子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2006年05月14日 [ Sun ]

韓国の話と写真を少々。

というわけで、今回の韓国出張の合間のオフタイムについて、撮った写真を使いながら少し書きたいと思います。
ちなみに、今回の記事は療育とは全然関係ないです。

韓国は今回初めてだったので、勝手が分からない中で、とりあえず食事くらいは楽しもうということで、ホテルの近所でいろいろ食べました。

写真が撮れたものでいうと、


↑キムチチゲ。確か5000ウォン。とんでもなく辛い。


↑韓国粥。6000ウォン。これは食べやすかったですね。


↑金曜日に龍山(ヨンサン)で食べたロッテリアのプルコギバーガーセット。
 4000ウォン。

金曜日に少し時間ができたので、「韓国の秋葉原」と呼ばれる電気街、龍山(ヨンサン)に行って来ました。


↑地下鉄に乗ります。ヨンサンは地下鉄1号線で、ソウル駅から2駅です。


↑ヨンサンの駅から電気街に出るには、少しややこしいルートを通らなければなりません。パノラマ写真を作ってみましたのでクリックして拡大してください。

@が駅ビルです。ここにも電気店がたくさんあります。
そこから通路を渡ってAのビルに入りますが、ここも電気店がいっぱい入っています。


↑@からAに渡る通路。通路の先に見えているのがAの建物です。通路の先はAの建物の3Fにつながっています。

普通にパソコンとかデジカメ、MP3プレイヤーなどを見るだけなら@とAのビルまでで十分でしょう。ただ、パーツとかジャンクとか、もっと怪しい?ものに手を出すなら、さらにAのビルの2Fからつながる通路を通って、Bの駐車場を抜けます。すると、いわゆるコテコテの電気街が広がっています。


↑AからBへつながる通路。


↑@やAのビルの店だとこんな小ぎれいな感じですが・・・


↑Bの先までいくとこんな感じになります。

ちなみに、ヨンサンの電気街は、どんなに大きいビルであっても、どれも非常に小さい店の集合体です。○ドバシカメラや○マダ電機のような、大きなビルを1つの店が経営しているという形態はありません。

ところで、Bからヨンサンの街に出て、駅を背に右の方に(大通りを渡らずに)100mほど進むと、ピンク色っぽいクリーム色の建物、農協のスーパーがあります。
ここは2Fがおみやげ的な物産のお店、地下1階がごく普通の食品スーパーになっています。


↑この店でのりを買いました。
 6パックで870ウォン(100円弱)と、さすがにスーパー価格でお買い得。

韓国はまた行く機会がありそうです。
今度はもう少しいろいろな場所に顔を出せるといいなと思います。

posted by そらパパ at 22:35 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記
この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17806304
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー