2006年11月08日

痛ましいニュース

広島で、兄弟2人がともに自閉症という子育てに疲れ、精神科に通院(恐らくうつでしょう)していた母親が子どもを殺害してしまうという事件がありました。

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061106-113630.html
母親が5歳と3歳の息子を殺害
 6日午後5時40分ごろ、広島県警府中署に女が「子どもを殺した」と自首してきた。同署が女が乗ってきた車を調べたところ、車内から5歳と3歳の息子2人の遺体が見つかった。
 同署は殺人の疑いで、同県福山市新市町新市、無職泉ひろみ容疑者(34)を逮捕。遺体を司法解剖して死因を調べる。
 調べでは、泉容疑者は6日、福山市内の山中に止めた車内で長男(5)と二男(3)の首を手で絞めて殺害した疑い。
 同署によると、息子2人はともに自閉症で、泉容疑者は「育児に悩んでいた」と供述。家族は「ノイローゼ気味になっていた」と話しているという。先月27日には泉容疑者が二男を連れて一時行方が分からなくなり、家族が同署に「自殺するかもしれない」と捜索願を出した。

[2006年11月6日22時47分]


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061106-00000314-yom-soci
「子ども殺した」女が自首、車内に長男・二男の遺体
 6日午後5時40分ごろ、広島県警府中署に、同県福山市内の無職の女(34)が「子ども2人を殺した」と自首してきた。乗ってきた軽乗用車の後部座席に長男(5)と二男(3)の遺体があったため、同署は女を殺人容疑で緊急逮捕した。
 調べでは、女は同日夕、同市内の山中に止めた軽乗用車内で、2人の首を手で絞めて殺害した疑い。
 同署によると、女は育児で悩んでいたといい、10月27日に二男を連れて家出し、夫(33)から同署に相談が寄せられた直後に帰宅した。女は精神科に通院していたという。

(読売新聞) - 11月7日0時7分更新


http://www.news24.jp/70580.html
(日テレニュース:動画あり)

とても痛ましい事件です。
やはり、自閉症児の子育てとうつの問題、そしてその予防のための家族の役割の重要性は、繰り返し繰り返し問題提起し、考えていかなければいけないことだと痛感します。

関連記事:ツレがうつになりまして。(ブックレビュー)
posted by そらパパ at 20:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このニュースを聞いた瞬間に匂いがしました(^^ゞ
じっくりニュースを確認したことがなかったんですが、やっぱりそうでしたか・・・
本当に痛ましい。やりきれなさを感じます。
兄弟3人が自閉症という方を知っています。
頑張っている人が他にもいる。このお母さんにそんな情報があれば違っていたでしょうか・・・
Posted by まあくんママ at 2006年11月09日 19:05
まあくんママさん、こんにちは。

そうですね、恐らく周囲のサポートが一歩遅れたのが最大の原因なんじゃないかと思います。

この1週間前くらいに家出をしているようですし、精神科にも通っていたわけですから、「前兆」はいくつもあったと言えると思います。

その段階で、周囲のもっと断固とした対応が必要だったんじゃないかな、と個人的には思います。
この段階(発病後)になると、もう本人の問題ではなくて、周囲の支援するべき人の問題でもあると思うのです。
Posted by そらパパ at 2006年11月09日 22:41
周囲の問題は確かでしょうが、支援機関の担当職員は、少ない人数で大勢を担当させられており、支援したくても出来ないのが現状です。それはどこの施設もそうでないでしょうか?人の増員と専門性の向上が求められてますが、現場は悲惨です。マンパワーの不足は療育施設・児童養護施設・児童相談所等、児童福祉の分野はどこも乏しいものです。
Posted by 福山の療育施設の者より・・・ at 2008年04月27日 21:11
「福山の療育施設の者」さん、はじめまして。

コメントありがとうございます。

ここで書いている「周囲」というのは、施設とか行政とかそういったレベルではなく、もっとシンプルに、配偶者とか身近な家族のことを言っているつもりでした。(つまり、ここで「支援」といっているのは、子どもの支援ではなくて、母親の「支援」という意味です。)

私自身は、児童福祉の現場のマンパワーの絶対的不足についてはある程度理解をしているつもりでおります。
いろいろな意味で、現代は子育てが難しい社会になっているなあ、と痛感しています。
Posted by そらパパ at 2008年04月27日 23:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26946952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。