2014年11月24日

障害者いじめの一つの「形」-「聲の形」から(24)

さて、何回かに分けてベーシックインカム制度の内容について書いてきましたが、このシリーズエントリの元々の趣旨である「福祉制度があるがゆえの障害者いじめ、私的制裁」と、このベーシックインカム制度の関係について触れておきたいと思います。

このシリーズエントリで述べてきたような「障害者いじめ」というのは、福祉制度があるがゆえに「あいつらだけが得をしている」「苦労して働いている自分たちより、あいつらのほうがラクをしていい思いをしている」といった妬みや誤解から、その「自分たちより得をしている」を想定される支援を無効にするような形で下される「私的制裁」のことを指しています。


「聲の形」第1巻より。

これは、端的にいえば最近よく言われるような「生活保護バッシング」と似たような性質のものだと言えるでしょう。

そして、このような「いじめの構造」は、いまある福祉制度が、「弱者だと認定された人にだけ支援を提供し、そうでない人には提供しない」というシステムになっているからこそ生じている側面がある、ということについても分析してきました。

それでは、もしも現行の福祉制度が廃止され、代わりにベーシックインカム制度が導入された場合は、このような「障害者いじめ」はどうなるでしょうか?

恐らく、(そういうタイプのいじめ、私的制裁については)なくなるか、非常に起こりにくくなると想像されます。

なぜかというと、ベーシックインカム制度というのは、特定の「弱者」にだけ特別な利得を提供するような支援制度ではなく、あらゆる人に漏れなく提供される支援であるため、「あいつは特別扱いされている」という認識を生みにくいからです。
ベーシックインカムは国民全員に同じだけ提供されます。ある意味究極の「公平な福祉制度」です。
そして、頑張った場合、頑張った分だけ「手取り」は多くなり、「何もできない人がたっぷりと支援を受け取り、少しできる人は支援を受けられないためにかえって貧しく、苦しくなる」といった逆転現象も起こりません
そういう意味で、「弱者だけが甘い汁を吸っている」といった認識や誤解が(少なくとも現行制度よりは)はるかに生まれにくい制度である、ということが言えます。

そして、このベーシックインカム制度は、いわゆる弱者の人の自立支援という観点からも、画期的なメリットを生み出すであろう、1つの大きな特長があります。

それは、

働き方のスタイルが圧倒的にフレキシブルになること

です。

これは、少し考えれば、障害者就労について画期的なソリューションになりうることが分かります。
次回はこのあたりについて書いてみたいと思います。


posted by そらパパ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。