2006年07月16日

ソウル明洞おかゆツアー

今日は療育とはまったく関係ない話題です。

今回の韓国出張では、自由時間がまったくなく、仕事が終わったあとの夜にホテルの近所で食事をするくらいしか楽しみがありませんでした。

で、せっかくなら食事はこだわって食べてみようか(お金はないけど)、ということで、ホテル近くの韓国第一の繁華街、明洞(ミョンドン)で韓国がゆをひたすら食べることにしました(笑)。

韓国がゆというのは、要は普通のおかゆなんですが、いろいろな具が入っていておなか一杯になるし、全然辛くないので韓国料理が苦手な人でも大丈夫です。値段が安い(大体6000ウォン(720円くらい?)から食べられます)のも助かります。
一応韓国料理なのですが、店の名前からしても、多くの店は実は日本人が主なターゲットになっていて、日本語も通じます。でも、どの店でも、韓国人のお客さんも結構入っていました。

ソウルに行ったときのための参考になれば幸いです。

ロッテデパートヤングプラザ
↑ソウルの中心部にあるロッテデパート・ヤングプラザの正門前にある地下通路を通って大通り(南大門路)の反対側に出ると・・・

明洞ギル入口
↑明洞ギル(ミョンドンギル)という通りの入り口に出ます。ここから中に歩いていって、路地を左に入っていくと韓国料理店の多いエリア、右に入っていくとファッション関係の店が多いエリアです。

MATCHING MOLE前
↑しばらく歩くと、左側に「MATCHING MOLE」という雑貨店?があります。この路地を左に入っていくと、すぐに韓国がゆ店の1つ「薬泉」があります(赤丸で囲った店)。
 さらに進むと、「味加本」「ハンアリスゼビ」があります。

明洞ギル出口方面
↑MATCHING MOLE前から左に入らずに、そのまま明洞ギルをまっすぐ歩くと、やがて右手にセブン・イレブンが見えます。その隣にある店が「Congee House」です。


それでは、明洞ギルからすぐ行ける韓国がゆのお店、5店一気に紹介します。

薬泉
↑MATCHING MOLE前からすぐに行ける店、「薬泉」です。

薬泉の韓国みそのおかゆ
↑ここでは、「韓国みそと野菜のおかゆ」を食べました。ちょっと癖のある味でしたが、おいしかったです。量はちょっと少なめ。6500ウォン。


味加本
↑薬泉の前を通りさらに50mほど進むと、右手(薬泉と同じ側)にあるのが「味加本」です。

味加本の明太子ともやしのおかゆ
↑ここでは、「明太子ともやしのおかゆ」を食べました。ここは、前回出張でも食べたお店で、内装もとてもきれいで安心して入れるお店です。味も結構好みです。6000ウォン。


ハンアリスゼビ
↑味加本の斜め前にある「ハンアリスゼビ」。名前から分かるとおり、この店は日本人をメインターゲットにした店ではありません。それでも、メニューも日本語だし、ある程度日本語も通じます。おかゆ以外にも、ビピンパやすいとん、プルコギなど本場韓国料理がとても安く食べられる店です。

ハナリスゼビの牛肉のおかゆ
↑ここでは「牛肉のおかゆ」を食べました。韓国がゆは本来、ごはんを挽くことで非常にクリーミーな舌ざわりになることが「売り」だそうですが、そういう意味ではこの店のおかゆが一番「クリーミー」でした。ただ、味付けは日本人向けにはなっていないので、好みは分かれるかもしれません。すごい量がありますので、おなか一杯になります。6000ウォン。


明洞栄養粥専門店
↑結構有名な?「明洞栄養粥専門店」。ちょっと分かりにくいところにあります。薬泉-味加本と歩いてきたとすれば、「ハンアリスゼビ」の前の道を左折して歩いて行きます。とんかつ屋の横を通過し、南大門路に出てしまう直前のとても細い路地を右折すると、そこにあります。地下1階です。

明洞栄養粥専門店のえびのおかゆ
↑ここでは、「えびのおかゆ」を食べました。いかにも日本人向けのあっさりした味付けです。卵が落としてあるのが特徴でしょうか。壁に、村山元総理が食べにきたときの写真が貼ってありました。7000ウォン。この店は、若干値段帯が高めでした。


Congee House
↑明洞ギルをずっと進んだ先の、セブンイレブンの隣のビルの2階にある「Congee House」です。

Congee Houseの牛肉と野菜のおかゆ
↑ここでは、「牛肉と野菜のおかゆ」を食べました。野菜といっても、一番たくさん入っているのはしいたけでした。ここもきれいなお店で、値段も安くてよかったですね。5000ウォン。


というわけで、今回の出張では、接待などがない日の夕食はすべて明洞でおかゆを食べてみる、という一人企画を実施してみました。(笑)

で、どこが一番おいしかったか?ということですが、あえて選ぶとすれば「味加本」さんかなあ、と思います。でも、他の店も劣らずおいしくて、「外れ」は一軒もなかったですね。
値段も安い(5000ウォン=約600円、6000ウォン=約720円、7000ウォン=約840円)し、どの店も日本語メニューがあって韓国語が分からなくても大丈夫なので、ソウルに行く機会があればぜひお試しください。

※ちなみに、それぞれのお店的に一番のおすすめは「アワビのお粥」だそうです。おいしそうですが、値段は12000ウォン~20000ウォンとかなり高めです。私は貧乏性なので(笑)、リーズナブルな価格帯の定番粥ばかり食べていました。

参考リンク:ソウルナビ:食べる/粥
http://www.seoulnavi.com/food/n_resta_search.php?f_mid=78&area=100
posted by そらパパ at 18:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セジョンホテルの近くのお粥屋さん、最高です。
名前はうろ覚えなんですが・・・多分「ドンジュ」
日本人向けのお店より量が多くておなかいっぱいになります。
Posted by ペロ at 2007年01月30日 21:04
ペロさん、はじめまして。

いい情報をいただいたので、さっそく次回の出張で・・・といきたいところなのですが、残念ながら異動があって、もう韓国出張の可能性はほとんどゼロになってしまいました(^^;)。

でも確かに、日本人向けでないおかゆ屋さんにも行ってみたかったですね。
Posted by そらパパ at 2007年01月30日 22:47
そらパパ様
こんにちは、ユートラベルノートです。
この度、 お陰様でユートラベルノートのサイトがリニューアルオープン致しました。サイト作りにご協力いただき誠にありがとうございました。

そらパパ様が承諾して下さった内容はユートラベルノートが代理投稿しました。

● 「 明洞栄養粥専門店」のノート: http://www.utravelnote.com/note/korea/food/mdjuk
● 「 ハンアリスジェビ」のノート: http://www.utravelnote.com/note/korea/food/hanari
(上記の内容以外にも代理投稿した内容があります。)

現在、リンクされた写真とブログレビューなどの投稿者は「代理投稿」と表示されています。代理投稿から そらパパ様のニックネームに変更することも可能ですので、ご希望の場合は下記の手続きを行い下さい。

ユートラベルノートの会員登録をされた後、ログインした状態で「Myノート」の「個人情報管理」から「ご自分のブログURL」欄にブログアドレスを入力して頂くと投稿者である そらパパ様のニックネームにユートラベルノートが変更するとともに、ユートラベルノートがサイト内に登録されたすべてのページを確認することができます。
また、ご登録いただきますと提供して頂いた内容についてUTポイントを進呈させて頂きます。
(掲載された内容で修正または削除したい内容があれば直接の編集も可能です。)

最後に貴重な情報をリンク承諾して頂いたことに感謝いたしますとともに、今後もブログに新しい情報をアップされた時には、ユートラベルノートにもリンクして見て下さい。

トラベルノートの利用方法についてご参照下さい。
http://www.utravelnote.com/note/korea/etc/utravelnoteguide
Posted by ユートラベルノート at 2008年09月26日 21:53
ユートラベルノートさん、

ご連絡ありがとうございました。
リンクをたどってみたところ、「ブログレビュー」というところに掲載されているのですね。ありがとうございました。

特に写真引用は代理掲載のままで結構です。

※Hさん、誤字指摘ありがとうございました。修正しました。
Posted by そらパパ at 2008年09月28日 22:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20875004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。