子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2006年08月31日 [ Thu ]

ABAのベンチャー企業

発達障害児むけのABAをベースにした療育サービスを提供するベンチャー企業というのが神戸にできたそうです。

http://www.kids-power.net/

この会社をとりあげた日経の記事がこちら。
http://www.nikkei.co.jp/kansai/women/34963.html

こういったベンチャー企業が出てくるのはとても面白いですね。
自閉症児の親としては、選択肢が広がることは大歓迎です。

こうやって民間に療育サービスが解放されていって、その中から親が責任をもって療育メニューを選んで、行政はそれに対して「必要な」援助を与える、というのが、日進月歩の自閉症療育の世界では本来あるべき姿だと思います。

もちろん、実際に見聞したわけではないので、この企業が提供する療育サービスの内容自体についてはコメントできません。この記事は、こういったベンチャー企業が現われたということに注目しているという趣旨であって、ここのサービスをお薦めしたり批判したりといった意味は含まれていないことをご理解ください。

1時間あたり約1万円という費用については、民間のABA訪問サービスの相場という観点からみれば全然高くはないのでしょう。もちろん、それは中身が伴っていることが前提となりますので、実際に検討されている方はそのあたりをじっくり見極めることが必要になりますね。
ABAの実際の療育はある意味「職人芸」でもありますので、個々の「セラピスト」の知識とスキル、経験が最終的には問われると思います。

ともあれ、こういったチャレンジがどんどん全国規模で広がってくることを期待したいと思います。

posted by そらパパ at 21:00 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 療育一般
この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22818169
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー