子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2006年08月20日 [ Sun ]

スケジュール用時計を作り直してみました。

療育用の教材を自作している方なら納得していただけると思いますが、教材作りのためにもっとも重要なお店は100円ショップ、特にダ○ソーの大型店舗は教材素材の宝庫です。
例えば、PECS用のマジックテープやバインダー、台紙などはここで揃えることでコストが大幅に浮き、本当に助かっています。

さて、そんなわけでよく顔を出す会社の近所の大きなダ○ソーで、木工コーナーに「時計の自作キット」なるものが売っているのを発見しました。


↑左から、時計の機械、針、本体です。

このキットは、機械部分、本体、針、文字を別々に買って組み合わせるという仕様になっています。
100円でお手軽だと見せかけて実は400円かかるというなかなか巧妙な仕掛けですが(笑)、うまくやれば、今までよりもずっといいPECSスケジュール用の時計が作れるんじゃないかということで、工作を楽しむ目的も兼ねて買ってみました。
(文字は自分で紙で作るつもりだったので、機械と針と本体で315円でした。)

工作自体は極めて簡単なものですが、文字盤は紙に印刷したものを貼り付けることにしました。(分かりやすそうなデザインをゼロから描いてみたかったので)


↑完成した時計。本体に紙で作った「文字盤」を貼り付け、そこに時計の機械と時針のみを取り付けてあります。
 横に置いてあるのは大きさ確認用の単三電池です。

さっそく、これまでの時計と交換です。



時計のサイズが大幅に小さくなったことで、PECSスケジュール表のすぐ隣に設置することができるようになりました
これまでは、スケジュール表とはかなり違う場所に時計があったので(これまでご紹介していた写真では、実は真ん中がカットしてありました。今回の写真が本来の位置関係になります。)、子どもが「見ている」とはとてもいえない状況でしたが、これだったらもしかすると見てくれるかもしれません。

逆に、問題になりそうなのは、針がむき出しだということですね。
子どもがいじったり、危険があるようなら、少し場所を変えるか元の時計に戻すことも考えなければなりませんが、特にそういった問題がなければ、しばらくこの状態でやってみたいと思います。

ちなみに、このスケジュール表の改造にやたらとこだわっているのは、この表がとても効果がありそうだということがだんだん分かってきたからです。
娘は最近、この表にスケジュールを張り出すと食い入るように内容を見つめています。



このスケジュール表については、さらなる改造ももくろんでいます。それについては、また日を改めて書こうと思っています。

posted by そらパパ at 23:09 はてなブックマーク | コメント(2) | トラックバック(0) | 娘の話
この記事へのコメント
こんにちは。そらまめパパさんの行動力には、いつも頭が下がります。
実際の時計と、スケジュール表の時計が全く同じ文字盤というのは「同じものだ。」ということが、一目でわかるのでとても良いですね。
学校ではチャイムが鳴りますが、何時というより、あとこのくらいの「時間」という見通しが持てるようになるといいなとおもって、日課表の隣に、文字盤を加えたいと思いつつ、お尻
が重くて、2時間続きなどで時間が長く途中に適宜休憩の入る授業のときのみ、スチールの文字盤の時計に、板マグネットを扇型に切り、「今がここで、ここまで活動したら休憩だよ。」と伝えることで、代用してます。
私の作りたい文字盤といっても教室の時計は白地に黒数字なので、円を書いて、その内側に数字を入れるだけなんです。。。お尻が重いなんていってられませんね。頑張ります。
Posted by なおりんです at 2006年08月21日 04:40
なおりんさん、

コメントありがとうございます。
工作は、最初に始めるときにエネルギーがいりますね。そこを越えてしまえば楽になるんですが(^^;)

今回の時計作りは、教材作りでもありますが、自分の楽しみとして工作したという面も強いので、特に面倒だとは思いませんでした。

いろいろ工夫をしてくれる先生というのは頼もしいですね。期待しています。
Posted by そらパパ at 2006年08月22日 00:54


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22521055
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー