所(トランジション・エリア)にスケジュール表を掲示しておいて、それを見に行って次の活動を確認したうえで、活動を切り替えるようにする。

・パニックそのものに対する対応は、TEACCHも基本的に「行動療法的」です。パニック中は危険行為をさせないよう気をつけつつできるだけ構わないようにして、収まってきたら構ってあげて、次の活動への切り替えを誘導します。

私もTEACCHのプロではないので、上記も我流の考え方ですが、多少なりとも参考になれば幸いです。
Posted by そらパパ at 2008年05月02日 01:06
こんにちは。お久しぶりです。
私も以前に似たようなことを経験しています。

世の中で結構、多いですよね?
TEACCHに関し、間違った運用をしているケース。
正しくTEACCHを運用すれば、
TEACCHが合わないお子さんなんて(定型発達児でも)いないと思います。
ただ、『絵カード』を使えばいいってもんじゃないですからね。
カードを『指示の道具』にし、間違ったTEACCHを実践するから、
TEACCHが誤解されちゃうんですよね。

私も過去、そうでした。
一度TEACCHが嫌いになって、勉強し直して、
「TEACCHそのものが悪いんじゃなくて、運用の仕方を間違っていたんだ」と気がついてから
また、TEACCHが好きになりましたけど、誤解したまま嫌いな方、多いと思いますよ。

カードや写真を使って、その子の理解を助けるのはTEACCHだと思いますが、
イヤなのに、理解できていて、分かるからこそ、『イヤなことをさせられる』ので、
カードを拒絶するようになるのは反TEACCHだと思いますが、
困ったことにそういうところが『TEACCH』を謳うんですよ。

残念なことです。
Posted by 姐さん at 2008年05月02日 12:11
姐さん さん、
コメントありがとうございます。

この記事の後半でも改めて出てきますが、この施設は、表立って「TEACCHだ」と言っているところではないようなんですね。

どちらかというと、絵カードとかスケジュールを使っている様子を見て、親の側が「これはTEACCHだ」と思ってしまう、ということがあるように思うのです。

だから、この記事のタイトル「それはTEACCHじゃない」というのは、その施設に対して言っているのではなくて、私たちの側の思い込みに対して言っているという側面もあります。

もちろん、もしもサービスを提供する側が「私たちのやり方はTEACCHです」と言って、でも実態がこの記事のようなものだとしたら、それは問題があるとは思います。
Posted by そらパパ at 2008年05月03日 16:31


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95008980
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー