2012年09月03日

娘がタブレットを使えるまで (4)

今回のシリーズ記事では、我が家の娘がAndroidのタブレットを使えるようになるまでの長い長い道のり(笑)を振り返りながら、これからお子さんの療育にタブレットを使ってみたい、と考えている親御さんへのガイドになるような話題を書いていこうと思っています。

さて、音楽が大好きな娘に「音楽鑑賞」の趣味・余暇活動を作っていきたいという取り組みですが、「幼児向け音楽モジュールおもちゃ」(成功)、「一般むけ音楽ガジェット」(失敗)、という過程をへて、次に試したのが、「iPod Touch」でした。


iPod Touch
Apple

iPod Touchがどういうガジェットなのかについて、意外と知られていない部分もあると思うので解説したいと思います。

iPod Touchは、言うまでもなくあの「Apple社」が発売している音楽プレイヤーです。
本体に音楽を保存して、ヘッドフォンや内蔵スピーカーで再生して音楽を楽しむことができます。これは当たり前。

それに加えてとても大きなポイントは、「電話機能(とGPSなどの一部機能)を除き、スマートフォンであるiPhoneとほぼ同じことができる」、より具体的には「iPhone用のさまざまなアプリをインストールしてiPhoneと同様に利用することができる」ということです。

このポイントが、意外と分かりにくいですよね。
一般にiPod Touchは「音楽プレイヤー」として認識されているので、実は音楽プレイヤーというよりは「小さなタブレット端末」といったほうが正しい、という点は、私もiPod Touchを実際に使うまで気づかなかったところでした。

価格的にも、iPhoneを電話契約込みで購入するよりはるかに手頃で、買い切りで手離れもいいので、最初に手にするスマート端末としてもとても便利なものだと思います。

・・・さて、前段が長くなってしまいましたが(笑)、我が家ではこのiPod Touchを、大人(私と妻)用のスマートデバイス入門機、かつ、もしかしたら娘が操作できるかもしれないという淡い期待を込めて導入することにしました。

そして、娘用に、いくつか幼児用の知育系アプリや、音楽系アプリを試しに導入し、機会あるごとに試しに使わせたりするようになりました。

実際に使わせてみて、とてもよかったことと難しいな、と思ったことがありました。

もっともよかったことは、こういったスマートデバイスで使われているタッチパネル(静電容量式タッチパネル)は感度が非常によく、娘のように「力を入れずに画面をタッチする」操作でもスムーズに反応してくれる=十分操作できる、ということでした。
昔のタッチパネル(感圧式)は力を入れないと反応しないので、それに比べると雲泥の差です。

また、タッチパネルというのは必要なボタンだけが画面に表示され、そのボタンが何を意味するのかもその都度ビジュアルに表示されることから、娘にとっても「わかりやすい」ケースが多いようだ、というのもいい点でした。

一方、難しいと感じた点は、以下のようなところです。

1.画面が小さく操作が難しい。iPod Touchの液晶は3.5インチしかなく、指先の細かな操作が求められます。これは厳しいです。

2.これは1.とも関係しますが、画面が小さいため、娘の注意を十分に引きにくい傾向がありました。小さい画面を注視する前に、飽きて操作をやめてしまう、そういう素振りを強く感じました。

3.ホームボタンの存在。ハードキーであるホームボタンを押すと、どんな状況でもアプリが終了してしまいます。娘はついついハードキーを押してしまうことが多く、そうなると意味がわからなくなってすぐに放り出してしまいました。


こういった問題があって、iPod Touchを娘の余暇活動にストレートに導入することは、この段階ではまだ難しかったです。

でも、iPod Touchの導入によって、私や妻も、スマートデバイス(とそのアプリ)でどれくらいのことができるのか、といったことについて経験を積むことができましたし、娘にとってのデバイスということでも、もう少し違うアプローチで工夫すれば何とかなりそうだ(=方向性は決して間違っていない)、ということについて、確信めいたものを感じることができました。

そんなわけで、この方向に「可能性」を感じた私たちは、さらにもう一歩進めて、次の挑戦に進んでみることにしたのです。

(次回に続きます。)
posted by そらパパ at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 娘の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして、数年前にABA指導者の勉強をしようとして諸般の事情で挫折しておりました。
独学で再開しようかと調べていた所で当ホームページに辿り着き、貴重なお話、情報の数々、ありがたい気持ちでイッパイです。
一生懸命読みます。
ありがとうございます。



Posted by トミトミ at 2012年09月05日 10:49
トミトミさん、

コメントありがとうございました。

当ブログは、比較的長い間続けていたおかげもあって、雑多な情報がいろいろ集まったブログになっています。

そんな中で、何か役に立つ情報がありましたら、嬉しく思います。

これからもよろしくお願いします!
Posted by そらパパ at 2012年09月12日 23:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/290098794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。