子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2011年02月21日 [ Mon ]

「子育ての工夫」としてのABA入門 (番外編)

家庭の療育に活用するための、ABAの考えかた、使い方についてご紹介するシリーズ記事ですが、今回は「番外編」です。

前回、ABAが想定する「行動の起こりやすさが変化するパターン」として、5つあるうちの2つだけを紹介しました。
さらに、その変化のパターンを理解するためのキーワードとなる「ごほうび」についても、ABAにおける本来の定義とは異なる説明をしています。

このあたりについてもう少し正確を期すために、本来のABAにおける定義について説明する記事を書いておこうと思います。

ただし、専門用語が頻発しますから、このシリーズ記事の他の回と比べると、ずっと難しい印象となると思います。
今回の内容については、以下の2冊が詳しいですので、このあたりをしっかり学びたい方は、どちらか1冊をお読みになるのがいいと思います。



行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由(レビュー記事
行動分析学マネジメント−人と組織を変える方法論(レビュー記事

ある行動の直後に起こる事象が、将来の「起こりやすさ」に対する影響の仕方には、以下の5つのパターンがあります。

1.ある行動の直後に、快となるような事象が続くと、その行動は起こりやすくなる=(好子出現の)強化
2.ある行動の直後に、不快となるような事象が続くと、その行動は起こりにくくなる=(嫌子出現の)弱化
3.ある行動の直後にこれまで続いていた事象が発生しなくなると、その関係によって制御されていた行動は徐々に制御されなくなる=消去
4.ある行動の直後に、既に存在していた快となるような事象が取り除かれると、その行動は起こりにくくなる=(好子消失の)弱化
5.ある行動の直後に、既に存在していた不快となるような事象が取り除かれると、その行動は起こりやすくなる=(嫌子消失の)強化


ここで、「好子」というのは、「快となる事象」=何かしらの欲求が満たされるような経験等を指し、ある行動の後で出現するとその行動を起こりやすくし、逆にある行動の後で除去されるとその行動を起こりにくくします。
「嫌子」というのは、「不快となる事象」=いわゆる嫌悪刺激を受けるような経験等を指し、ある行動の後で出現するとその行動を起こりにくくし、逆にある行動の後で除去されるとその行動を起こりやすくします。
これらに加えて、それまで「好子または嫌子の出現・除去」の随伴性によって制御されていた行動は、その随伴性がなくなると制御されなくなります。

※上記は厳密な好子・嫌子の定義ではありませんが、あえて簡単のためにこういう理解でいきます。より厳格なABAの理論を学びたい方は、上記の本などを参照ください。

具体的な例をあげることで、この5つの行動随伴性の関係を改めて確認してみます。

1.ビールを飲む(行動)と、ほろ酔い気分(快となる事象)になる→ビールを飲むという行動は(好子出現の)強化され、起こりやすくなる
2.ビールを飲む(行動)と、気分が悪くなる(不快となる事象)→ビールを飲むという行動は(嫌子出現の)弱化され、起こりにくくなる
3.ビールを飲んでも、これまで感じていたほろ酔い気分を感じなくなる→ビールを飲むという行動は徐々に起こりにくくなり、消去される
4.ウコンを飲んだら、せっかくのほろ酔い気分(快となる事象)が醒めてしまった→ウコンを飲むという行動は(好子除去の)弱化され、起こりにくくなる
5.ウコンを飲んだら、気持ち悪い二日酔い(不快となる事象)がすぐに良くなった→ウコンを飲むという行動は(嫌子除去の)強化され、起こりやすくなる



ちなみに、今回のシリーズ記事で採用している「簡単バージョン」の行動随伴性の整理と、上記の5つの随伴性・好子・嫌子との関係は、以下のようになります。

簡単バージョンの「強化」=好子出現の強化と嫌子消失の強化、両方をあわせたもの
簡単バージョンの「消去」=好子出現の強化のメカニズムに対する消去のこと
簡単バージョンの「ごほうび」=好子が出現することと、嫌子が消失すること、両方をあわせたもの


さらに、まだ登場していませんが、

簡単バージョンの「罰」=嫌子出現の弱化と好子消失の弱化、両方をあわせたもの。あるいは、嫌子が出現すること、好子が消失することそれ自体。
簡単バージョンの「代替行動への切り替え」=(上記でご紹介していませんが)ABAでいう「代替行動分化強化」
簡単バージョンの「手助け」=(上記でご紹介していませんが)ABAでいう「プロンプト」
簡単バージョンの「手助け減らし」=(上記でご紹介していませんが)ABAでいう「プロンプト・フェイディング」
簡単バージョンの「後ろむき法」=(上記でご紹介していませんが)ABAでいう「バックワード・チェイニング」
簡単バージョンの「ポイントカード」=(上記でご紹介していませんが)ABAでいう「トークン・エコノミー」


という用語も、今後のシリーズ記事で登場する予定です。

参考までに、今回のシリーズ記事で取り上げているパニックのケースを、今回の「専門用語ベース」で表現すると、以下のようになります。

今回、「パニックする」という行動の直後には「ゲームコーナーで遊ぶ」という事象が続きました(=随伴しました)。
恐らく、この「ゲームコーナーで遊ぶ」という事象は、お子さんにとって「快となる事象」、つまり「好子」である、と推測されます(これも仮説です)から、パニックという行動は、「ゲームコーナーで遊ぶ」という「好子出現の強化」によって強化されたと考えられます。
そう考えると、今回の対応の結果として、今後もパニックは続く/より起こりやすくなるでしょう。
なぜなら、パニックという行動の直後に、ゲームコーナーで遊ぶという「好子」が「随伴」したことで「好子出現の強化」が起こっているから。


・・・どうでしょうか?
こういった厳格な書き方のほうが頭が整理される、という方もいらっしゃるのではないかと思います。
ただ、今回のシリーズ記事では「より分かりやすいABA」を目指しているということもありますので、先の「簡単バージョン」の表現で解説をしていきたいと思います。
ですので、今回の「番外編」の内容は、今後のシリーズ記事を読むうえでも必要にはなりませんので、読み飛ばしていただいても大丈夫です。ご安心ください。

(次回に続きます。)

posted by そらパパ at 21:24 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 理論・知見
この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187100719
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー