2005年11月18日

殿堂入りおすすめ本

杉山尚子氏の「行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由」ですが、このブログで何度も紹介し、行動療法・行動分析の記事を書くたびにいつも参照したいと感じずにはいられない素晴らしい本ですので、右のサイドバーに「殿堂入りおすすめ本」として常時リンクを貼ることにしました。
個人的には、自閉症児を療育する親にとって必携!の本だと思います。



posted by そらパパ at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 理論・知見 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この本買って見ようかしら。
ABA入門書の奥田健次先生のブログにも
紹介してあったし。
この、奥田先生、井上先生の本は
持っていて、いや、買って自己満足状態。。。
Posted by あんあん at 2005年11月19日 07:09
あんあんさん:

奥田先生の本というと、「自閉症へのABA入門」ですね。
「ABA入門」はかなりテクニック寄りですが、こちらの「行動分析学入門」はABAの考え方の一番根っこの部分がコンパクトにまとめられています。
新書で持ち運びにも便利ですね。
Posted by そらパパ at 2005年11月19日 08:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。