2015年06月22日

自閉症の子どもと暮らす家づくり(24)

土地探しを始めて、気になった土地に対して、仲介業者とつながりのあるビルダーさん等に「参考プラン」としてその土地に入る建物の間取りを設計してもらう、ということを繰り返してみた結果、分かったことは、

所詮「参考プラン」で出てくる間取りなんてレベルが低くて全然使えない。

ということでした。

もちろん、無料サービスなので多くは望めないですし、実際に土地の調査をしているわけではなく単に不動産業者の持っているイラストレベルの土地図面と「顧客の希望」だけでざっくり作っているわけですから仕方ないのですが、まあ率直にいって、建売で実際に建っている家よりも使えない間取りのオンパレードでした。

今でも覚えているのは、南向きの土地に、南入りの玄関、玄関脇に「南向きで玄関から丸見えのトイレ」を設置し、さらにキッチンまで南側にあって、玄関とトイレとキッチンで南側を占領してしまって肝心のリビングが南面しておらず西向きという、素人でも作らないようなありえない「参考プラン」でした。

この参考プランを作ったのは、とても有名な某パワービルダーさんでしたが、さすがにこのプランには、手配した仲介業者さんも苦笑していました。
(参考までに書いておくと、キッチンは食品を扱うので厳しい直射日光の入りやすい南向き・西向きは避けるべきとされており、北向きもしくは東向きがいいと言われています。)

他の参考プランはここまでひどくはなかったですが、それでも、こちらの希望を「とりあえず入れてみました」レベルのものが多く、いかにも使いにくそうな間取りばかりで、検討のたたき台にするのも難しいという印象でした。

こうなってくると、私みたいな性格の人間が考えることは、1つしかありません。

そうです、

こうなったら、自分でプランを作ってしまおう。

となったわけです。

自分自身で間取りを作るために、最初はいくつか間取り設計用のフリーソフトを試してみましたが、思いのほか使いにくく、結局、市販のパッケージソフトであるこちらを購入することになりました。


3Dマイホームデザイナー12
メガソフト

3Dマイホームデザイナー オフィシャルガイドブック 2014
シジシンデザイン室 (著),

かつては間取りソフトもいくつか有力なものがあったようですが、淘汰されて現在は一般ユーザー向けではほとんどこれが唯一の主力市販ソフトといってもいいのではないかと思います。
(私が実際に買ったのはこれのバージョン違いです。上記は現時点での最新版です)

ソフトにも解説書がついている(「解説書付き」のソフトを買った場合)のですが、私はさらに追加して、こちらの本も買いました。


家族でつくる「間取り」の教科書 単行本
小池 康壽
posted by そらパパ at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが、ソラパパさんですね。
設計までされるとは。。。

ソラマメちゃんも中学生ですね。
随分と大きくなったでしょう。
子供の成長って、自分の子は気付かないけど他人の子供はあっという間って感じがします。

そおいえば、エイプリールフールネタが、今年はなかったですね!
Posted by wakapapadesu at 2015年06月24日 11:57
wakapapadesuさん、

コメントありがとうございます。

はい、今回は最終的に、ほぼ私が設計したとおりの家を建てることになりました。(もちろん、細部についてはプロの設計士の方が修正していますが)

上の子は中学生、下の子は1歳になりました。
どちらも大きくなったなあと思いますが、いまは下の子の成長の早さに驚かされていますね。

エイプリルフールですが、もうたぶんやりません(笑)。というより、このブログ自体がそろそろネタ切れですので、定期更新はもう少ししたら終わりになると思っています。
Posted by そらパパ at 2015年07月07日 21:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。