子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2011年03月21日 [ Mon ]

「子育ての工夫」としてのABA入門 (10)

家庭の療育に活用するための、ABAの考えかた、使い方についてご紹介するシリーズ記事の第10回です。

前回までで、今回のパニック問題を解決するための「仮説」と、そこで活用するテクニックが整理できました。

1.ゲームコーナーに行きたいという欲求をかなえる手段としての「パニック」という行動は減らしていこう。→消去を活用しよう。
2.ゲームコーナーに行きたいという欲求をかなえる新しい手段として「絵カードを見せる」を学習させよう。→強化を活用しよう。
3.上記1.と2.によって、「パニックという行動」を、「絵カードを見せるという代替行動」に切り替えよう。


あとは、パニックという行動を絵カードを見せるという代替行動に切り替えていくだけなのですが・・・。

もちろん、ただ放っておいても、パニックしている子どもが突然絵カードを見せるようにはなるわけはありません。
恐らく、「ほら、絵カードを見せなさい!」と口頭で注意しても、それだけで絵カードを使えるようにはならないでしょう。

ここで、ABAのもう1つの重要テクニック「手助け」が登場します。

そうです、単なる「手助け」です。
別に「テクニック」というほどのものでもないかもしれませんね。
でも、ABAにおける「手助け」は、どのように始めて、どのように減らしていくかまで体系的に整理された、より科学的な「手助け」なのです

今回の例でいうと、子どもがゲームコーナーに行きたがる(パニックを始めそうになる)状況を察知したら、すばやく子どもに「手助けして」絵カードを握らせ、「手助けして」親に手渡す(あるいは「提示する」)動きをさせます。それを受け取った親は、おおげさに「ゲームコーナー。はい、ゲームコーナーに行きます」などと声をかけて、実際にゲームコーナーに連れて行って遊ばせるわけです。
「ゲームコーナーに連れて行く」ことが、「ごほうび」になるはずですから、これを繰り返せば、「絵カードを見せる」という行動はごほうびによって「強化」され、だんだん身についてくる=学習がすすむことになるはずです。

もちろん、「パニックを消去する」というのも同時にやらなければいけません
タイミングを逸して、ゲームコーナーに行きたいというパニックが始まってしまった場合には、そのパニックには応じず(無視して)、しばらく我慢してパニックが収まってきたら、絵カードを見せるプロンプト(手助け)をして、それができたところでゲームコーナーに連れて行くようにします。

ここで1つ、重要な「検証すべきこと」が発生します。

それは、「絵カードを見せる→ゲームコーナーに連れて行く」という働きかけをしたことによって、当初の「スーパーから出たときにパニックする」という問題行動が起こらなくなるかどうか?です。

今回、そもそもの出発点は「スーパーから出たときにパニックするのを何とかしたい」という問題意識でした。
そこから、パニックの「機能」を分析し、その「機能」をパニックなしで実現するための「代替行動」を考案し、そして、いまここで実際にその「代替行動」を教えています。

ですから、もし仮に、「絵カードを見せてゲームコーナーに連れて行ってもらう」という行動を教えているのに、スーパーから出たときのパニックが一向に減らないようであれば、今回立てた仮説のどこかに問題があると考えられるわけです。

例えば、確かにパニック後にゲームコーナーに連れて行けばパニックは収まっていたけど、もともとは「アイスクリームを買って食べたい」という欲求だったところを、たまたまゲームで遊んで気がまぎれただけだったのかもしれません。
あるいは、本当はゲームコーナーがうるさくて大嫌いで、そこに連れて行ってパニックが収まったのは、パニックに対するある種の「罰」として働いたからだった(当然、もともとのパニックを引き起こしていた欲求は別にある)のかもしれません。

自分が立てた仮説に基づいたABAの働きかけが期待したような結果をもたらさない場合は、それでも無理にその働きかけを続けるのではなく、一度、「そもそも仮説が間違っていたんじゃないか?」と振り返ることが大切です。
つまり、減らそうとしている問題行動がもっている「機能」は何なのか、あるいはその行動を強化している「ごほうび」とは何なのか、といった「仮説のなかの要素」を見直して、「別の可能性」を考えてみる、ということです。

ABAの強みは、こういった、「仮説を立てる」→「検証する」→「仮説を修正する」→「また検証する」・・・といった「働きかけのサイクル」をしっかり作っていけるところにもあります。
ABAの仮説は、すべて「目に見え」ますし、操作できます。そして、検証すべき「結果」も、やはり「目に見え」るのです
ですから、一度立てた仮説にこだわるのではなく、仮説を検証しながら柔軟に修正していきましょう

さて、話を戻して、「手助け」つきで絵カードを見せる行動が徐々に身についてきたら、今度は手助けを「減らす」段階に入ります。
これについては次回書きたいと思います。


参考図書



おかあさん☆おとうさんのための行動科学(レビュー記事
行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由(レビュー記事
発達障害のある子の「行動問題」解決ケーススタディ―やさしく学べる応用行動分析(レビュー記事

(次回に続きます。)

posted by そらパパ at 22:21 はてなブックマーク | コメント(2) | トラックバック(0) | 理論・知見
この記事へのコメント
ヒマなので捕捉を

代替行動とあるのは、パニック(問題行動)で得られる本人に望ましい結果と大体同じものが与えられる、自分や周囲を比較的困らせない行動の事です。

代替行動を形成する前には、パニック(問題行動)から得られている「本人に望ましい結果」が何なのか観察する必要があります。
意外とこの観察が難しいというか、ゲームセンターに行きたいんだろうと思ってたら、化粧品売り場の臭いが嫌だったとか、実際に何週間か行動を観察・記述してみないと判らないものです。

行動の観察や記述をせずに、「きっとこうに違いない!」と仮説モデルを立ててやるのはうまくいきません。
というより、セラピーにおいて色々なことが上手くいったり、いかなかったりしているのは世の常ですが、この介入は上手くいっている/いってないという事がキチンと判るためにも、実際の行動観察・記述がとても重要です。

ABA専門家の専門性の一つは、このような場合「何を観察するべきか」指示することができることです
Posted by nishikawa at 2011年03月30日 22:50
nishikawaさん、

補足およびご指摘ありがとうございます。
Posted by そらパパ at 2011年03月30日 23:27


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191812974
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー