2017年07月24日

自閉症の子どもと暮らす家づくり(126)

同じ分譲地の隣接する区画で「柱状改良」という本格的な(コストのかかる)地盤改良工事が行われているなか、私たちの区画に対して実施された正式な地盤調査の結果は…

「改良工事の必要なし」

でした。

この結果にはほっと一安心です。
これで、地盤改良工事のコストが発生しないことが確定したので、今回、家を建てるために必要な費用がほぼ確定しました。

あと、費用が大きくかかるものとして残っているのは「外構工事」になりますが、こちらについてはビルダーに紹介してもらうのではなく自分で手配するつもりでしたので、いったん切り離して考えることにします。(あとでまとめて記事を書く予定です。)

地盤調査が終わると、地縄といって家の形に縄を張り、さらに希望する場合は「地鎮祭」を行なう、という流れに入っていきますが、家族で話し合った結果、地鎮祭は行わないことにしました。
妻が出産前後で慌ただしく、体調も万全である保証もないことに加え、長女にとってはわけのわからないイベントなので混乱してパニックを起こしてしまうかもしれない(結果として、満足のいく地鎮祭にならないリスクがかなり高い)、と判断したからです。

そんなわけで、地鎮祭はなしで、私がひとりで「地縄確認」というのだけを行ないました。

この地縄確認の目的は、簡単にいうなら、敷地の中における建物の位置を最終確定させることです。
いちおう、図面上は建物の位置は確定しているのですが、実際に家を建てる際には、「思ったよりもこちらの方向に寄りすぎている」とか「通路にするつもりだったこの部分が通れない」といったことが起こるので、この段階で最終確認し、場合によっては若干建物の位置をずらすといったことを行ないます。(大きく動かすと建築確認のとりなおしになる場合もあるので、動かすといっても10cmとかそういったレベルです)

我が家の場合、地縄の位置を確認したところ、建物の裏側にあたる北の敷地が、エコキュートを置くとまったく通行できなくなるくらい狭くなることが分かったので、建物全体を南側に10cm程度ずらすことになりました。

地縄確認で建物の位置も決まったら、いよいよ着工です。

が、その前に、また1つ小さなトラブルが発生してしまいました


posted by そらパパ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。