子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2011年05月09日 [ Mon ]

殿堂入りおすすめ本・まとめて再レビュー(4)

過去に「殿堂入り」として、当ブログのブックレビューで高く評価した本を、現在の視点から改めてレビューしつつ、まとめなおすシリーズ記事、昨年の後半に第3回まで掲載してストップしていましたが、その続きということで、今回は第4回目になります。
(ちなみに、前回の記事はこちらになります)

今回は、「自閉症を知る」というカテゴリの本のうち、殿堂入りはさせていないものの、それに準ずる本としておすすめできる本のご紹介の続きです。

<おすすめできるその他の本>(続き)



親子アスペルガー―ちょっと脳のタイプが違います (レビュー記事

こちらはさらに最近レビューしたばかりの本ですね。
ご本人もアスペルガー症候群の当事者である親御さんが、2人のいずれもアスペルガー症候群のお子さんの子育てに奮闘する姿を綴った「当事者本」です。

この本の最大の特徴は、既に上記の短い説明のなかでも分かるとおり、当事者の方が、単に自分自身の過去や障害の特性を語るのではなく、同じ障害をもったお子さんを育てる経験について語っているという「当事者性の多重構造」にあるでしょう。

自分自身が障害によって苦労した経験と、その経験をふまえた「この世界」を見るまなざし。そして、いま現に自分の子どもが同じ障害によって苦労している現実、それを解決するためのさまざまな工夫、子どもたちに伝える当事者だからこそ言えるメッセージ。

そこには、単に「障害をもったお子さんの子育ての参考にもなる当事者本」という一般的な評価を超えて、「アスペルガー症候群の方が経験する世界観について生き生きと疑似体験できる、『異文化体験本』」という価値があると思います。

そういう意味で、アスペルガー症候群の当事者の方の書いた本ですが、知的障害を伴うような重い自閉症児の親御さんや支援者の方が読んでも得るところのある本だと思います。

そして、これらの書籍のほかに、自閉症を知る・学ぶためのきっかけとなるような「まんが」もいろいろ出ています。

まんがについてはブックレビューのニーズも高いため、発見しだいできるだけすべてのものを読み、レビュー記事も書くようにしているのですが、「自閉症を学ぶ」という視点からみると、これまでにご紹介した、殿堂入りもしくはそれらの準ずる本と同じレベルでおすすめできるものは、残念ながらまだないように思います。

とはいえ、気軽に読めて、共感したり励まされたりするという意味ではもちろんまんがにも魅力的なものはたくさんありますので、ご興味のある方はこちらのレビュー記事まとめのうち「自閉症を知る(まんが)」のコーナーに並んでいるレビュー記事をご覧ください。

(これらのまんがのうち、「うちの子かわいいっ 親ばか日記」シリーズは、療育のスタイルが1冊めと2冊め以降で大きく変わるという点で読むのに少し工夫が必要ですが、参考になるところの多い療育まんがだと思います。)




うちの子かわいいっ 親ばか日記シリーズ(レビュー記事 1, 2, 3
あべひろみ
ぶどう社


ちなみに、もっとも有名な自閉症まんがだと思われる「光とともに…」がありませんが、これは意図してそうなっているわけではなく、たまたまタイミングを逸してレビューがされないままになってしまっただけです。
ドラマ仕立てで事件が起こりすぎるきらいはありますが、手堅く読めて自閉症への理解が深まる、「自閉症を知る」という観点からもおすすめできるものになっていると思います。
昨年初頭に著者の戸部けいこ氏が逝去され、単行本は第15巻が最後となりました。ご冥福をお祈り申し上げます。
現在は「光とともに…」文庫化がすすめられており、本日時点で第6巻(単行本の第9巻相当まで)まで出版されているようです。

(次回に続きます。)

※ブックレビュー一覧をまとめた記事はこちら

posted by そらパパ at 21:46 はてなブックマーク | コメント(8) | トラックバック(0) | 療育一般
この記事へのコメント
自閉症の次女(2年生)は、まだ1語文しか出ません。
色々と探していたら、こんな療育用DVDを見つけました。
ご参考までに。
【IQ才能学園】久保田式・発達障害フラッシュ
http://item.rakuten.co.jp/iqgakuen/ssbg10500set/
Posted by テリーイトウ at 2011年05月10日 00:40
前回のレビュー記事で購入。読了しました。一言で言うと、俗な言い方ですが「一粒で3度おいしい」でしょうか。
アスペルガーといっても、様々な障害特性があり、それによって、工夫もいろいろなのでしょうね。
少し、ネタばれですが、全体としてはソーシャルストーリー的な(厳密な意味ではないと文中にもありますが)工夫が中心となってますね。
もっとも共感できたのは、時にはお子さんの言動に激高しては、反省しその都度どうすれば自分の経験と照らし合わせて工夫してなんとか折り合いを模索していくという姿でした。
一昔前の自閉症の子育て本にあった、努力すれば報われるから、頑張りなさいというものとは一線を画すものを感じました。

私は一支援者ですので、自閉症児の親の苦労を理解しようとは努めてはいますが、本当の意味でそれは無理だと思っています。その分、社会、地域に働きかけて自閉症児者が暮らしやすくなるように微力ながら自分なりに啓蒙、啓発を行っています。おこがましいとは思いつつ、今回の本は地元の中学校へ先日もって行きました。自閉症・発達障害への理解が少しでも広がることを願ってます。
Posted by rin5papa at 2011年05月10日 02:57
皆さん、コメントありがとうございます。

テリーイトウさん、

最近はいろいろなDVDなども出ているようですから、しっかり吟味して適切に活用していくのはいいと思います。

ただ、ご紹介いただいた教材は、値段の高さや、「フラッシュ」という、某子ども教育が好んで使う手法に偏っている点などをみると、ちょっと慎重に検討が必要なものに思われますね。


rin5papaさん、

こちらの本は、ご指摘のとおり、さまざまな「読み方」ができて、見た目以上に奥が深いですね。
具体的な工夫としては確かに言語での指示によるソーシャルストーリー的解決が中心なので、我が家のように「重い子」の療育にはその点ではあまり参考にならないのですが、それ以外の「別の読み方」によって、そういった親御さんにも得るところのある本になっていると思います。

子育てのなかでの葛藤、試行錯誤のプロセスがしっかり描かれている点が魅力だというのも、そのとおりだと思います。
Posted by そらパパ at 2011年05月11日 22:34
再レビュー、ありがとうございます。
ここのところ低空飛行で、あまりパソコンを開けずにおりました。さっき気が付きました。

本を読んでくださった方に、その前とは少し違う角度の視点を持って頂けたらと思います。

グリコみたいなコメントも嬉しいです(笑)

Posted by 絢未 at 2011年05月21日 22:50
絢未さん、

著者の方からの直々のコメント、ありがとうございます。

あまり前回のレビューから日数の空いていない再レビューということで、レビューの内容が前回と似たようなものになってしまいました。

「新しい視点を持つ」ということについては、まさにその部分が他の本にない新しさをもっていて、魅力のある本に仕上がっていると思っています。

これからもよろしくお願いします。
Posted by そらパパ at 2011年05月22日 23:05
メールありがとうございました。ブログも読んでくださり、ありがとうございます。カナータイプもアスペルガーも関係なく自閉症は重さは違えど生き抜くさはあるとおもいます。実際、アスペルガーだと自分の姉が気付いたきっかけは、マンガの「光るとともに」でした。わたしも読みましたが、自分が困っていることを光君が困っているので、共感しました。間違えのない自閉症の情報が広まってほしいです。
 
Posted by 百代 at 2011年06月04日 20:17
アスペルガー当事者として、そらパパさんに・・・カラー(色)がありすぎて刺激が強くブログが見ずらいです。
 すみません。こんなことコメントしまして・・参考までに
Posted by 百代 at 2011年06月04日 20:29
百代さん、

コメントありがとうございます。
最近は発達障害(自閉症)本もたくさん出てますが、確かに玉石混交なので、しっかり見極めて「間違えのない」本を選びたいものですね。

あと、カラーが多すぎて見づらいというご意見、ありがとうございます。
私としては結構地味なページのつもりでいたので、ちょっと意外でした。

ちなみに、スタイルシートを無効にする(インターネットエクスプローラーならメニューから「表示」→「スタイル」→「スタイルなし」など)と、背景の色や複雑なレイアウトなどが解除され、ある程度シンプルなページ表示になります。
よろしければお試しください。
Posted by そらパパ at 2011年06月05日 19:40


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200113920
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー