2014年06月23日

1週間主夫をやってみて(あるいは、エコサイクル家事のススメ)(7)

さて、何度かにわたって書かせていただいた、このシリーズ記事も今週で終わりです。
今回は、全体のまとめと、妻へのなんちゃってインタビュー(笑)で締めたいと思います。

今回、まるまる1週間、完全にひとりで、娘の介助を含む家事を全面的に経験したことで、かつての一人暮らしや、1日程度の家事留守番とは違う次元で「家事」と「主婦(主夫)生活」というものを知ることができました

第1に、一人暮らしがなんとか成り立つ程度に「家のこと」をこなすレベルと、子どもがいる家族の家事を破綻させずに回すレベルとでは、やらなければならない家事の「量」も「複雑さ」もまったく異なり、それが結果として「質」の違いにまでなる、ということ。
朝とか夕方とか、複数の家事が重なる時間帯は確かに殺人的な忙しさになり、同時に複数の家事を並行して進めていかないと到底間に合いません。
そして、同時に複数のことを考えながら家事をする生活を、たった1週間続けただけでも、頭のなかで作業動線が合理化されていき、ある意味「家事脳」が身に付いていくという面白い経験もしました。

第2に、家事というのは「掃除」とか「洗濯」みたいな特定の作業を指すのではなく、「家」のもつ機能を発揮しつつ、発揮させることで増大するエントロピーを復元することで、「家」の機能を維持することだ、と悟ったこと。
そう気がついたことで、「料理は作るが後片付けはしない」とか「洗濯機は回すが干したり畳んだりは面倒」という感覚でやる「家事」は、家事の本質にまったくたどり着いておらず、むしろ「料理の後片付け」や「洗濯物を畳む」ことで「家庭の機能が復原される」ことにこそ家事の醍醐味があることが実感できました。

第3に、やはり家事に・家に拘束されてる家事生活を毎日続けていると、どうしても思考が狭窄化しがちで細かい家事の悩みにけっこうとらわれるようになること。そしてそれを、パートナーへの愚痴として聞いてほしいという気持ちが高まること。
私も、これまで、仕事から帰るとよく妻が家事の愚痴を話してくることがありましたが、その相手をすることがそんなに大事だとは(頭では分かっていても)実感できてはいなかった気がします。
でも、たった1週間家事をやっただけで、私が妻に家事の愚痴を言うようになっているのに気づいて自分でも笑ってしまいました。
以後、妻が退院してからも毎日仕事から帰ったあと妻と雑談する時間をとるようになりました。

そして第4に、家事の責任を任されることは、自分の時間の自由度が大幅に制約されることを意味し、(少なくともいまの日本の会社のホワイトカラーの世界では)仕事と両立するというのは本質的に無理ゲーだ、という実感。
もちろん不可能だということではないでしょうが、安定した持続性をもって周囲が(あるいは自分自身が)期待されるレベルで仕事をすることは容易ではなく、また昇進はチャンスというよりリスクとして映ってしまう(だからそういうのを避ける動機が生まれる)ことも実感しました。

というわけで、今回の経験で学んだことは本当に大きかったです。
家庭と仕事ということを改めて見つめ直す貴重な体験になりましたし、私自身にとっても、なんとか家事を一任されてもやれそうだな、という自信にもつながりました。

というわけで、当ブログにお越しの「お父さん」の皆さん、もしこれまでやったことがないのであれば、ぜひ一度「家事をぜんぶ任される」という経験をされてはいかがでしょうか。
割と人生のパラダイムチェンジにつながったりするかもしれませんよ。(笑)

さて、最後に、今回の件について、一応「相手方の意見」も載ってないと不公平?なので、妻に簡単にインタビューをしてみました(笑)。
それを最後に掲載することで、このシリーズ記事を締めたいと思います。なんかちょっと手前味噌でキモいですが(笑)。
>退院して、家に戻ってみてどう思った?
もっと散らかってると思ったけど、案外きれいだったので驚いた。学校の連絡帳にもいろいろ書いてあったので、思ったよりまめだなあと思った。ついでに家中の掃除もやっておいてくれたらもっとよかったのに。

>後半で私が家事の愚痴をメールしたでしょ。あれはどうだった?
毎日毎日同じ話が送られてきたんで、いいかげん、それくらい自分でなんとかしてよ、と思った。こっちはこっちでまだ体力戻ってなかったし、生まれた子どもの世話もあって寝れてなかったし、イラっとしたよ。

>でもそれって、家事の愚痴を話す奥さんと仕事が忙しいからと怒る夫、というのと同じ構図なんだよね。
そう言われればそうなのかもね。

>それで、最近は夜雑談する時間をとるようにしてるんだけど。
それはいいことだよね。やっと主婦の気持ちがわかったでしょ?(笑)

>じゃあ最後に、家事とかについてこれから希望することとかってある?
子どもが二人になって、ますます家事も忙しくなってくるから、これからもちゃんと家事手伝ってね。



posted by そらパパ at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
重度自閉症児 ケンケンのパパです。

一週間お疲れ様でした。
とても勉強になりました。

当たり前に家事をこなす
かみさんに感謝ですね~

これからもよろしくお願いします。

それから、facebookで、シェアさせて頂きました。(友人のみ)
事後ですいません。
Posted by ケンケンのパパ at 2014年06月24日 20:55
シリーズ、面白く読ませていただきました。

家事の悩みにとりつかれた結果、エントロピー復元しなくてもいいやー、となると、そこにグータラ主婦への道が開かれています(笑)

きっちりきれいに復元しないと気がすまない人から、復元しなくても気にならない人、どうにかしようと思ってはいるけど体が動かない人まで、主婦も色々いますが、身体が動かないことが多い私は、きっちりした方を見ると、本当にすごいなあと思います。

aba的に、自分が家事を上手にする手段って何かあるかな?と考えなくもないですが、自分で自分をっていうのは結構難しい。

とりあえず、旦那さんからみたら、エントロピー復元してないぞっていう状況でも、子育ての愚痴くらいは聞いてあげてほしいなあ、と思います。

とりとめのない話ですいません。
Posted by tama at 2014年06月24日 22:13
 こんにちは。
 連載を楽しく読ませていただいていました。
 主夫をなさっているというだけのことでも大尊敬です!
Posted by アスペ君ママ at 2014年06月30日 12:02
皆さん、コメントありがとうございます。

facebookですが、基本的にアカウントは閉じています。特段アップデート・アクセスすることはないと思います。すみません。

今回、1週間だけですが主夫を経験してみて、学ぶことはとても多かったと思います。
やっぱり、どういうところが大変なのかというのは、がっつり経験してみないと実感できないところは多いなと思いました。
(愚痴りたくなる気持ちも実感できましたし(笑))

私の経験は、ふだんから家事をしっかりされている方にはいまさらな話題だと思ったのですが、それでも参考になる人がいればいいなと思って書かせていただきました。

皆さんから肯定的なコメントをいただけて、嬉しく思います!(^^)
Posted by そらパパ at 2014年06月30日 23:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。