2017年06月12日

自閉症の子どもと暮らす家づくり(120)

というわけで、家づくりの「仕様ぎめ」の最後の段階ともいえる「施主支給」ですが、具体的に我が家で施主支給したものがどういったものだったかを、主なものだけご紹介しておこうと思います。

1)照明器具の一部

 照明器具については、居室の照明については元の家から持ってくる前提で基本的に埋め込みのシーリング金具をつけてもらうことで対応しました。
 それ以外の屋外照明や水回りの照明の一部、天井埋め込み照明などについては、電気・配線関係の打ち合わせの際にビルダーの提携工事業者にお願いすることにしたのですが、選べるメーカーが3種類くらいしかなく、しかもそのうち2メーカーはいわゆる白物家電系のメーカーでどの商品も非常に高額でした。
 そのため、残った(通常の設備工事系の)1メーカーの品揃えの範囲で選べる照明器具については業者にお願いして、それ以外のものはやむを得ず施主支給としました。
 施主支給で購入した照明器具の総額は、たしか10万円程度だったと思います。

2)キッチン食器棚の「下半分」

 キッチンについては、シンク側の上下、シンクの反対側の壁面の上下それぞれに収納・食器棚を設けることで最大限の収納力を確保しましたが、1つ問題がありました。
 それは、シンク反対側の食器棚の下半分に十分なバリエーションがなく、希望していた「オープンラックタイプ」のものが存在しなかったことです。
 我が家のキッチンでは、電子レンジ・炊飯器・ホームベーカリー・オーブントースター・電子ケトルなど大量の電化製品をとっかえひっかえ使うのと、それまで使っていた大きなゴミ箱ペールをそのまま置けるよう、棚の高さを任意に調節可能な、扉のないオープンラックが欲しかったのですが、キッチンのオプションのなかにはそういうものはありませんでした。
 仕方ないので、キッチンについては、シンク側の上下と反対側の「上」だけを買うことにし、反対側の「下」については別途似た色のオープンラックを購入して施主支給という形をとることにしたのです。
 まあ、これについては施主支給とはいってもビルダーに設置をお願いしたわけではなく、組み立て式のラックの配送先を建築中の新居にして、完成後に自分で組み立てただけなので、厳密には施主支給とは言えないかもしれません。

3)カーテンレールとカーテン

 カーテンについては、もともと基本的にビルダーは関与せず、勝手に好きなところでやってください(紹介希望なら紹介します)といったスタンスだったのですが、我が家はカーテンレールについても施主支給としました。
 というのも、カーテンレールをビルダーのオプションで設定すると、1か所あたりいくらという計算でかなり高額になってしまうことがわかったからです。
 我が家はブラインドではなくカーテン派で、扉の代わりにカーテンで代用することにした場所もあり、しかも全部ダブルレールにする必要もあったので、「カーテンレールの本数」でいうと30本を超えていて、ここの単価が高いと全体コストにかなり影響することがわかりました。
 カーテンレールについては、多くのビルダーで使われている高品質な業務仕様のものが通販で安く買えるので、それを購入して施主支給することとしました。
posted by そらパパ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。