子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2013年04月29日 [ Mon ]

電子タイマーキット完売のお知らせ。

2008年の秋から開発を開始し、2009年3月からベータ配布開始、そして2009年6月から正式頒布をスタートした、「そらまめ式電子タイマー・マルチランプ64 製作キット」ですが、先週、とうとう全ての在庫がなくなりました



最後の在庫のキット一式について、梱包する前に写真を撮ってみました。
この後梱包されて、最後にご注文いただいた方のもとへ旅立っていきました。
これで、我が家の在庫もすべて終わりです。

在庫がなくなったら、また部品を調達してくればいいはずなのですが、この電子タイマーキットについては、重要な部品のうち2つが既に市場から消えているため、部品調達不能となってしまっています。

ちなみに、その2つの部品とは、マトリックスLEDと圧電ブザーです。



こちらはタイマー製作当時に作成したタイマー紹介動画ですが、このメインの表示部分である、LEDを64個搭載したマトリックスLED、まずこれが市場から消えています。

このマトリックスLEDは、秋葉原の秋月電子さんで100円で売っていたサービス品だったのですが、既に3年くらい前に店頭からもネットショップからも消えました。
で、もうなくなったのかと思っていたところ、店頭で店員さんに直接確認してみたら、まだ倉庫に在庫が少し残っているということで大量購入、一時的に電子タイマーキットの在庫も復活させることができました

しかし、その後完全に秋月さんの倉庫からも在庫が消え、今は別のマトリックスLEDを販売されています
でも、確認してみたところ、ピンアサインが完全に変わっているため、もしこの新しいマトリックスLEDを使おうとするなら、配線を完全に変更し、恐らくプログラムも一部変更を余儀なくされるんじゃないかと思います(LED点灯のための最低電流が上がっていたら、全面的な回路の見直しも必要でしょう)。

また、マトリックスLEDと並んで、この電子タイマーのユーザーインターフェイスを形成している、音を出すための圧電ブザー、これもまた供給は極めて不安定でした。
一時秋葉原のすべての店から在庫が消え、個人の在庫を通信販売されている方をネットで見つけてその方から購入、その後一時的に秋葉原で在庫が復活したのでそのときにまとめ買いしましたが、その後また在庫が途切れたためタイマーキットの仕様を一部変更、と紆余曲折をたどっています。
そして現在は、仕様変更で使ったブザーも店頭から消えており、同等品を探すのが困難な状況となっています。

そんなわけで、この「電子タイマーキット」が今後在庫復活することは、ありません。
多くの方にご支援いただいた、この「電子タイマープロジェクト」も、これをもって完結となります。

このキットにお申込みいただいた皆さん、ベータ配布時にベータテストに参加いただき、バグ出しや改良点のモニターをしてくださった皆さん、そしてキット開発時にさまざまな技術的なアドバイス等をくださった皆さん、その他、この電子タイマーキットに関わってくださった全ての皆さんに感謝します。

ありがとうございました!


<補足>
我が家でのこの電子タイマーの活用状況ですが、つい最近、使うのをやめました。
電子タイマーを開発してからおよそ4年近く、実際に我が家でも、夕食前の待ち時間、テーブルに夕食が並んでから「いただきます」までの待ち時間を伝えるためのツールとして活用してきましたが、ホワイトボードでのやりとりで「待つ」ことや、大雑把な時間の認知ができるようになったことで、タイマーの必然性が薄れてきたことと、タイマーを何度も落としたことで動作が不調になってきたことから、電子タイマーを「卒業」させました。

ちなみに我が家では、タクトスイッチを大きな押しボタンに変更してタッパーのフタに固定して「閉じたまま」操作できるように改造していました。
また、現在我が家にある電子タイマーは、実際に娘に使っていた実用版、キット用にプログラムを書き込んだPICマイコンの動作チェックのためのテスト版(PICマイコンのICを自由に付け外しできるようにしてあります)、ブログでの改造実験のために作った「薄型化版」の3種類です。

posted by そらパパ at 21:37 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | オリジナル教材
この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/357705878
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー