子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2013年07月08日 [ Mon ]

NOといえる(ようになる)療育 (8)

このシリーズ記事、後半は、「しない」ということば(拒否の意思表示)を活用したコミュニケーションがなぜ「難しい」のかについて、さまざまな角度から考察しています。

前回、「しない」ということばの対象となる行為が実際には存在しない、というのが、しないということばの「難しさ」の1つの大きな要素になっている(だろう)、ということについて触れました。

つまり、するかしないかを聞いている時点でも、その「行為」は行なわれていないですし、その質問に対して「しない」と答えた場合には、結局最後まで、その「行為」はいちども現れず消えていきます。(一方、「する」と答えるパターンの場合は、言った後でその行為が現に現れるので、「要求すると出てくる」という、マンド的な比較的難易度の低い=学習させやすいやりとりになります。)

簡単にいうと、大人が「○○をする?しない?」と子どもに聞いて、子どもが「しない!」と答えて、大人がそれにしたがって○○をせずに済ませた場合、「○○」は結局「なかったこと」「話題にのぼっただけ」になるわけです。

○○は、ことばの世界以外にはまったく登場していません。

でも、「話題にのぼっただけ」ではあるものの、コミュニケーションとしては、「○○が話題になった(提案されて、断られた)」ということを双方が理解している必要があります(そうでなければコミュニケーションが成立していないわけですから)。

そのために必要なスキルとして、前回の記事では、いわゆる「内言語スキル」をあげましたが、もう1つ当然に必要になるスキルが「する?しない?の対象になっている行為を理解していること」、つまり、「○○する?」と聞かれたときに「○○」ということばが示している行為を知っていて、理解できる、ということです。

これは少し考えてみると意外と奥が深い話です。

なぜなら、「○○」という行為とその名前を知っている(行為と名前がつながっている)ためには、「○○」という行為を繰り返し実行し、その都度周囲の大人が「○○」と言ってあげる、といった繰り返し学習が当然に必要になります。

と、言うことは?

「しない」ということばを教える際のターゲット行動としての「○○」という行為は、子どもにとって、一般的によくする行動である必要がある、ということです。

常に「しない」行動だと、そもそもその行動を学習する機会がないので、その行動に名前をつけて学習させる機会が生まれません

「しない」のコミュニケーションの際には、その行動をしないで、「○○」という「行動の名前」を伝えるだけで、その行動をイメージしてもらわなければならないわけですから、その行動に「慣れ親しんでいる」必要があるわけです。

でも、教えるときのコミュニケーションは、その行為を「する」ではなくて「しない」なわけです。

ふだんからよくやっている行動であるにも関わらず、ある状況下では「したくない」と思うような行動、そういう行動でなければ、「しない」のコミュニケーションを教えるのにふさわしい行動ではない、というパラドックスがあるわけです。

このパラドックスについては、さらにもう1つの(よりテクニカルに重要な)側面がありますので、次回はそれについても書いていきたいと思います。

(次回に続きます。)

posted by そらパパ at 21:05 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 娘の話
この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368652523
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー