子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2008年06月02日 [ Mon ]

「適応」という視点(10)

前回の記事では、「クレーン行動から(ことばのやりとりではなく)絵カード交換へ」という療育的働きかけに対する、「適応的視点」からの積極的な意味付けとして、「クレーン行動に固執しているような発達段階の自閉症児にとっては、多くの場合、絵カード交換こそが『全体最適』であり、『ことばのやりとり』は全体最適にはなっていない」という考え方を示しました。

tekio8.gif

私たちはここで、前半で書いた「適応」の本質に戻る必要があります。

適応というのは、与えられた「からだ」と「環境」という2つの制約条件によってどのような道筋をたどるのかが決まります。
つまり、「自閉症児である」という「からだ」の側の制約によって、たとえ同じような「環境」の下にあっても、私たちとは適応のあり方(どのような行動がどの程度の適応度を持つのか)が異なってくるということです。

「絵カード」と「音声言語」の例を引き続き使うならば、かなりの割合の自閉症児にとっては、「絵カード」によって(あるいは併用して)コミュニケーションを行なうことのほうが、純粋に音声言語だけでコミュニケーションを行なうことよりも適応度が高い状態にある可能性があります。
「適応度のマップ」は一人一人が異なったものを持っており、療育的働きかけは、この適応度マップがどのような山・谷を描いているのかをしっかり頭に描きながら行なわなければならないのです。

こういった考え方は、TEACCHの中には既に含まれていますね。つまり、TEACCHの「自閉症児の特性を知り、その特性に合った働きかけをする」という療育観が、それにあたります。

さて、それではこのようなケースの場合、音声言語を教えることは永遠に「行なうべきではない不適切な働きかけ」でありつづけるのでしょうか。

そんなことはありません。
いきなり、現状を省みずに「絵カード」から「音声言語」に向かおうとすれば問題が起こりますが、焦らずに、地道な取り組みによって子どもの認知能力を高めることによって「適応度のマップ」を変化させることができれば、やがては「絵カード」よりも「音声言語」のほうが適応度が高い状態を作り出すことができるでしょう

tekio9.gif

そうすれば、もはや音声言語へ向かう働きかけにとって障害となるものはありません。

tekio10.gif

次回はいよいよ、今回のシリーズ記事で一番書きたかった、「適応的視点」から見た、療育的働きかけの本質について書いていきたいと思います。

(次回に続きます。)


posted by そらパパ at 21:45 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | そらまめ式
この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70680067
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー