子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2013年05月20日 [ Mon ]

NOといえる(ようになる)療育 (1)

昨日は、妻が昼間外出していたので、娘と二人で留守番をしていました。

で、昼は近所の牛丼屋に二人で牛丼を食べに行き、それ以外は家でのんびりとしていました。
「のんびり」の時間には主に、私は趣味のウクレレ作り、娘はタブレットで音楽鑑賞をやっていました。最近、娘はきゃりーぱみゅぱみゅの「インベーダーインベーダー」と「ラジオ体操第一」がマイブームです(笑)。





ところで昨日、そういう時間をすごしている中で、「ランチの時間」と「家にいる時間」、どちらにも共通する1つのコミュニケーション療育についてつらつらと思い出していたので、今日はそのことについて書いてみたいと思います。

まず、ランチのほうに関連する話題です。
いつもの牛丼屋にいくとき、娘はいつも同じルートを選ぶのですが、そのルートは行きと帰りで違います(つまり、行きと帰りで異なる1つのパターンのルートを必ず選ぶ、ということです)。

そして、そのうち「帰りのルート」の途中には小さな神社があり、娘はそこを通ると、たいていそこに立ち寄って、「おまいり」していきます。
昨日も、「おまいり」をしました。

ただ、数回に1回、その神社の近くを通っても「おまいり」しようとしないときもあります。(面倒くさかったり、早く家に帰りたいときもあるんだろうと思います)

そういうときは、そのまま素通りさせないで、あえて私たちのほうから娘にこう尋ねることにしています。
それは、後に続く娘の答えを引き出すトレーニングの機会にしようとしているからです。

「○○(娘の名前)、おまいりは?」

行きたくないときの娘の答えは、こうです。(そして、私たちもこれを期待しています)

しない

娘は、何かを促されて、でもそれをやりたくないときに、「しない」と言って拒否します。

これだけを抜き出して書くと、「言うことを聞かずにぶっきらぼうに断る困った子ども」に見えるでしょうか?

でも、全然違うのです。

私は、娘が「しない」と言って何かを断るたびに、本当に嬉しくなります
なぜなら、この「しない」という「コミュニケーション」を獲得するまでの道のりは、本当に長く険しいものだったからです。

その嬉しい気持ちは、ランチタイム以外のもう1つの「しない」、つまり、「家でのんびりとしている時間」に発せられる「しない」を聞くとき、一層強くなるのです。

(次回に続きます。)

posted by そらパパ at 21:46 はてなブックマーク | コメント(2) | トラックバック(0) | 娘の話
この記事へのコメント
 新連載ですね。
 まだ連載が始まったばかりなので、どういう切り口かはわかりませんが、NOと判断し表現する尊さ、うちのムスメも実感しています。そらパパさんがどう分析し働きかけていらっしゃるか、楽しみになりました。
 うちの場合は、昨年が、全てNOの時期でした。3歳後半での全てNO表現は、なかなか対応が大変だったものです。食事、排せつ、睡眠といった生命の根本にかかわる事も即座にNO表現し、自分の発言に引っ張られて混乱していました。多弁なだけに、身近な人にも障碍の特性と気づいてもらえず、出口が見えませんでした。明らかに痛いけがの時も、イタクナイ‐と絶叫して泣いていました。選択を促すこと自体がパニックに直結していたのです。
 必死で、{どうしよっかなーと言えたら偉いね}{いらないかも、てことだね}と、引き伸ばしやあいまい表現を伝えつつ、小さな頭の爆発が収まる時期を待ちました。今も、本を読んでいて、本人が{あ、この子 かも が使えてるね、偉いね。}と言ったりします。すると、あの日々を思い出して、懐かしいです。
Posted by しまなみ at 2013年05月21日 09:56
しまなみさん、

コメントありがとうございます。
返事が遅くなってしまいました。

Noと答える、というのは、コミュニケーションとしては、言われたことに従うことよりも「一段上」の難易度にあるんじゃないかな、と思います。
なぜなら、何か指示されていることがある、と認識しつつ、かつ、その指示に従わないという「メタ」の判断をしているからです。

で、こうやって書いていて、この「メタの認識」ということでいうと、もしかするともう1つのシリーズ記事である「ホワイトボードで将来の見通し、時間の概念がついてきた」ことと関係があるのかもしれない、とふと思いつきました。

そう考えてみると、療育というのは、複雑に折り重なった奥の深いものだなあ、と改めて思います。
Posted by そらパパ at 2013年05月27日 22:30


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/362573715
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー