子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2005年11月22日 [ Tue ]

自閉症児のパニックと行動療法(5)

5.弱化について − 罰がなぜ効かないか −

ちょっと間が空きましたが、パニックに対処するための行動療法の考え方の続きです。
ここで改めて、ここまでに出てきた用語を整理しておきたいと思います。

好子..........「ごほうび」のこと
強化..........「ごほうび」を与える等でターゲット行動を増やすこと
消去..........強化しないことによってターゲット行動を減らすこと
消去抵抗......消去しようとしてもしばらくターゲット行動が残ること
消去バースト..消去の過程で一時的にターゲット行動が活性化すること
連続強化......毎回ごほうびを与える強化方法のこと
部分強化......時々ごほうびを与える強化方法のこと


さて、「罰」です。
罰とは、「いやなもの」を提示すること、もしくは「ごほうび」を取り上げることによって、ターゲット行動が起こりにくくなるように働きかけることで、行動療法では「弱化」ともいいます。叩いたり叱ったり、というのはそれを提示することが罰になるものですが、こういったものを行動療法では「嫌子」といいます。(なお、多少厳密性には欠けますが、今後「罰を与える」という表現を、「嫌子を提示する」あるいは「嫌子による弱化」の意味でも使いたいと思います。)

罰は、消去とはまったく違います。これまで書いているスキナー箱を例にとって、「レバーを押す」という行動を止めさせるために、消去を使う場合と罰を使う場合でどう違うかを比較してみます。

消去........レバーを押してもエサが出ないようにする。
罰(嫌子)..レバーを押すと電流が流れるようにする。(エサは出る)


どちらがいいでしょうか?

ポイントは、嫌子による罰の場合、レバーを押すとエサが出る、という構造自体に変化がない点にあります。この結果起こる問題点としては、

・電流がイヤでも、エサを手に入れるためにレバーを押しつづける。
・電流を流すのをやめた途端に、またレバーを押す行動が復活してしまう。

といったことが考えられます。これは、一般的な用語におきかえると、

・強化の源となっている「ごほうび」を上回るような強力な罰が必要になる。
・罰をやめた途端に、元の行動が復活してしまう。

さらに、パニックにおきかえて考えてみると、パニックを罰でコントロールしようとするとこういうことになります。

・パニックを強化しているもの(隠れたごほうび)を上回る強力な罰が必要になる。
・罰をやめた途端に、パニックが復活する。

罰は、与えるにしてもできれば軽いものに留めたいですし、問題が解決したらすぐにでも中止したいものです。しかし、上記のような問題があるために、実際には、相当厳しい罰を与えなければ効果がないことが多いばかりか、いつまでたっても中止できないことが多くなると考えられます。つまり、本質的な意味で全然解決にならない、というわけです。
行動療法で一般的に罰が使われないのは、倫理的な理由からというよりむしろ、このように行動を制御する方法として効果的でないからです。

ではなぜ、多くの人は消去ではなく罰を使ってしまうのでしょうか? この点については実践編で改めて考えたいと思いますが、

・罰はその場では即効性があるのに対し、消去は消去抵抗やバーストがあり即効性がないから。
・罰はABC分析をやらなくても実行できる。適切な消去のためにはABC分析が必要。

このように、親にとって罰のほうが「分かりやすい」というメリットがあるからだと思われます。罰のほうが「効いたような気になる」という側面もあるかもしれません。でも実際には「罰は効きにくい」のです。

(次回に続きます。)

p.s. 「お気に入りリンク」に1件加えました。
既にブログをリンクしている島宗先生の過去のレポートに、行動分析学からみたTEACCHプログラムというのを発見しました。私が娘の療育で目指していることは、ほとんどここに既に書いてありますね。これに加えて、課題の設定に認知心理学的アプローチを採用する、というのが、私が「そらまめ式」と呼んで、目指しているものなのかな、と思います。


posted by そらパパ at 23:05 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 理論・知見
この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9494034
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー