子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2008年01月21日 [ Mon ]

たのしい手あそびうたDVDブック(ブックレビュー)

これは素晴らしい。



たのしい手あそびうたDVDブック
うた:井上あずみ
宝島社

私が以前から療育教材として注目しているタイプの書籍として、「子どもが歌を楽しめる本」というのがあります。

その1つが「モジュールおもちゃつき絵本」で、もう1つが「DVDつき手あそび歌ガイド」になります。

本書は、後者の「DVDつき手あそび歌ガイド」に該当します。
その名のとおり、手あそび歌のDVDが付属しており、このDVDを療育教材として使うことができるようになっています。
市販の「歌のDVD」が、アニメや特殊映像などを多用しがちなのに比べると、純粋に歌手が歌っている映像が使われていることが多く、ことばに興味を持ってもらうための「教材」として役に立つことが多いのが魅力です。

以前、このタイプの書籍を紹介したことがありますが、それらと比較しても、本書の完成度は群を抜いているといってよさそうです。

まず圧巻は、DVDに収録された曲の多さと、その選曲でしょう。
以下にリストを掲載しますが、曲数がとても多いので、追記に回します。

(DVD収録曲:全42曲)
 アイアイ
 あおむしでたよ
 あたまかたひざポン
 アブラハムのこ
 アルプスいちまんじゃく
 いっぽんといっぽんで
 いっぽんばしこちょこちょ
 いとまき
 おおきなくりのきのしたで
 おおきなはたけ
 おちたおちた
 おちゃらかほい
 おてらのおしょうさん
 おにのパンツ
 おはなし
 おはなしゆびさん
 おべんとうばこのうた
 がたがたバス
 かたつむり
 キラキラぼし
 グーチョキパーでなにつくろう
 げんこつやまのたぬきさん
 こぶたぬきつねこ
 コロコロたまご
 ごんべさんのあかちゃん
 ずいずいずっころばし
 せんろはつづくよどこまでも
 ちいさなにわ
 チェッチェッコリ
 ちゃつぼ
 ちょちちょちあわわ
 どんぐりころころ
 とんとんとんとんひげじいさん
 なべなべそこぬけ
 はじまるよはじまるよ
 バスごっこ
 パンダうさぎコアラ
 まつぼっくり
 むすんでひらいて
 やおやのおみせ
 やきいもグーチーパー
 やまごやいっけん
 

ざっと見て、手あそびうたといわれて思い出すような曲は、けっこう網羅されていることが分かると思います。

さらに特筆すべきが、DVDの映像です。

メインボーカルのお姉さんは、宮崎アニメの「さんぽ」「となりのトトロ」「君をのせて(天空の城ラピュタ)」などのオリジナル歌手である井上あずみさん。
さらに、「TOY STAGE」という「歌のおにいさん・おねえさん」の4人のユニットをバックにしたがえて、ほとんど「お○○さんといっしょ」のようなにぎやかで楽しい、もっと高価な歌のDVDと比べても遜色のない完成度に仕上がっています。


↑歌詞も字幕で表示されます。


↑こんな風に子どもも登場します。

以前も書きましたが、こういうDVDでは、歌っている人が楽しそうだというのはとても大切ですよね。そういう意味でもこのDVDは最高です。歌っている人から笑顔がこぼれまくっています。

ところで、ここで紹介するような使い方だと、本のほうはあまり使わない(笑)のですが、こちらも分かりやすいイラストと、全曲にメロディ譜がついているというとても親切な構成になっています。DVDが42曲なのに対して、本には60曲の手あそび歌が紹介されています。



全体として、私が以前から「欲しい」と思っていた「手あそびDVD本」の理想に非常に近いのですが、あえて「惜しい!」と感じる点を2点だけ。

1点目は、歌と映像が同時収録ではなさそう(つまり口パク)だということ。よく見ていると、映像の口の動きと歌が微妙にずれています。
とはいえ、相当頑張っている口パクで、露骨に合っていないと感じることはない(これも、「お○○さんといっしょ」と同じくらいのレベル)ですから、許容範囲と言っていいでしょう。

もう1点は、時間配分です。
このDVDを、全部とおして再生すると約51分かかります。これは、毎日の療育のために使うにはちょっと長いように感じます。
一方、それ以外の再生法というと、DVD自体が持っている機能としては、1曲1曲ばらばらに再生することくらいしかありません。
この問題は、DVDプレイヤーのプログラム再生機能を使ったり、その他いろいろ工夫して(PCとDVDに詳しい方ならいろいろできるはず)再生時間を調整して使うといいと思います。

上記のような多少気になる点はあるものの、DVDの完成度、実際に「手あそび」を大人が覚えて子どもと遊んでやるという意味での役立ち度、値段の手ごろさなどを考えると、本書は素晴らしいの一言に尽きます。
実は去年の秋くらいに出ていた本だったのですが、見つけるのが遅すぎたくらいです。

この本が昔からあったら、私は、何万円もかけて「おくちのみえるDVD」を作ったりはしなかったかもしれません(笑)。
(もちろん、オリジナルDVDには「映像・音声同時収録で口パク完全同期」「おねえさんの顔以外何も映っていないので口がよく見える・集中しやすい」「収録時間は手ごろな20〜25分」など自分なりの工夫をいろいろ盛り込んで、娘にも好評で長く使っている(今でも!)ので、結果的には作って良かったのですが)

ともあれ、本書を久しぶりに当ブログの「殿堂入り」させようと思います
おすすめです!

※その他のブックレビューはこちら

追補1:妻のブログに、うちの娘に見せたら泣いてしまった、という記事が出ましたが、その後私が改めて見せてみると、DVDの曲がよく知っている曲ばかりなので、DVDを見ながら親と一緒に遊びたがるのが原因だった(妻が見せたときは、妻は洗濯物をしまうかなにかで外していたので、遊び相手がいなくて泣いたらしい)ということが分かりました(こんな現象は、他のDVDでは見られないことです)。私がそばにいて見せたら、終始ご機嫌でした。

追補2:既に紹介済みですが、もう1冊、本書と同時に買ってもいいと思われる「手遊びDVD本」をご紹介しておきます。


みんなの手あそびうた DVDつき
著:阿部 直美
主婦の友社

こちらは、オリジナル曲を中心としたDVDブックになっています。
映像と音声が同時収録で歌と口の動きが完全に同期していることと、歌っているおねえさんがとても楽しそうな点が魅力です。
Amazonで今回紹介した「たのしい手あそびうたDVDブック」だけを買うと、値段が1500円以下で送料が有料になってしまいます。「何かもう1冊」ということでしたら、若干値段は高めですが、こちらもおすすめです。

posted by そらパパ at 21:26 はてなブックマーク | コメント(2) | トラックバック(0) | 実践プログラム
この記事へのコメント
以前、感覚統合について質問コメントさせていただいたものです。その節は丁寧に答えていただきありがとうございました。(お礼のコメントもせずじまいで、失礼いたしました。)

さて、こ、これは、まさに私が娘のクリスマスプレゼントに探していたものです!

娘は1歳9ヶ月、今のところ定型発達児の範疇ですが、グレーゾーンな部分もあり、成長して社会的不適応が出てくればPDDと診断されるかな?というような子どもです。

Amazonでも「手遊びうたで」探したのですが、見つけきれず(DVDコーナーのみ探したのが敗因)、結局しまじろうのシリーズになりました。曲は1/4程度なのに、値段は3倍近かったです・・・。

実はそらぱぱさんのDVD、注文しようと思っていたのです。
でも、こちらを買うことにします。ごめんなさい!
Posted by ohgie at 2008年01月22日 13:06
ohgieさん、こんにちは。

この本はなかなかいいですよ。一言で言えば、値段に不釣合いな「豪華な本」だと思います。療育にも活躍してくれそうです。

オリジナルDVDについては、記事にも書いたとおり、療育専用ということで、この本とは方向性も若干違いますので、必要だ、と感じていただければ、また検討いただければ十分です。

これからもよろしくお願いします。
Posted by そらパパ at 2008年01月24日 22:44


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78764174
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー