2017年07月17日

自閉症の子どもと暮らす家づくり(125)

地盤調査にセカンドオピニオンを使わせてほしい、という私の要望は、ビルダーからはあまり歓迎される申し出ではありません。
なぜなら、ビルダーは建った家について、10年程度の地盤の保証をしなければならず、ビルダー自身が委託した以外のところで調査した結果でをもってその保証をするというのはリスクがあるからです。

ただ、これについても解決策がありました。
それは、地盤調査のセカンドオピニオンのサービスを実施している業者の保証を受けるという選択肢です。

あえて具体名は出しませんが、地盤調査のセカンドオピニオンでネット検索すると、もうここしかないというくらい有名な業者がヒットするはずです。
そして、そこでセカンドオピニオンのサービスを受け、地盤改良工事の必要なしと判断された場合、その業者がビルダーに代わって10年間の地盤保証をしてくれるのです。
もちろん費用はかかりますが、地盤改良工事の費用よりはずっと安く済みます。

これであれば、ビルダーもリスクをとらなくていいですし、建てる側はセカンドオピニオンを採用したとしても地盤の保証が受けられるということで、どちらも丸く収まります。

というわけで、私の方からは、ビルダーに次のように申し出ることになりました。

・最初の地盤調査は、ビルダー指定の業者で普通に実施する。

・その結果、地盤改良工事の必要なしと判断されれば、そのまま工事着工。

・最初の地盤調査で改良工事要と判断された場合、セカンドオピニオンサービスを利用する。

・セカンドオピニオンでも改良工事要と判断された場合、最初の地盤調査の結果をベースに工事に着工。地盤保証もビルダー側の保証を利用。

・セカンドオピニオンで改良工事不要と判断された場合、セカンドオピニオンの結果をベースに工事に着工。地盤保証はセカンドオピニオン業者のものを利用。


この申し出に対して、ビルダーからは、「ああ、あそこの業者さんならよく知ってますし、通常の地盤調査を依頼したこともありますから、それで大丈夫ですよ」という色いい返答がもらえました。

そんなわけで、最初の(ビルダー側の業者による)地盤調査を実施しました。

その結果は…


posted by そらパパ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。